「 ドイツ 」 一覧

dusseldorf-4609390_640

ドイツ・デュッセルドルフでの賃貸物件の探し方:知人を通した場合・語学学校を経由した場合の注意点とは?

日本にいる方は、ドイツの物件の探し方が気になると思います。 よく知人を通して見つける方も多いと思いますが、その問題点を体験からお伝えしたいです。 引っ越しを繰り返さないため、そして留学を充実させるためのアドバイスが出来ればと思います。 また、語学学校では他の日本人も留学していて、その人たちも大変だったので、 ドイツ現地での物件探しの様子をイメージしていただければと思います。 ドイツ・デュッセルドルフで物件探しをした経緯と、留学先の都市、プログラムについて 2014年にドイツのデュッセルドルフで3ヶ月弱留学した経験があります。当時は語学学校に通いました。 日から金曜日までの午前中に授業があるプログラムを受講しました。クラスは少人数で、クラスメートは色々な国から来ている人でした。 私の場合は、物件探しは親戚を通じて行いました。ただ、これにはメリット、デメリットがありましたので、ご紹介したいと思います。 ドイツでは物件に頼れる知人がいないと物件を見つけるのが大変です。 親戚はデュッセルドルフから電車で1時間以上かかるところに住んでいて、おまけに電車の本数も少ないのでそこに住まわせてもらうのはやめました。 しかしデュッセルドルフはアパート不足で、学生が住むような小さなアパートや下宿を見つけるのは大変難しいと言われました。 そこで親戚の人がデュッセルドルフに住んでいる知人にかなり聞いてくれました。 それでもなかなかなかったのですが、やっとデュッセルドルフの中心部から電車で20分ほどのところで、下宿できる場所が見つかりました。 電車の駅から離れていたので、迷っていたのですが、自転車を貸してもらえるとのことで、こだわることもできないので、そこに決めました。 恐らく親戚がいなかったら、とても大変だったと思います。 知人を通した場合でも、気を使いストレスになってしまう   自分の場合は、たまたま親戚がドイツに住んでいたので、物件探しは比較的スムーズに運びました。 知り合いの紹介ということで、通常必要な書類などなしに住まわせてもらえたのは良かったのですが。。実は大きなデメリットがありました。 何か問題を起こして知り合いに迷惑をかけると申し訳ないと考え、ずっと気を使いながら生活していました。 これは結構ストレスでした。そのために友達になった人と夜遅くまで飲み歩くということはできませんでした。 知人からの紹介では選択肢がどうしても少なくなります。 自分は、駅まで自転車が必要など、条件があまり良くなくても承諾することになり、 結構な田舎で、周囲に何もないので、週末などは暇でした。 もっと快適に過ごせるアパートを街中で見つけられていれば、もっと留学生活が充実しただろうなと思いますが、これは誰もが同じことを考えているので、簡単ではありません。 ドイツの物件探しで注意した方が良いことは? ドイツでは、内覧まで行き着くのすら大変と多くの人が困っていました。内覧が出来ても日本人は優先されないので、かなりドイツ語が出来て、収入がないときついそうです。 語学学校で宿を紹介してもらっている人も数人いましたが、変な大家さんに当たり、ろくな食事を出してもらえなかったり、シャワーを思い通りに使わせてもらえなかったりと、かなり大変だったようです。 語学学校からも特に何もしてもらえず、留学に来たのに学業どころではない様子でした。 語学学校経由は、完全に運任せなので、あまりおすすめできないです。良い物件にあたる確率はあまり高くないと思います。 留学を充実させるには、引越しを繰り返さないこと 海外で引越しを繰り返すというのは、精神的にも金銭的にも、そして肉体的にもつらいものがあります。 もし可能なら、最初から専門の業者にお願いするのも1つの手だと思います。特に親戚など、頼れる人がいない場合は、専門業者に良い物件をお願いした方が良いです。 語学学校経由で運に任せるのも手ですが、失敗して何回も引っ越すよりは安く上がると思いますし、留学を充実させられると思います。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

university-of-viadrina-374942_640

ドイツの大学留学。日本の授業とどう違う?必要な語学力、ゼミ・サークルについて。

ドイツの大学の授業はどのようになっているのか、単位の取得や進級についても気になりますよね。 今回の記事では大学の授業についてお話しさせていただきます。 ドイツの大学の授業、テスト、出席、評価方法 日本の大学と違う点を中心にドイツの授業や単位・進級についてご紹介します。 ドイツの授業スタイル、テストの形式は? 宿題はほとんど予習(決まった本の読書)や問題集から数問出されたりします。ドイツでは⾃ 習が⼤切とされていますので特に答え合わせもなくあくまで「⾃分の為」に宿題をやるとい う概念が強いです。 テストは⽂系の学科のほとんどが筆記、稀にプレゼンテーション形式で受けることがあり ます。因みに海外からの学⽣は独-⺟国語の辞書の持参が許されています。 授業コマ数と必要単位は? ⼀コマ 90 分でコマ数は学期と時期(テスト前など)によって違ってきますが、基本的に⼀⽇ 2〜6 コマ(何故か⽉曜⽇と⽕曜⽇が朝から晩までのフルタイム率が⾼い)、週 15〜20 コマ程 度です。これも学部によって違うのではないかと思います。たとえばデジタルメディア専攻 の友⼈は⼤学主催のイベント期間になると準備やらで丸⼀⽇週 4 ⽇⼤学にいなきゃいけな い事もあります。これが彼らのゼミに値するものなのです。 進級と単位取得について 進級は仮に全単位落としていても出来ますが、取得しなければならない単位が増えるだけ なのでおすすめは出来ません。必須科⽬単位全取得を⽬指して勉強し、たとえ数個落として も進級して新しい科⽬を取る学⽣が多いです。 全学期通して取り損ねた単位は 1〜2 学期追加して修得する学⽣が多いです。 しかしここで溜まり過ぎた単位を取るのに苦労しドロップアウトする学⽣も少なくありません。 現にドイツの⼤学の卒業率は 67%と⽇本より低いです。⼊学は楽だけど卒業するのが難しいとされているのがドイツの⼤学の現状ですね。 長期休暇の時期と期間は? ⻑期休暇は基本的に年 2 回、2 ⽉中旬から 3 ⽉下旬まで続く春休みど。7 ⽉末から 9 ⽉末み で続く夏休みです。休み中でも新学期の開始時期に近づくとタメになる⾃由参加型の講義 があったりするので休みが終わる数週間前から旅⾏などから帰ってきて⼤学に通う学⽣も 沢⼭います。 ドイツの大学の制度について ドイツ大学留学 ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと サークルやゼミの活動はあるの? ⽇本⼈の考える「サークル」は基本的にどの⼤学にもありません。びっくりですよね。 あまり他の学部の学⽣と関わる機会が無いということです。 日本のようなサークル活動は基本的にない サークルと名乗って良いのか微妙な、⼤学が管理する体育館でのさまざまな運動部に⽉額制で参加することが出来ます。 しかしこれは強制ではなく、あくまで体を動かす事の促進を⽬的にとしたジムの様なもので ⼤学同⼠の試合などもありません。⾃分はバスケ部の活動に数回参加しましたが、ただただ まとまりが無かった記憶があります。 払うお⾦はボール貸出代と場所代みたいなものでしょうか。 ゼミは必修科目とペアで参加するのが一般的 ゼミに関しては基本的に必修科⽬とペアで参加するのがこちらのスタイルです。 例えば簿記が 1 学期⽬の必修科⽬だとすると、これを取った時点で⾃⾝のオンラインスケ ジュール帳(⼤学運営)に同科⽬の講義とゼミの詳細が別々に反映されます。これを他の科⽬ も同様両⽅受けるかたちとなります。⽂系の学部ではほとんどのゼミが講義の内容を砕い て分かりやすく説明する為にあるので(稀にゼミ内で何かプロジェクトを⾏う事もあります が)、講義は参加しないてゼミだけ通う学⽣も多いです。 ドイツの大学生活について ドイツ大学留学 ドイツの大学生活と文化体験。外国人留学生が受けられるサポートなどについて。 ドイツの大学で友達は作れる? ドイツの⼤学の学⽣は多くが個⼈主義です。⼤学を「仕事」としてとらえ、専攻の内容に関係ない 無駄なコミュニケーションは取りたがりません。だからといってフレンドリーじゃないわ けではないですよ!勿論友達にもなれます。 ⽇本⼈の多くが思う「⼤学は恋愛とワイワイしに⾏く場、あと勉強」という感覚とはだいぶ違うという事です。 ⽂系理系問わず⼤学では勉強に集中し、夜はビール⽚⼿にワイワイというのがドイツの学⽣達の典型的な姿でし ょう。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓    

ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと

ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと

ヨーロッパ、特にドイツの大学に興味がある!いま日本の大学に通っているけどドイツの大学に編入したい・交換留学がしてみたい! そんな方々にドイツの大学に入学して2年経つ私が、留学するメリット、日本の大学との制度の違いについて知っておくべきことをご紹介します! 何が違うの?ドイツの大学と日本の大学の制度あれこれ まずドイツってどんな種類の大学があるか気になりますよね。日本の大学に通ずるのでしょうか? 一般的に、日本の4年制大学に並ぶものにUniversität=ウニベルシテートとHochschule=ホフシュレがあります。 前者が日本でいう総合大学、後者が単科大学に近いものです。 どちらも卒業後はBachelor=バチャラー、いわゆる大卒資格を得る事ができます。 入学試験はあるの? ⽇本の⼤学と違って、基本的に「AO ⼊試」というものはありません。⽇本の⼤学に AO で ⼊った⾝としてはびっくりした点でした。更に⽇本でいう「センター試験」に値する「Abitur」 という試験を経て基本的にドイツ⼈の学⽣達は⼤学への切符を⼿に⼊れますが、外国⼈留 学⽣も必ずこれを受ければならないかというとそうではありません。 大学入学に必要な資格は? 多くが⾼校三年間の単位取得証明書、また卒業証明書を「Hochschulzugangsberechtigung」=「⼤学⼊学資格」 として提出し、それを基に判断を下してもらうことが出来ます。判断基準となる通過点は各 ⼤学のサイトに記載されている事が多く、「zulassungsfrei」=「⼊学規制なし」の専攻に⾄ っては(⼈気の低い学部など)は成績関係なく⼊学することが出来ます。しかしほとんどそう いった学部はドイツ語のみの授業になる為、DSH-「Deutsche Sprachprüfung für den Hochschulzugang」=「⼤学進学の為のドイツ語試験」で⼀定の成績を修めてからの⼊学と なります。 ドイツの大学の授業について 必要な語学力は? 以前にもふれたように、⼊学にあたって DSH というテストをクリアする必要があります。 DSH1,2,3 と不合格がある中で、DSH2(C1 レベル)がほとんどの学部に⼊学出来る最低ライ ンです。 医学部と薬学部に⾄っては DSH3 の取得が必要になってきます。 授業で聞くドイツ語はやはりテストにいくら受かっていても難しく、私の場合慣れるのに半年程かかりま した。 どれくらいで卒業できるの?留年は? ⺟国語じゃない分単位を取るのが遅くなり、最低 6 学期で出来る卒業が 8-10 学期に 伸びてしまう海外からの学⽣も多いです。 しかし留年してもお⾦がかからないのでドイツ⼈外国⼈含め特に慌てていない印象ですね。 受講スタイルは教授によって違ってきます。ただ淡々と内容を読み上げる教授もいれば、積 極的に学⽣達に質問を投げかけディスカッションに導く教授もいます。 私がドイツの大学留学を考えたきっかけ きっかけはカナダへの語学留学でした。⾃分の中で新しい⾔語を学ぶことに⾃信が付いた のと、グローバルな経験をもっと積みたいと思ったからです。そしてなんと⾔ってもドイツ の⼤学は学費が格安!これは⼤きかったです。 ちょうど専攻を変えたい願望があり(当時は⽇本の某⼥⼦⼤を 1 年の在籍を経て休学中)思 い切ってドイツの⼤学への再⼊学を決めました。 チャンスがいっぱい!ドイツで大学留学をするメリット エラスムス(ERASMUS)制度でヨーロッパ内での留学ができる 在籍している⼤学とパートナーシップを結んでいる他国の⼤学に 「ERASMUS」というプログラムで⽐較的簡単に短期留学が出来ちゃいます。これは 「Vollzeit-Student」=「正規の在校⽣」ならドイツ⼈、外国⼈関係なく利⽤出来る制度です。 卒業後の利点として、⽇本国内での就職活動にあたり超有名校を除いてほとんどの EU 圏 内の⼤学が同じ扱いを受けるため、⼤学の知名度やランキングなどいちいち気にしなくて 良いのが海外⼤卒の資格を⽬指すメリットになるかと思います。 卒業後のキャリアを考えやすい 卒業後の利点として、⽇本国内での就職活動にあたり超有名校を除いてほとんどの EU 圏 内の⼤学が同じ扱いを受けるため、⼤学の知名度やランキングなどいちいち気にしなくて 良いのが海外⼤卒の資格を⽬指すメリットだと思います。 またEU内でキャリアの活動の範囲が広がります。ドイツ語圏であれば、スイス、オーストリアや東欧もそうですし、 ドイツ語を必要としている他の国のポジションにも活躍の場があります。 何より、ドイツ語圏は裕福な国が多いので、それもアドバンテージの一つです。 ヨーロッパで職にありつきたいのであれば、ドイツ語圏というのは良い選択肢です。 ドイツの大学生活にかかる家賃はどのくらい? 家賃は留学する都市によってだいぶ違ってきます。 家賃は、例えば私が留学しているザクセン州内での学⽣寮の家賃相場は€400、光熱費とインターネット代込みの値段です。 ほとんどの学⽣寮はキッチンやバスルーム、リビングルームなどをその他数⼈とシェアするいわゆる「WG」型が多く、2erWG(⼆⼈でシェア)、3erWG(三⼈でシェア)とそれぞれ⼀緒に暮 らす⼈数によって値段も微妙に変わってきます。 ベルリンやミュンヘン、ケルンなどの⼤都市は⼤学が運営する学⽣寮の空き待ちが数年…なんてこともザラにあり、ドイツの部屋探しは壮絶な状況です。 学生寮は騒がしいなど環境が悪いことも良くあり、結局現地に到着後に自分で探すことになることが多いので、良いところがないか渡航前から探し始めた方が良いです。 ドイツの大学の生活についてはこちら! ドイツ大学留学 ドイツの大学生活と文化体験。外国人留学生が受けられるサポートなどについて。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツの大学留学。日本の授業とどう違う?必要な語学力、ゼミ・サークルについて。

ドイツの大学生活と文化体験。外国人留学生が受けられるサポートなどについて。

ドイツでの大学生活について気になることは多いと思います。生活費は?留学生はどれぐらいいるの?文化交流の機会は?友達は? 大学生活がどのようなものかこちらの記事でご紹介いたします! ドイツの大学生活にかかる生活費はどのくらい? 食費はどのくらい? ドイツの⽣活費は⽇本のそれよりも安く、⾃炊中⼼の⽣活だと⽉€200 もあれば充分⽣活出 来ます。また、⼤学の⾷堂は€4 程度でボリューム満点の昼⾷を提供していますので(⽇替わ り 3 種類程、味は微妙)⾃炊が⾯倒でも⾷費はあまり嵩む事はないですね。 交通費はどのくらい? 交通費は学期ごとに⼤学に⽀払う学⽣証更新代に「Semesterticket」といった学区がある州 内の電⾞を無料で利⽤出来るチケット代が含まれていることが多いです。 例えばデュッセルドルフ⼤学に在籍している場合ノルドラインーヴェストファーレン州(ケルン、ボン、デ ュッセルドルフ他)、ベルリン⼤学に在籍している場合はベルリン市内(ベルリンは州に属し ていなく独⽴しているため)の公共交通機関が学⽣証の掲⽰で無料になります。この 6 ヶ⽉ 毎に更新するカードの費⽤は€200〜€300 になります。半年間電⾞乗り放題なので個⼈的に はすごくお得感があります。 他に日本からの学生はいる?外国人留学生の在籍事情 クラス分けについて 毎年各学科おおよそ 100〜140 ⼈の学⽣(⼤学の規模による)が⼊学し、⼤体 3〜5 クラス(グ ループ)に⼤学側で⾃動で分けられます。しかしグループはあくまで形式上のものでテスト 時の部屋分け以外にあんまりグループ間に違いはありません。講義も⼀緒に受けるしゼミ も同じものが選べます。ゼミ内でプロジェクトを⾏う際、違うグループの⼈と組んでも構い ません。 外国人留学生の割合は? 外国⼈留学⽣は各⼤学 1 割以上居るんじゃないでしょうか。少なくともうちの⼤学はそん な印象です。出⾝国はインド、中国の学⽣がドイツ全体で割合が⾼く、東ドイツでは更にロ シアやウクライナ、ベラルーシ、ポーランド⼈なんかも多いです。私が滞在しているザクセ ン州は残念ながら⽇本⼈からの⼈気は⾼くありません。唯⼀ライプツィヒ⼤学は⽇本語学 科もあり、⽇本のさまざまな⼤学との交流が盛んに⾏われていて、⽇本から学⽣が定期的に 留学してくるようです。 教授やクラスメイトと交流しよう まず⼤学が開催する新⼊⽣歓迎イベント(バーベキュー、パーティーなど)に積極的に参加す るのが⼀番⼿っ取り早いでしょう。そういうところで外国⼈グループで固まらず現地の⼈ とも気軽に話したり出来る⼈がいずれドイツ⼈オンリーの輪にも馴染める⼈だと思います。 ⾔葉の壁があり少し緊張するものですが、こっちは外国⼈だし⾔葉なんて完璧に話せなく て当然とあまり気を重くしないでどんどんネイティブ達に絡んでいくべきです。ドイツ⼈ は外国⼈がドイツ語で話しかけてきたら嬉しがって会話が進む率が⾼いですよ。 更に、先ほど登場した WG 式住宅をドイツ⼈の学⽣とシェアするのも現地の⼈と仲良くな るチャンスです。 外国人留学生向けのサポート制度について サポートセンターをチェックする どの⼤学もインターナショナルオフィス=留学⽣向けサポートセンターが必ずあるもので す。交換留学をする場合、基本的にここの従業員がドイツ滞在の為に必要な書類なども全て⽤意してくれます。 もちろん滞在中も困った事があればいつでも頼る事が出来ます。私みたいに⼀から⼊学する場合、勉強に関してはドイツ⼈の学⽣達と同様に扱わ れるので「授業についていけないので違う講義を取りたい」などの対応はしてくれないかと思いますが、現地学⽣が留学⽣を個別にサポートしてくれる「Tutor」=チュータープログラムを⾏っている⼤学も多いです。 ⼤学のサイトをチェックすると良いでしょう。 ドイツの大学の制度について ドイツ大学留学 ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと ドイツの大学生活でできる文化体験について いくつか私が大学生活の実体験からご紹介したいと思います。 現地の学⽣や教授たちと共同で活動したり、交流を深める機会について 同じ学科の学⽣とはゼミを通して共同活動する機会を得ることが出来ます。教授とは課外 授業(例えば現場⾒学)に参加したり、教えている分野に特に興味がありもっと知りたいアピ ールをすれば講義やゼミ以外でも交流出来る場を設けてくれる事に期待出来ます。 ほかの学部の学⽣達とはなかなか⼀緒に活動…、という事は難しいかもしれないですね。 思い出に残っている⽂化体験、⾃分の趣味や嗜好と重なる活動の体験談は? そうですね、⼤学のイベントでほかのアジア圏の学⽣達と⼀緒に地元の料理を現地の学⽣ 達に振る舞ったことでしょうか。なかなか⼈気であっという間に全部なくなりました! あと東⻄ドイツの併合を記念したパーティーが毎年⾏われていて、クラブ内を⼆等分して いる発泡スチロールで出来た壁(いちおう⻄ドイツと東ドイツ間の壁という設定)を深夜 0 時ちょうどにみんなで壊してそこからは東⻄関係なくみんなで飲むというドイツならでは の結構感極まるイベントが個⼈的に印象に残っています。 学外で遊んだり、地元のイベントに参加したり、旅⾏に⾏った思い出 他にも思い出づくりは沢山できること間違いありません。 暖かい時期はほぼ毎⽇みんな寮の中庭でバーベキューをしますし、冬は誰かしらの家で集まっています。 いつも楽しみにしているイベントとしては、夏場ドイツ各地で⾏われる⾳楽フェスです。 ⼤⼩合わせて 6〜9 ⽉間で 100 以上⾏われているのではないでしょうか。 ⾊んなジャンルのものがあるので⾃分に合う野外フェスがきっと⾒つかります。 旅⾏は本当気軽に出来るのがヨーロッパの良いところですね。 遠距離バス、カーシェア、電⾞、⾶⾏機ととにかく交通⾯で困ることが無いですし、 探したらめちゃめちゃ安いチケットが⾒つかります。 この間バルセロナにベルリンから往復€60 で⾏ってきました。 隣国同⼠がこんなに⽂化違うのかとドイツの周りの国に⾏くたびに思います。 ドイツ国内の旅⾏も楽しいので是⾮おすすめしたいです。 州ごとのドイツ語の訛りとか建 物の感じとか違って、あぁ⾊んな⾯を持ってる国だなあと感じさせられます。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 …

ドイツ大学留学体験談(デュッセルドルフ):Heinrich Heine/ ハインリッヒ・ハイネ大学

ドイツ大学留学体験談(デュッセルドルフ):Heinrich Heine/ ハインリッヒ・ハイネ大学

大学留学された方の体験談をご紹介しています! ハインリッヒ・ハイネ大学の留学在学期間、プログラムについて ドイツのデュッセルドルフという都市にあるハインリッヒ・ハイネ大学というところに留学しました。 在学期間は2016年4月から2018年3月までの約2年間、プログラムは中期留学向けのプログラムで、大半の授業は現地の学生と同じ環境で受けます。 日本人留学生向けのカリキュラムもあります。 在籍学部は法学部で専攻は政治学科です。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   ハインリッヒ・ハイネ大学の特徴と留学先として選んだ理由 ドイツの中では歴史は浅いので知らない人も多いかもしれませんが、日本人留学生を積極的に受け入れていて、専門分野の研究にも力を入れているのが特徴です。 私が興味を惹かれたのは専門分野の研究に熱心というところです。 ドイツ国内の大学ランキングでは上位ではないですが、伸び盛りの勢いがある有力大学のひとつなので、今後は人気の留学先になる可能性はあります。 医学部、経済・経営学部、人文学部、法学部、自然科学部などがありますが、強い学部は医学部と法学部だと思います。 学費はヨーロッパの中では平均的だと思いますが、アメリカやオーストラリアと比較するとやや高めです。 申し込みは大学の教授を介して行いました。 授業の様子や、クラスメートのプロフィール 授業の内容は基本的にドイツ語ですが、英語で話す教授もいます。 ドイツ語が理解できないと授業についていくのは大変ですが、努力次第で何とかなると思います。 授業はタブレット、パソコンを使うことが多いです。 ドイツの文化は日本と似ていて、時間に厳しくて規則正しい生活を送るように指導されます。 日本人の私にとっては自然に溶け込むことが出来ました。 先生はもちろん外国人ですが、顔と話す言葉以外は日本の先生と大きな差はないです。 クラスメートは大体40人くらいですが、常に一緒ということはないので、どこまでを含めてよいのか分からないです。 日本人留学生は多く、中国系の人も多いです。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら 必要な語学力、宿題の量、成績の評価方法 ドイツ人の友達に教えてもらったのですが、ドイツではドイツ語を話した方がすぐに仲良くなれます。 授業も同じで、ドイツを習得することで理解度が増します。 語学力はもちろん必要ですが、完璧に話せる必要はないと思います。 まずは挨拶、日常会話、授業でよく使う単語などを覚えればOKです。 宿題の量は結構多く、日本よりも多いかなという印象を受けました。 ドイツは生徒を厳しく管理する傾向があります。成績の評価方法は日本と大体同じです。 デュッセルドルフ日本人が多く、日本料理を楽しめるお店も多いので留学する環境としては最高です。 学校・プログラムの良かった点、良くなかった点を教えてください。 歴史は浅いですが、新しいことに積極的にチャレンジすることを応援してくれる大学なので、やりたいことをやれる環境が整っていました。 学部のレベルも高く、グローバルで質が高い授業を受けることが出来ました。 良くなかった点は日本人が多すぎるという点です。 プライベートで遊びに行くところには必ず日本人の姿があり、日本語でも何とかやっていける環境だったので、ドイツ語の習得度はイマイチでした。 それでも全体的には実りのある留学生活だったと思います。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓ ユーロエステートが選ばれる理由!! アパートを見つける8つの方法 他にこちらもご活用ください。 ヨーロッパでのアパート探しに役立つ情報をメルマガにまとめました。 知らないと損をしてしまうので、渡航予定のある方は、必ず読んでいただきたいと思います。 現地で収入なし+現地の保証人なし..それでも外国人大家さんから選ばれる方法とは? アパートを見つける8つの方法(メルマガ) 新着物件アラート 物件をお探しの方は、物件アラートをぜひご活用ください。多くの好条件の物件がございます。 6か月先の物件もお送りしていますので、是非ご登録ください。 ヨーロッパの物件探しは、いかに早く、好条件の物件を知ることができるかにかかっています! 新着物件アラート

ドイツ大学留学体験談(ケルン):Cologne/ ケルンビジネススクール

ドイツ大学留学体験談(ケルン):Cologne/ ケルンビジネススクール

大学留学された方の体験談をご紹介しています! ケルンビジネススクールの留学在学期間、プログラムについて ドイツのケルンにあるケルンビジネススクールという大学に通っていました。 在学時期は2018年に3ヶ月という短い間ですが留学していました。 文学部で歴史学、主に西洋史を専攻していて、ドイツ語も学んでいました。 文学部なら誰でも行けるという事を、ドイツ語の先生から話を聞いて、奨励留学を使うという形で行きました。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   ケルンビジネススクールの特徴と留学先として選んだ理由 ケルンビジネススクールは、ランキングでも上位に入るほどの人気の大学でした。 特徴としては、なんといっても国際的で色々な人がおり、そして規模が大きい事でした。 学費は一年で大体200万から300万といったところです。 私が留学先として選んだのは、その雰囲気が良さそうな感じと、しっかりとドイツ語を学べると思ったからです。 また、大学としてとてもレベルが高かったので、自分がどれだけ出来るのか試してみたい、という野望もありました。 授業の様子や、クラスメートのプロフィール 授業中はもちろんですが、ドイツ語で全て行われます。 正直いうと全然ついて行きませんでした。 ドイツ語を言われてから、日本語に訳していては追いつくことができません。 とにかく黒板の字を板書して、後から考えるといった感じで最初は勉強していました。 日本では日本人だから話が通じるという安心感がありますが、ドイツ人相手だと上手く表現できず悩んだ事もありました。 クラスメートの中には、日本人もいましたが、ドイツ人以外の方もいらっしゃいました。 ほとんど同じ歳ばかりですが、ちらほらと30代くらいの方もいらっしゃるようでした。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら 必要な語学力、宿題の量、成績の評価方法 最初は授業について行けなかったものの、あとからフィードバックしてもらったので、なんとか次の授業までには復習することが出来ました。 授業はドイツ語に交え、英語も時々入ります。 語学力としては日常会話以上は必要でした。 評価方法はテストで、宿題はありません。 とにかく自分で勉強するのです。 これもまた日本とは違うという事で、自主性がより身についたように思います。 留学と聞くと最初は不安かもしれませんが、その場に行くと案外なんとかなるものです。 ほんの少しの勇気で成長に繋がります。 学校・プログラムの良かった点、良くなかった点を教えてください。 学校のプログラムで良かった点は、ドイツ語が分からず授業について行けない時でも、サポートしてくれる方がいた事です。 ドイツ語ばかりで日本語は使いませんでしたが、どうしても不安で誰かに相談したいときは、その為の施設が設置されていした。 それがとても心強かったように思います。 良くなかった点は、基本的に思いつきません。 強いて言えば留学のお金が少し高い事ぐらいでしょうか。 ですが留学先で身につけたものに比べれば安いものです。 とても満足出来るものでした。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓ ユーロエステートが選ばれる理由!! アパートを見つける8つの方法 他にこちらもご活用ください。 ヨーロッパでのアパート探しに役立つ情報をメルマガにまとめました。 知らないと損をしてしまうので、渡航予定のある方は、必ず読んでいただきたいと思います。 現地で収入なし+現地の保証人なし..それでも外国人大家さんから選ばれる方法とは? アパートを見つける8つの方法(メルマガ) 新着物件アラート 物件をお探しの方は、物件アラートをぜひご活用ください。多くの好条件の物件がございます。 6か月先の物件もお送りしていますので、是非ご登録ください。 ヨーロッパの物件探しは、いかに早く、好条件の物件を知ることができるかにかかっています! 新着物件アラート

ドイツの大学留学。日本の授業とどう違う?必要な語学力、ゼミ・サークルについて。

ドイツの大学留学。日本の授業とどう違う?必要な語学力、ゼミ・サークルについて。

ドイツの大学の授業はどのようになっているのか、単位の取得や進級についても気になりますよね。 今回の記事では大学の授業についてお話しさせていただきます。 ドイツの大学の授業、テスト、出席、評価方法 日本の大学と違う点を中心にドイツの授業や単位・進級についてご紹介します。 ドイツの授業スタイル、テストの形式は? 宿題はほとんど予習(決まった本の読書)や問題集から数問出されたりします。 ドイツでは⾃ 習が⼤切とされていますので特に答え合わせもなくあくまで「⾃分の為」に宿題をやるとい う概念が強いです。 テストは⽂系の学科のほとんどが筆記、稀にプレゼンテーション形式で受けることがあります。 因みに海外からの学⽣は独-⺟国語の辞書の持参が許されています。 授業コマ数と必要単位は? ⼀コマ90分でコマ数は学期と時期(テスト前など)によって違ってきますが、基本的に⼀⽇ 2〜6 コマ(何故か⽉曜⽇と⽕曜⽇が朝から晩までのフルタイム率が⾼い)、週15〜20コマ程度です。 これも学部によって違うのではないかと思います。 たとえばデジタルメディア専攻の友⼈は⼤学主催のイベント期間になると準備やらで丸⼀⽇週 4 ⽇⼤学にいなきゃいけない事もあります。 これが彼らのゼミに値するものなのです。 進級と単位取得について 進級は仮に全単位落としていても出来ますが、取得しなければならない単位が増えるだけなのでおすすめは出来ません。 必須科⽬単位全取得を⽬指して勉強し、たとえ数個落として も進級して新しい科⽬を取る学⽣が多いです。 全学期通して取り損ねた単位は1〜2学期追加して修得する学⽣が多いです。 しかしここで溜まり過ぎた単位を取るのに苦労しドロップアウトする学⽣も少なくありません。 現にドイツの⼤学の卒業率は67%と⽇本より低いです。 ⼊学は楽だけど卒業するのが難しいとされているのがドイツの⼤学の現状ですね。 長期休暇の時期と期間は? ⻑期休暇は基本的に年2回、2⽉中旬から3⽉下旬まで続く春休みと、7 ⽉末から9 ⽉末まで続く夏休みです。 休み中でも新学期の開始時期に近づくとタメになる⾃由参加型の講義があったりするので休みが終わる数週間前から旅⾏などから帰ってきて⼤学に通う学⽣も 沢⼭います。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら サークルやゼミの活動はあるの? ⽇本⼈の考える「サークル」は基本的にどの⼤学にもありません。 びっくりですよね。 あまり他の学部の学⽣と関わる機会が無いということです。 日本のようなサークル活動は基本的にない サークルと名乗って良いのか微妙な、⼤学が管理する体育館でのさまざまな運動部に⽉額制で参加することが出来ます。 しかしこれは強制ではなく、あくまで体を動かす事の促進を⽬的にとしたジムの様なもので⼤学同⼠の試合などもありません。 ⾃分はバスケ部の活動に数回参加しましたが、ただただまとまりが無かった記憶があります。 払うお⾦はボール貸出代と場所代みたいなものでしょうか。 ゼミは必修科目とペアで参加するのが一般的 ゼミに関しては基本的に必修科⽬とペアで参加するのがこちらのスタイルです。 例えば簿記が 1 学期⽬の必修科⽬だとすると、これを取った時点で⾃⾝のオンラインスケ ジュール帳(⼤学運営)に同科⽬の講義とゼミの詳細が別々に反映されます。 これを他の科⽬ も同様両⽅受けるかたちとなります。 ⽂系の学部ではほとんどのゼミが講義の内容を砕いて分かりやすく説明する為にあるので(稀にゼミ内で何かプロジェクトを⾏う事もありますが)、講義は参加しないてゼミだけ通う学⽣も多いです。 ドイツの大学生活について ドイツ大学留学 ドイツの大学生活と文化体験。外国人留学生が受けられるサポートなどについて。 ドイツの大学で友達は作れる? ドイツの⼤学の学⽣は多くが個⼈主義です。 ⼤学を「仕事」としてとらえ、専攻の内容に関係ない無駄なコミュニケーションは取りたがりません。 だからといってフレンドリーじゃないわけではないですよ! 勿論友達にもなれます。 ⽇本⼈の多くが思う「⼤学は恋愛とワイワイしに⾏く場、あと勉強」という感覚とはだいぶ違うという事です。 ⽂系理系問わず⼤学では勉強に集中し、夜はビール⽚⼿にワイワイというのがドイツの学⽣達の典型的な姿でしょう。 ドイツの大学の制度について ドイツ大学留学 ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと

ドイツの大学と日本の大学の制度の違いは?ドイツの大学を検討しはじめた人が知っておくべきこと

ヨーロッパ、特にドイツの大学に興味がある!いま日本の大学に通っているけどドイツの大学に編入したい・交換留学がしてみたい! そんな方々にドイツの大学に入学して2年経つ私が、留学するメリット、日本の大学との制度の違いについて知っておくべきことをご紹介します! 何が違うの?ドイツの大学と日本の大学の制度あれこれ まずドイツってどんな種類の大学があるか気になりますよね。 日本の大学に通ずるのでしょうか? 一般的に、日本の4年制大学に並ぶものにUniversität=ウニベルシテートとHochschule=ホフシュレがあります。 前者が日本でいう総合大学、後者が単科大学に近いものです。 どちらも卒業後はBachelor=バチャラー、いわゆる大卒資格を得る事ができます。 入学試験はあるの? ⽇本の⼤学と違って、基本的に「AO ⼊試」というものはありません。 ⽇本の⼤学に AO で⼊った⾝としてはびっくりした点でした。 更に⽇本でいう「センター試験」に値する「Abitur」 という試験を経て基本的にドイツ⼈の学⽣達は⼤学への切符を⼿に⼊れますが、外国⼈留学⽣も必ずこれを受ければならないかというとそうではありません。 大学入学に必要な資格は? 多くが⾼校三年間の単位取得証明書、また卒業証明書を「Hochschulzugangsberechtigung」=「⼤学⼊学資格」 として提出し、それを基に判断を下してもらうことが出来ます。 判断基準となる通過点は各 ⼤学のサイトに記載されている事が多く、「zulassungsfrei」=「⼊学規制なし」の専攻に⾄っては(⼈気の低い学部など)は成績関係なく⼊学することが出来ます。 しかしほとんどそういった学部はドイツ語のみの授業になる為、DSH-「Deutsche Sprachprüfung für den Hochschulzugang」=「⼤学進学の為のドイツ語試験」で⼀定の成績を修めてからの⼊学と なります。 ドイツの大学の授業について ドイツ大学留学 ドイツの大学留学。日本の授業とどう違う?必要な語学力、ゼミ・サークルについて。 ドイツの大学留学に必要な語学力は? 以前にもふれたように、⼊学にあたってDSHというテストをクリアする必要があります。 DSH1,2,3と不合格がある中で、DSH2(C1 レベル)がほとんどの学部に⼊学出来る最低ラインです。 医学部と薬学部に⾄ってはDSH3の取得が必要になってきます。 授業で聞くドイツ語はやはりテストにいくら受かっていても難しく、私の場合慣れるのに半年程かかりました。 どれくらいで卒業できるの?留年は? ⺟国語じゃない分単位を取るのが遅くなり、最低 6 学期で出来る卒業が8-10 学期に伸びてしまう海外からの学⽣も多いです。 しかし留年してもお⾦がかからないのでドイツ⼈外国⼈含め特に慌てていない印象ですね。 受講スタイルは教授によって違ってきます。 ただ淡々と内容を読み上げる教授もいれば、積極的に学⽣達に質問を投げかけディスカッションに導く教授もいます。 私がドイツの大学留学を考えたきっかけ きっかけはカナダへの語学留学でした。 ⾃分の中で新しい⾔語を学ぶことに⾃信が付いたのと、グローバルな経験をもっと積みたいと思ったからです。 そしてなんと⾔ってもドイツ の⼤学は学費が格安!これは⼤きかったです。 ちょうど専攻を変えたい願望があり(当時は⽇本の某⼥⼦⼤を 1 年の在籍を経て休学中)思い切ってドイツの⼤学への再⼊学を決めました。 チャンスがいっぱい!ドイツで大学留学をするメリット エラスムス(ERASMUS)制度でヨーロッパ内での留学ができる 在籍している⼤学とパートナーシップを結んでいる他国の⼤学に 「ERASMUS」というプログラムで⽐較的簡単に短期留学が出来ちゃいます。 これは 「Vollzeit-Student」=「正規の在校⽣」ならドイツ⼈、外国⼈関係なく利⽤出来る制度です。 卒業後の利点として、⽇本国内での就職活動にあたり超有名校を除いてほとんどのEU圏内の⼤学が同じ扱いを受けるため、⼤学の知名度やランキングなどいちいち気にしなくて良いのが海外⼤卒の資格を⽬指すメリットになるかと思います。 卒業後のキャリアを考えやすい 卒業後の利点として、⽇本国内での就職活動にあたり超有名校を除いてほとんどのEU圏 内の⼤学が同じ扱いを受けるため、⼤学の知名度やランキングなどいちいち気にしなくて良いのが海外⼤卒の資格を⽬指すメリットだと思います。 またEU内でキャリアの活動の範囲が広がります。 ドイツ語圏であれば、スイス、オーストリアや東欧もそうですし、ドイツ語を必要としている他の国のポジションにも活躍の場があります。 何より、ドイツ語圏は裕福な国が多いので、それもアドバンテージの一つです。 ヨーロッパで職にありつきたいのであれば、ドイツ語圏というのは良い選択肢です。 ドイツの大学生活にかかる家賃はどのくらい? 家賃は留学する都市によってだいぶ違ってきます。 家賃は、例えば私が留学しているザクセン州内での学⽣寮の家賃相場は€400、光熱費とインターネット代込みの値段です。 ほとんどの学⽣寮はキッチンやバスルーム、リビングルームなどをその他数⼈とシェアするいわゆる「WG」型が多く、2erWG(⼆⼈でシェア)、3erWG(三⼈でシェア)とそれぞれ⼀緒に暮らす⼈数によって値段も微妙に変わってきます。 ベルリンやミュンヘン、ケルンなどの⼤都市は⼤学が運営する学⽣寮の空き待ちが数年…なんてこともザラにあり、ドイツの部屋探しは壮絶な状況です。 学生寮は騒がしいなど環境が悪いことも良くあり、結局現地に到着後に自分で探すことになることが多いので、良いところがないか渡航前から探し始めた方が良いです。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら ドイツの大学の生活について ドイツ大学留学 ドイツの大学生活と文化体験。外国人留学生が受けられるサポートなどについて。   特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 …

ドイツ(ミュンヘン) 大学留学

ドイツ留学体験談:ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン / Ludwig-Maximilians-Universität München

大学留学された方の体験談をご紹介しています! ミュンヘン大学の留学在学期間、プログラムについて 留学先:ミュンヘン 大学:ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン 期間:2010年春~2011年春 専攻:ドイツ語教育学 基本となるドイツ語の文法だけでなく、どのようにドイツ語をドイツ語圏の外からやってきた外国人に教えるのか、そのメソッドを勉強しました。 また、他の国の言語でどのように翻訳すれば自然になるのかも学びました。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   大学の特徴と留学先として選んだ理由 ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンは、ミュンヘン大学として知られています。 ミュンヘンを代表する大学の1つで、18学部、学生数は約5万人です。 ドイツ国内ではミュンヘン工科大学、ルプレヒト・カール大学と並んでランキング3にも入る有名校です。 州立のため学費がほぼかからないのが特徴。 ミュンヘンで当時通っていた大学と提携しているのがミュンヘン大学だっため選びました。     授業の様子や、クラスメートのプロフィール 少人数クラスでは「文法をいかに教えるか」など課題を学生同士・教授と議論しながら学んでいきました。 日本人はゼミクラスにはいませんでした。 最終的にドイツ語のレッスンを実際に教授やドイツ人の中で行います。 講義形式の授業でドイツ語の文法確認の講義(ドイツ語が完璧でない外国人向け)、ドイツ語文法の教え方に関する講義、ドイツ語や諸外国語の歴史と文化、ドイツ語発音の授業などを選択しました。 これらの講義形式の授業でも、学生は受け身にならず、教授は常に学生たちに問いかけていくレッスンスタイルでした。 講義形式の授業にはヨーロッパ人だけでなく、アジア人もみられました。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら   必要な語学力、宿題の量、成績の評価方法 授業はドイツ語で、初めの半年間は教授が何を言っているか全くわかりませんでした。 宿題の量が多く、文法の授業なら(プリント10枚など)宿題と復習・予習をするだけで授業自体についていけたとはとても言えない状況でした。 留学前に2年ドイツ語を学びましたが、それだけの語学力では足りないと思います。 半年間机にかじりついて、ある日突然なんとなく教授の言う言葉が理解できていったことを覚えています。 評価方法は筆記試験でした。 学校・プログラムの良かった点、良くなかった点を教えてください。 プログラムは、学部の講義とゼミに1年いられるものでしたが、ドイツ語力が足りていなかったのが悔やまれます。 学校自体には満足していますが、ドイツ語をもっと勉強して臨めばよかったと思います。 留学前のテストだけでなく、専門分野のドイツ語を身に着けておく必要があるでしょう。 大学入学後もドイツ語が苦手な人向けの講義やプログラムがあったのは非常にありがたかったと思います。 できれば利用しないレベルのドイツ語があるとよいのですが…。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓  

ドイツ(ベルリン) 大学留学

ドイツ留学体験談:ベルリン工科大学 / Technische Universität Berlin

大学留学された方の体験談をご紹介しています! ベルリン工科大学の留学在学期間、プログラムについて 留学先の都市はドイツのベルリンです。 通った大学名はベルリン工科大学というところで、2017年の4月から翌年の3月まで在学していました。 一年間の留学プログラムで、学部はコンピューター科学で専攻はエンジニアリングでした。 ドイツのベルリンは技術学部、システム工学部などが有名で、世界各国から留学生が来ています。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   大学の特徴と留学先として選んだ理由 ベルリン工科大学の特徴は世界屈指の歴史の古さです。 1821年創設のベルリン工科学校が前身として挙げられていますが、母体となるものはもっと古いとも言われています。 強い学部はやはり工学系で、ノーベル賞を獲得しているOBもたくさんいます。 世界の大学ランキングでもトップ100に入っていて、工学系の大学としてはかなり上位です。 ドイツは教育に力を入れているので学費は日本よりも安いです。 もちろん生活費はかかるので、ある程度のお金は必要です。 ドイツ・ベルリンのおすすめ賃貸物件 ベルリン Mitte / 月730 EUR DE-BERLIN-0326 ベルリン 7. Schöneberg/月990 EURDE-BERLIN-0349 ドイツ・ベルリンの賃貸物件一覧はこちら     授業の様子や、クラスメートのプロフィール 授業の内容は日本の工学系の大学と大きな差は無いですが、日本では触れないような分野も深く掘り下げている場面が何度かありました。 グローバルな大学なので、ヨーロッパ以外にも世界中から留学生がいます。 授業はパソコンやタブレットを使うことが多く、ドイツ語と英語を交えながら進んでいきます。 先生によってはどちらか一方しか使わないケースもあります。 日本人は結構多く、一つの学部に5、6人くらいいます。 年代は20歳前後が一番多く、20代後半や30代以降の方も見かけます。 クラスメートの数は学部によって違いますが、私の学部は40人以上いました。   必要な語学力、宿題の量、成績の評価方法 留学した当時は日常会話程度の英語力と、挨拶程度のドイツ語を習得している状態だったので、授業では分からないことが多かったです。 3ヶ月くらい経つと語学力は向上し、単語は聞き取れるようになり、分からないところはドイツ人の友達に翻訳してもらいながら勉強しました。 ドイツ人は親日で日本人にも興味を持っているので、自然と馴染むことができました。 課題の量は少なく、自主性を重んじるような雰囲気でした。 成績の評価方法はシンプルで、教授が一人で決めていました。 学校・プログラムの良かった点、良くなかった点を教えてください。 ベルリン工科大学の良かった点は幅広い知識を身につけることが出来たことです。 専門であるコンピュータ関連の知識を増やすことが出来たのはもちろんのこと、人種や国籍を超えて交流をすることで積極的にコミュニケーションを取り、自分からアクションを起こすことができる人間に成長することが出来ました。 語学力も向上して、海外でも仕事をしてみたいという気持ちになりました。 良くなかった点は日本人が多く、日本人同士で会話が盛り上がってしまうという点です。 それ以外は満足していて、他の方にもおすすめできます。   =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツで憧れの音楽留学。適した住環境は? アパート、ルームシェア、ホームステイについて

ドイツで憧れの音楽留学。適した住環境は? アパート、ルームシェア、ホームステイについて

ドイツで音楽留学が決まり、師事できる先生、勉強する土地も決まれば、次に探さなければいけ ないのは、住むところです。 アパートに一人暮らしという方法もありますが、ルームシェアや ホームステイをすると、家賃が安くなったり、ドイツ語の上達が見込めたりするような利点も あります。 ここでは、どのような住処を選ぶことが良いのか述べていきます。   はじめにドイツ音楽留学の住宅環境で知っておくべきこと ドイツで音楽留学をしようとする人たちは、必ず練習場所をどうするかという問題に突き当たります。 一般の留学生と違い、ピアノを置いたり、音を出したりするという条件があります。 日本では アパートを借りたりするときに「音出し可能物件」など、あらかじめ不動産情報に書き込まれていることが多いですが、ドイツではそうではありません。 ドイツの不動産屋で「音を出しても良い か?」と質問しても大概の場合「やってみなければわからない」と言われます。 1番良いのは、 前に音楽大学の学生ないし音楽家が住んでいて音を出していた物件に入ることが1番安全と言うことができます。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら   音楽留学で、練習はどの程度必要とされるか? 練習はどのくらい必要とされるかは、専攻する楽器によって異なります。 音楽留学をされる方々 は、もちろん日本で音楽の勉強されているはずですから、自分にとって最低の練習時間がどのくらい必要なのかわかっていると思います。 しかし、ドイツで音楽留学すると言う事は、少なくとも今のレベルよりも高いものが要求されますから、腕や喉を壊さない程度にする必要ありますが、出来る限りの練習が必要です。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   大学や学校で練習をすることはできないか? 首尾よく大学や学校に入学できれば、日本の音楽大学などと同じように学校の練習室で練習をすることができます。 しかし、学校に入学できていなければ、練習室を使う事は基本的にできません。 また、大都市ベルリンといっても、日本のようにあちらこちらにピアノの貸しスタジオがあるわけではないので、練習はもっぱら学校か自宅と言うことになるでしょう。 自宅で練習はどの程度できるのか。知っておくべきドイツのルールは? 音を出しても良い物件に住むことができたとすると、音を出して良い時間は、お隣近所や上下の 住人にあらかじめ聞いておくのが良いでしょう。 ドイツには、Ruhezeit(休息時間)という習慣が あって、場所によって違いますが大体午後1時から3時または、4時までぐらいは、なるべく家の中にいても音を立てないで過ごします。 その時間は練習を控える方がご近所さんとの付き合いもうまくいくでしょう。 ルール内で出来る工夫は? 楽器を専攻している方々なら、弱音器を使う、音が外に響かないように窓を閉める、絨毯等で 防音する、という努力は必要です。 また、入居するときに近所の方々に音を出す旨を伝え、もしうるさいことがあったらいつでも言って欲しいと、ご挨拶することが良いと思います。 ドイツの祭日にも気をつけましょう。 特に宗教的な祭日等は練習には気を使いましょう。 音楽留学に適している住環境は? 音楽留学をしようとしている人たちの場合、練習場所を確保すると言う事は最も重要な課題の1つです。 日本のように防音設備の整ったアパートなどはほとんど存在していないので、なかなか難し いところがあるかもしれません。 しかし、やはり自宅で練習できると言う事はとても大切なことですから、諦めずに音出し物件を探す事はとても重要です。 ここでは、どのようなスタイルで住むか、そのプラス面、マイナス面を比較しながら考えていきます。 ホームステイ 既にベルリンに住んでいる音楽家で、部屋が余っている家があれば、音出しも可能で、すでに ピアノも置いてあるかもしれません。 良い方々であれば、使っていない時間は音楽室を貸してくれることもあるでしょう。 音楽家であれば、同業者をいろいろ紹介してくれるかもしれません。 しかし、自分で好きなときに練習できる、と言うわがままは許されません。 例えば、最初はその ような家にホームステイし、より良い物件が見つかったら移るというのも方法の1つです。 ルームシェア 音楽家のいるルームシェアであれば、音出し可能物件に住んでいることが多いです。 この場合、同じような年齢の人と一緒に住むことになるので、ホームステイより気兼ねないかもしれません。 しかし、練習時間の割り振りや、ルームシェア相手が日本人でなければ、文化の違いで不協和音 がなってしまう事に気をつけなければなりません。 一人用の賃貸アパート 音出し可能な物件をうまく借りることができ、ご近所と音出し時間の約束等がうまくできれば、一人暮らしのアパートは1番です。 制限時間内であれば自分の好きな時に練習することもできます。 しかし、金銭的にあまり余裕がない場合などは、ルームシェアで家賃 を節約するという方法もあります。 ドイツケルン音楽留学の住環境を決めるにあたり注意すべきこと ドイツで音楽留学をするのに、練習場所の確保が必須です。 ホームステイ、ルームシェア、 アパート、どれを選択するにしても、一緒に住む人たち、またはご近所の方々に快く了解してもらえることがとても大切です。 私は、一件ずつ近所のお宅をまわってご挨拶をし、いらっしゃら ないところはお花とメッセージカードを添えて家の扉の前に置いておきました。 ドイツ人にとって私たちは外国人ですから、できるだけ礼儀正しくし、「悪い人ではなさそうだ」という 印象を持ってもらいましょう。 そうすれば、少し位楽器の音がうるさくても大目に見てもらえるかもしれません。 業者を通して物件を手配をするメリット 日本の賃貸情報のように「防音設備完備、音出し可能」などと言う情報はドイツの業者は持っていないことが多いです。 自分ではなかなか見つからないので、音楽可能かどうかを把握している業者を通すのが良いです。 音楽留学をする第1の目的はご自身のレベルアップだと思います。 それには熱心な練習は欠かせません。 しかし、このように書いてみると、音出し物件をさがすのは、日本よりも難しいと改めて思い知らされます。 でも、辛抱強くさがしていれば絶対によい住処が見つかります。 がんばって探してみてください。 ドイツ・ベルリンのおすすめ賃貸物件 …

ドイツのケルンでの生活のコツ:生活費・携帯電話・インターネット・保険・銀行について

ドイツのケルンでの生活のコツ:生活費・携帯電話・インターネット・保険・銀行について

ドイツのケルンで生活するうえで、銀行、病院、保険、携帯電話やインターネットなど、さまざまな事をあらかじめ考えておかなければ、もしものときにとても苦労します。 今回は、ケルンで生活するうえで病気になったときや、口座の開設方法などについて詳しく話していきます。 1ヵ月に必要な主な生活費について ケルンでの一か月の費用はおおよそですが、1000€を目安としていました。 家賃は、ルームシェアなどを活用すれば、一か月300€程度、一人暮らしでも立地を考えれば、450€ぐらいに収めることができます。 あとは食費が200€、インターネット携帯などが、約80€、残りは交際費などに充てていました。 インターネットの費用 携帯やネットは、前回の記事でもご紹介しましたが、家電量販店のSaturnで契約することができます。 日本と同じように携帯電話もプロバイダーも契約します。 契約した会社は、Deutsche Telekomにしました。 理由は一番大手だからです。 ドイツは日本に比べてそれぞれの月額料金は安く携帯電話で月々30€、プロバイダー料金も月々40€程度でした。 携帯電話は機種にもよると思いますが、即日もらえることが多いです。 プロバイダーは、契約後にお店の人と回線工事の日程を決め、当日は、業者の方にすべてお任せして、施工が終わればサインという形でした。 それほど難しくありませんが、どなたか友人などに助けてもらってもよいでしょう。 もしくは、携帯電話であればプリペイド形式を選択するのも一つの手だと思います。 光熱費の費用 私の場合はルームシェアでしたので、光熱費などはすべてまとめて家賃に含まれており、一定の金額でした。 ルームシェアなどはそのような形をとることが多いと思います。 食費 基本的には、自炊生活をしていたので、スーパーで買い物をすることが多かったです。 野菜などは高い時もありますが、さほど日本と変わらないように感じます。 おいてある食材もあまり日本とは変わりません。 ただ、ドイツは肉料理が基本で、精肉コーナーは充実しています。 そのため、お肉の名前を覚える注文できたりして楽しいと思います。 保険関係の費用 保険はすべて、留学前に日本で加入しておきました。 僕の時は、AIUという保険に入っていたと思います。(現在ではAIG損保保険) この保険は留学における様々なトラブルに対応しており、加入は必須だと思います。 医療機関について ドイツで一度風邪をひき、病院にいったことがあります。 まず、日本のように市立病院などでは、紹介状がないと診察できない為、町のお医者さんに診てもらいます。 その町のお医者さんも、日本のようにクリニックとして、建物があるわけではなく、マンションの中にあったりします。 インターネットで調べると出てきますが、僕の場合は、それどころではなかったので、ドイツの友達に連れて行ってもらいました。 病院の予約方法は? 予約は、基本的にした方がよいと思います。 というのも、診察がスムーズになるほかに、加入保険などのことについて相談をしてりできるからです。 僕の場合は、電話で行いました。 もちろんインターネット予約が可能な医院もあると思います。 金融機関について 主な銀行は? Deutsch bankが一番大手の銀行の一つだと思います。 ただ、口座開設の審査がやや厳しく、街中にATMもそれほどおおく見かけませんでした。 おすすめはSparkasse Bankで、これも大手銀行の一つです。 ATMが街中に多く、非常に便利でした。 銀行開設には、様々な資料が必要です。(例えばビザなど) しかし、開設の手続きはそれほど煩雑ではなく、受付で口座開設を依頼すれば、すぐに行ってくれます。 予約ができるのであれば、した方がスムーズでしょう。 日本から海外へお金をもっていく必要があるか 現地のATMで使用が可能な、クレジットカードは必須です。 クレジットカードは、保険にもなりますし、もしもの時に非常に有効です。 ブランドは、VISAやMasterCardがお勧めです。 この二つは、国際的なブランドな為、ほとんどのATMで使用が可能だからですその他にも、デビットカードなども必要だと思います。 ドイツのケルンで過ごすうえで、携帯電話やインターネットは必須です。 これらを手に入れるには、ドイツの銀行口座が必要です。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓  

ミュンヘンでのホームステイ経験!ストレスは付きもの?

ミュンヘンでのホームステイ経験!ストレスは付きもの?

留学において最も大切だと言っても過言ではないのが滞在場所だと思います。 私は現地のホストマザーのところにお世話になり、滞在中、生活面から語学面までざまざまな場面で支えてもらいました。 また、私以外にも受け入れをしていたため、学校だけではなく家でも様々な国の人と交流することができました。 そこで経験したことをまとめていきたいと思います。 ドイツでのホームステイの基本的な仕組み、取り決めについて ご飯は毎日朝と夜に用意してくれていました。 朝はパンやヨーグルト、果物が用意されており、夜はスープから始まって、主食、デザート、コーヒーまで用意してくれました。 基本的にどこの家庭でも朝と夜に用意してくれていましたが、美味しくないところもあったようです。 朝は起きた順に食べるので、みんなが揃うことはなく、1人で食べる時もありました。 夜は19時からと決まっており、それに合わせてみんな揃って食べていました。 予定があれば事前に伝えておけば外食もオッケーです。 Wi-Fiやタオルはステイ先のものを使い、洗濯はマザーがしてくれていたため、自分で調達するのはバスルーム用品ぐらいでした。 門限はなく、他の家庭でも聞いたことはありません。 毎週パーティーに行っていた子たちは時々朝に帰ってきていました。 周りに迷惑をかけなければ、基本的に自由でした。 ホームステイの住環境について ミュンヘンの中心地から少し離れた駅にある家でしたが、スーパーや薬局が近くにあり便利な場所でした。 集合住宅でしたが日本と違い中は広く、数多くの部屋があり、その内の数室がホームステイ用に使われていました。 ベッドやクローゼットはもちろん、机や棚なども用意されており過ごしやすい部屋でした。 家にWi-Fiが設備されているので、毎月お金を払えば使用できました(大体€10/月)。 ホームステイの住環境で良かったこと 私が住まわせてもらった家では基本的にキッチンを自由に使うことができた点が便利でした。 朝と夜はご飯がついていましたが、お昼は自分で用意しなければならなかったですが、お湯を沸かしたり電子レンジを使うことができたのでよくカップ麺などのインスタントを作っていました。 また、晩御飯をマザーや他のルームメイトのみんなで一緒に食べるので、ドイツ語で楽しく喋りながらご飯を食べられたのは勉強面でも生活環境としても良かったと思います。 ホームステイの住環境で不便なことは? 家のルールを守らないといけません。 例えば、ルールとして、夜22時以降にシャワーを浴びれないのは不便でした。 隣の部屋に響くからだそうです。 また、海外の人々は朝にシャワーを浴びることがほとんどだったので、朝のシャワールームは取合いだったので、そのあたりも待つ必要がありました。 ホームステイの価格・相場・選び方について 月に7-8万円ぐらいだったと思います。 これとは別に、インターネット代や洗濯代がかかってきます。 家族との相性によって大分住み心地は変わるので、そのあたりは運次第になります。 ちなみにミュンヘンでは一人用のアパートであれば、安いものであれば10万円ほどからあります。 ホームステイの共同生活で住まいでストレスになり得ること 不便だったのは洗面所やお手洗いが混んで行けない時があることです。 特に海外の方たちは朝にシャワーを浴びる人が多いので、朝の忙しい時間帯に洗面所が使えなくて困ったことが何度かありました。 また、気の合わない人がいたとしても毎日顔を合わせ、ご飯も一緒に食べなければならないので、それについてもストレスが溜まる要因になると思います。 プライバシーからのストレスについて 私がお世話になったマザーは、晩御飯の時やリビングにいる時は話しかけてくるものの、部屋に入ってしまえば洗濯物を持ってくる以外入ってきませんでした。 ルームメイトによってプライバシーがどの程度あるかも変わります。 私は兄弟がいないため普段から1人で過ごしていたことから、長時間誰かといるのに慣れるに時間を要しました。 急に途中から相部屋になってしまう可能性も 1人部屋と相部屋では価格が異なり、当たり前ですが相部屋のほうが安くすみます。 そのため私は相部屋を選んでいましたが、運よく1人部屋になり少しの間は1人で過ごしていました。 しかし、途中で別の部屋にいたルームメイトが一緒の部屋に住むことになり、相部屋となりました。 やはり相部屋となると一人部屋の時に比べると生活がし辛い面がでてきました。 文化の違いがストレスになることも 私のルームメイトは同じアジア人でしたが、周りに気を遣うことがない人でしたので、私が勉強をしていても大きな音声で動画を見ていたり話しかけられた時はストレスが溜まりました。 ラテン系や欧米の人たちはパーティーが大好きなので、週末の夜にはいつも外に出かけ、夜遅くに帰ってくることが多かったです。 夜寝ているところを起こされることがあるかもしれません。 食事はどのように行うか? 基本的に晩御飯はみんなで食べ、朝は起きた人から、昼はそれぞれ友達などと学校や外で食べていました。 休みの日のお昼も、外で食べることもできますし、家で自分でご飯を用意することもできました。 多くの日本人が日本食が食べられずにストレスに感じることがありますが、インスタントラーメンならお湯を沸かすだけなので作りやすいかと思います。 レストランで食べるとなるととても費用が高くつくので、インスタントのラーメンやお味噌汁がオススメです。 日本食レストランで働いていた頃は、まかないで日本食がたくさん食べられたので、食のストレスは大幅に軽減されました。 ホストファミリー次第ではホームステイが良くない環境になるので注意が必要です。 親切なホストファミリーが多いと思いますが、中にはお金稼ぎのためだけに受け入れている家庭や、家庭内の仲が悪い家庭もあるのが悲しいですが、事実です。 お金稼ぎのために受け入れている家庭では、食事もあまり手がこんでおらず学生を気にかけることが少ないようでした。 家庭内環境が悪いところでは、自分が巻き込まれることはありませんが、気持ちの良いものではありません。 私の友人は、このような家庭に住み続けられないと思いステイ先を変更しました。 どのようなステイ先になるかは運次第になります。 留学において、滞在方法はホームステイ以外にもいくつかあると思いますが、私は個人的にホームステイをお勧めします。 現地の人の暮らしを近くで体験することができる上、外国語も常に使う状況になり言語力向上に繋がると考えるためです。 もちろん上記のようにストレスが溜まるといった問題もありますが、より充実した生活を送ることができると思います。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツ アパート賃貸の基本的なルール

ドイツのアパート賃貸の基本的なルールを徹底解説!

ドイツで初めてアパート賃貸の物件を探す場合は、語学の心配や、慣れない土地勘、ルールに戸惑うと思います。 皆さんのアパート賃貸が少しでも楽になりますよう、経験に基づいたドイツアパート賃貸の実情をお知らせ致します。 ドイツの賃貸で入居時に一般的に必要な書類と保証人について。 ドイツ現地で賃貸をする際の最初の必要書類について説明します。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! 収入の必要書類は? ドイツでは、とても沢山の候補者がいますので、入居者の基本情報をもとに賃貸者が大家側から決定されるという流れが多いです。 収入の書類で必要になるのは、最近3か月の給与明細のコピー、労働契約書のコピーなどが必要です。ドイツ現地での収入か雇用契約が必要です。 現地の業者さんでは、はじめに書類で審査がされ、収入面や保証人などでふるいにかけられます。 通常、現地の業者では、家賃の3倍の収入が必要とされます。 ユーロエステートでは、収入なしでも契約可能な物件が多数! ⇒ ドイツの賃貸物件はこちら   シューファ 収入関連で必要とされる書類の1つにSchufa(www.schufa.de)があります。 こちらは過去にクレジットカードなどの支払いの滞りの有無などのクレジット審査の書類です。 シューファはドイツに住所があり、パスポートを使ったID確認(ポストイデントPostident)が出来る人は外国人でもオンラインで申し込み出来ます。 日本から来る方々には取得はハードルが高いかもしれませんが、一般的な必要書類です。 シューファは、1年契約の料金(期間内であれば何度も証明が取れる)と1証明ごとに料金を払うパターンがあり、住居探しで頻繁に証明を求められる事が予想される場合はフラットレートを申し込んでおくのをお勧めします。 シューファの提出はどの家主からも求められる書類ではありませんが、ドイツの現地の業者では当然の様に要求されます。 シューファの書類が提出出来ない=過去に支払いの滞りなどがあったと思われるからです。 ユーロエステートではSchufaなしで契約可能な物件が多数! ⇒ ドイツの賃貸物件はこちら   収入の証明では、どれぐらいの収入が必要とされるか。 収入は大都市など競争が激しい物件では、高ければ高いほど有利でしょう。物件に2人以上住める場合は両方の収入を掲示します。 通常、家賃の3倍の収入ガ必要になりますので、 ドイツの保証人は必要? 収入ガない場合や、学生の場合は保証人として要求されるのが一般的です。 保証人もドイツ現地での収入のある保証人がある方が優先されます。入居者と同様に収入の証明が必要になります。 ユーロエステートでは保証人なし契約可能な物件が多数! ⇒ ドイツの賃貸物件はこちら   ドイツの賃貸で必要となる敷金(保証金)の仕組み。 一般的に家賃2-3ヶ月分が敷金として必要になります。退去時にお部屋に問題がなければ戻ってきます。 敷金はいつ、どの程度戻ってくるか?敷金から引かれることのある費用は? ドイツでは光熱費の計算などにも時間がかかることから、退去日に返金とは通常なりません。 敷金が戻ってくるまでに2-3カ月かかります。6か月ほどかかることもあります。 敷金がどういった条件で戻ってくるかは通常、退去時に大家が同行して、住居の傷などを一緒に確認します。 大家が修繕を求めた場合、自分が傷つけたのではない事を証明できない限り、修繕費用を差し引いた金額が返金されます。 動物を飼わない、住居内で喫煙しなければ、匂い消しなど特別な修繕が必要な状態には特になる心配はないと思います。 このあたりは個人差があるので、大家さん次第ということころです。 敷金(保証金)がなるべく返ってくるようにするには? 入居時に気づいた傷は写真に撮って、早めに大家に連絡しましょう。 入居時に大家と一緒に確認し、住居の傷を書いた一覧表を作成したり、入居時に写真に撮っておくことも良いでしょう。 契約の解約は?退去通知は何ヶ月? 契約によりますが、一般的に退去の連絡は3か月前に連絡する必要があります。 退去時はお部屋を掃除し、綺麗にしましょう。 ドイツでは入居した日の状態に戻すのがルールです。自分がつけた傷、汚れは、元に戻し、前の人がつけた傷、汚れまで修繕する必要はありません。 基本的に自分で掃除して済む範囲の汚れしかない場合は、大掃除をして出る感覚で十分で特別な掃除は必要ありません。 ドリルなどで開けた穴、釘、画びょうなどの小さい穴もペンキを塗って綺麗にする必要があります。 自分で壁を塗る自信がない場合は事前にプロに依頼するといいでしょう。 オーナーと良好な関係を築いておくこと。 家賃を期限通りに支払うのは最低必要なマナーです。家主も賃貸主もお互い賃貸契約を解約する権利があります。 家賃を期限通りに払えない事が続けば契約を解約されます。 勤務先の変更や、電話やメールアドレス、銀行の変更などは速やかに連絡し、家主にとって、音信不通の住居人にならないことも大事です。 なお、特に問題がない場合は、基本的に連絡を取り合う必要はありません。 家主も忙しいので、クレームなどで頻繁に連絡を取ってくる住居人は煙たがれる可能性もあります。 住居を探すタイミング、物件を業者を通して探すメリット 。 ドイツのアパート探しが非常に大変なのはご存知だと思いますが、ドイツ語が分からない外国人にはアパート賃貸探しにおいて、残念ながら圧倒的に不利になります。 掲示板などで個人で探すと問題のある物件を掴んでしまうと思うので、多少家賃が高めでも業者を利用して最初の6ヶ月など、居住場所を確保してから渡独することををお勧め致します。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら ユーロエステートが選ばれる理由!! アパートを見つける8つの方法 他にこちらもご活用ください。 ヨーロッパでのアパート探しに役立つ情報をメルマガにまとめました。 知らないと損をしてしまうので、渡航予定のある方は、必ず読んでいただきたいと思います。 現地で収入なし+現地の保証人なし..それでも外国人大家さんから選ばれる方法とは? アパートを見つける8つの方法(メルマガ) 新着物件アラート 物件をお探しの方は、物件アラートをぜひご活用ください。多くの好条件の物件がございます。 6か月先の物件もお送りしていますので、是非ご登録ください。 ヨーロッパの物件探しは、いかに早く、好条件の物件を知ることができるかにかかっています! 新着物件アラート

ドイツのケルンに住むならどこの地区がおすすめか?治安や買い物エリアなどもご紹介します

ドイツのケルンに住むならどこの地区がおすすめか?治安や買い物エリアなどもご紹介します

ケルンには様々な地区があり、それぞれメリットとデメリットが当然あります。今回は、日本人留学生が安全に楽しく過ごすために、ケルンの地区をいくつかお勧めします。 ドイツ:ケルンの地区概要 ケルンの中心地区で観光地区でもあるInnenstadtや、クラブなどがあるEhrenfeld、また旧市街地が残るAltstadtなど魅力的な地区が多いです。危険な地区はあまりありませんが、Deutzなどでは、夜になると人通りが減るため注意が必要です。 日本人は多く住んでいる地区はどこか?それぞれの地区はどのような方におすすめか? 基本的には留学生は中心地区の周辺に滞在していると思います。留学初めは、やはりAlststadt-NordやSüdなどがお買い物などにも便利でお勧めできます。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   便利な場所・不便な場所はどの地域か?ケルンの交通機関、所要時間について 個人的には、中心地区周辺であれば、U-bahn駅も多くあり、さほど違いはないと思います。特にAltstadt-südなどは、中心地からのアクセスもよく、商店街も多くて、治安も安定しているためお勧めです。ライン川を渡ったところは、家賃は安いですが、中心地まで行くのに時間がかかります(S-bahnで15分ほど) ドイツ・ケルンの各地区の治安と主な駅について ここでは、私が実際に住んでいた、zollstockという地区と、Alstadt-Nordという地区について詳しくお話していきます。 zollstockの治安と周りの様子 僕が一番はじめに滞在していた、Zollstock地区についてお話します。zollstockは、ケルンの中心地から南に位置し、さきほどから何度も登場しているaltstadt-südと通り抜けていくとあります。住宅地が多く存在し、比較的静かな地区で治安は安全な方です。交通手段ですが、U-bahnで言いますと、L12という路線に乗っていけば、zollstockにつきます。Zollstock Südfriedhof, Kölnという駅が終点です。スーパーや銀行は、Gottesweg, Köln-Zollstockなどにあります。 私がなぜここを選んだかと言いますと、ホームステイ先がzollstockにあったからです。中心地からちょっと遠いなと思いましたが、アクセスは思った以上に悪くなく、こじんまりとした過ごしやすい環境でした。結果的に言えば、ここでの生活が一番楽しかったと思います。 altstadt-nordの治安と周りの様子 次に、一人暮らしをしていたAltstadt-nordについてです。この地区の主要な駅と言えば、Ebertplazという駅で、周りにスーパーやレストランなど、非常に多く存在します。また、公園なども多く休日になると、たくさんの人が訪れます。 中央駅から徒歩10分ぐらいで、Hansaring駅Friesenplatz駅など周りにもにぎわっている場所があります。治安は、それほど悪くないですが、夜になると人通りが少なくなる場所もあり、危ないところは危ないといったところでしょうか。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら   ドイツ・ケルンの主な商店街・買い物スポットは? 一番大きい商店街は、Schildergasseという通りです。ケルン大聖堂のすぐそばにあり、人通りも多い通りです。百貨店や、本屋さんまでなんでもそろっているため、基本的に買い物はここ周辺でしていました。 スーパー・食材を買うのに便利な場所と様子 ドイツにはREWEというスーパーがどこにでも存在しています。日本のスーパーと一緒程度の品ぞろえため、いつも利用していました。コストを重視するなら、ALDIというスーパーがお勧めです。値段にあった品質ですが、お金に困ったときなどによく利用していました。 日本食材が買える場所は? 日本食材はあまり買わなかったのでわかりませんが、Asiaマーケットのようなところで、日本食材は一応買えます。また少し高いスーパーマーケットに(Alnaturaなど)では、豆腐や納豆を買えると聞きました。あとは、デパートに行けばある程度日本食はそろっています。しかし、やや高価です。 日用品・電化製品を買うのに便利な場所と様子 ドイツではMediaMarketとSaturnが家電量販店の二大勢力です。ケルンにはAltstadtや、innestadtにあります。どちらが良いかはわかりかねますが、個人的には、saturnのほうが在庫数などのそろえがいいと感じました。 その他に行くと良いところ・おすすめ ケルンでは、必ずチョコレートミュージアムに行ってほしいです。川沿いに存在し、チョコレート製造の過程を見ることができ楽しいです。 まとめ ケルンで住む上で、そこまで苦労はないと思います。基本的には、治安もよく旧市街地も残っていて、住んでいて居心地がいいと思います。 住む場所に関していえば、家賃が多少高くても、中心地をお勧めします。また、U-bahnのアクセスも重要で、周りに何があるか、住むところを決める前によく確認しておきましょう。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツ・ハイデルベルクでの生活イメージをつかもう

ドイツ・ハイデルベルクでの生活イメージをつかもう

ドイツのワーキングホリデーで快適に生活をするためにも、日常生活の具体的なイメージをつかむことが大事です。 今回はハイデルブルグで一人暮らしをするにあたって重要となる、生活費にかかわる大まかな費用や、携帯電話の購入・銀行口座の開設についてなど、通常の海外旅行では問題とならない内容について紹介していきます。特に費用については、渡航前に準備をする必要があるため参考にしてください。   1ヵ月に必要な主な生活費について 毎月の通信費用の目安 インターネットのプロバイダー会社はテレコム(telecom)とボーダフォン(vodafone)があります。費用はおよそ20ユーロほど。契約する内容によって、最低契約継続期間が違うので注意が必要になります。携帯電話会社は上記のtelecom,vodafone,O2などがあります。日本の大手携帯電話会社のスマホの場合SIMカードに制限があるため使えない場合があります。したがって本体代金と毎月の通信費が必要と考えましょう。通信費も日本と同様に最低契約期間があるため契約時に注意が必要です。料金は6ユーロ~80ユーロと毎月使える通信容量で変わってきます。本体は帰国してからも日本のSIMカードに差し替えれば使用できるので、お気に入りの本体を購入してもよいでしょう。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   家賃費用 ワーキングホリデーで短期滞在のために住むのであれば、シェアハウスであるヴェーゲー(WG)をおすすめしてきました。それは光熱費の契約がすでに既存の住民によってなされているため生活を始める難易度が非常に下がるためです。WGによって料金体系は異なりますが、私が住んだときは家賃に光熱費、Wifi費用等すべて含まれた料金でした。個人スペースが8畳ほどで毎月450ユーロの支払いをしていました。家を借りる際にネーベンコステン(Nebenkosten/雑費…家賃以外の水道光熱費などのこと)を見るとわかります。またすべて込み料金の場合はゲザムトミーテ(Gesamtmiete)と表記されています。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら   食費 食費は日本よりも若干安い印象で、食料品は大体3分の2くらいでした。しかし魚は割高なので控えて、肉または野菜がメインで食事をしていました。また環境への意識が高く、環境に配慮して生産された作物をBIO商品というカテゴリーで売られている食べ物があります。しかし値段が普通の商品の1.2倍ほどとなっています。あまりこだわりがなければ通常のものを購入すればよいでしょう。食料品の購入で気になった点がいくつかあります。まず肉は日本のような薄切り商品がありません。お肉屋さんで薄く切ってほしいとお願いしても、日本のような薄さは不可能です。大体が固まり肉や日本のステーキ肉のような厚みで売られています。また普通のスーパーでも日清のカップラーメンは購入できました。ほかには冷凍食品がおすすめです。ガスオーブンが設置されている家が多いので、冷凍のピザや、パンが日本とは比べ物にならないほどおいしく食べられます。 保険関係の費用 健康保険はワーキングホリデービザを取得する場合に求められる、旅行者用医療保険で賄うことができます。なのでドイツに行ってから特に国内の新しい保険に加入等の必要はありませんでした。日本からあらかじめ入っていた旅行者用医療保険はステップインという保険にしました。カバー範囲は外来・入院治療費、手術費、歯科治療、妊娠・出産時の費用となっており、費用は毎月59ユーロです。 携帯電話はどの方式の電話を買う? ドイツで契約を必要とする手続きはかなりの手間 私がドイツで滞在する際は極力現地のライフラインの契約手続きを避けてきました。というのも、契約の手続きをするのがかなり骨が折れるからです。まず、窓口の対応が日本のように親切でないことと、その後の仕事が遅いからです。友人はインタ-ネット回線の契約をしたのですが、設置工事が始まるのに繁忙期ではないのに一か月ほどかかったといっていました。携帯電話は契約するのはいいのですが、契約最低期間が24か月と長いため解約時のことを考えて私はプリペイド式の携帯電話にしました。日常の利用の仕方は、緊急・待ち合わせはショートメール、ネットサーフィンは自宅またはフリーWi-Fiスポットに限定する方法にしました。 プリペイド式携帯電話の購入方法 家電量販店に行き、携帯電話本体を購入します。日本と違い本体だけのばら売りが普通なので、ワゴンセールなどでも手に入ります。ついでにSIMカードも購入をしていきます。SIMカードの有効化は自宅のインターネットで対応しているプロバイダーのサイトで情報を入力するだけなのでかなりお手軽です。その後の使用料金は10ユーロや20ユーロ枚にituneカードのようにカードを購入して、チャージ先の電話番号にかけた後、コードを入力するだけです。帰国の際にバタバタするので、解約手続きが必要ないプリペイド式携帯電話はかなり気軽に持つことができて便利でした。 ドイツの金融機関について ドイツの主な銀行と口座開設の流れ ドイツにも大手の銀行がいくつかありますが、ハイデルベルクでよく目についた銀行はDeutsch Bank(ドイツバンク)かSparkasse(シュパーカッセ)、Heidelberger Volksbank(ハイデルベルガーフォルクスバンク)、PostBank(ポストバンク)でした。口座の開設は特に大変ではありません。とりあえずパスポート、ビザ、住民票をもって窓口に向かいましょう。銀行に向かうと受付番号発券機があるので、券を手に入れます。その後窓口で呼ばれた際に口座を開設したいと申し出ます。しばらく待っていると別室に通され、必要書類の記入をすれば終了です。銀行口座のカードとパスワードは後日郵送されてきます。 銀行の行員は英語が通じます。手続きの説明の際にも英語がいいかドイツ語がいいか確認されるくらいです。不安がある場合は英語かドイツ語が得意な人を連れていきましょう。 日本から現金はいくら持っていくべきか 現金を持っていく必要は特にありません。当面の生活が成り立つ程度の金額で十分でしょう。特にATMでクレジットカードやキャッシュパスポートを使用すれば現金が手に入ります。私の場合はキャッシュパスポートを利用しました。キャッシュパスポートは日本で現金をチャージすれば、現地の通貨で現金が引き出せるというものです。街角にあるATMで使用できるため利便性も高かったです。 まとめ ドイツで生活をしていくために必須となる、生活費・携帯電話・銀行の利用について触れてきました。旅行では必要のない内容ですが、生活をするとなれば避けては通れない事柄です。ドイツ語に自信がないと少々難易度が高く感じられることもありますが、銀行では英語が通じたり、携帯電話の利用開始はインターネットでの入力で済んだりと何とかできる手段は必ずあります。どうしても困る場合はドイツ語または英語が流ちょうな人を連れて行くなどして、生活基盤を確立していってください。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓  

ドイツ・ハイデルベルク:ワーキングホリデーのおすすめ滞在地!

ドイツ・ハイデルベルク:ワーキングホリデーのおすすめ滞在地!

ドイツのハイデルベルグは候補地に入っていますか? ワーキングホリデーをするなら、大きな街であれば、フランクフルト、首都ベルリン、ミュンヘン等が有名です。 大きな街はアルバイトも見つけやすく、多くの日本人もいるため日本人コミュニティから情報を得るのも容易いです。 しかし、滞在先を一都市に絞る必要はありません。都市部から離れた、ドイツらしい自然や市街地が残る地方都市で生活をするのも趣があっておすすめです。 今回は私が滞在していたハイデルベルクの街についてと、おすすめの理由を紹介をしていきます。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!     ドイツ・ハイデルベルクの地区概要 ハイデルベルクは成田・中部・関空からのストレート便が就航している大都市フランクフルトからドイツバーン(DB/日本でいうJR)の急行列車で1時間半ほどの地方都市です。ドイツ行きの団体ツアーによく組み込まれているハイデルベルク城、ハイデルベルク大学がある学生街です。買い物できる店も多いのですが店舗規模は大きくありません。観光地色が強い街なので、お買い物がしたいのであれば、近郊で一番大きい街のマンハイム(manheim)まで足を延ばす必要があります。 観光地は旧市街地区、居住はそれ以外のハイデルベルク市内 ハイデルベルクの有名な観光地は旧市街(アルトシュタット/altstadt)ですが、居住地には向いていません。 旧市街内では自転車走行、一般車両の進入禁止等があるため基本は徒歩移動です。旧市街区内またはその周辺には語学学校が多くあります。 住むのであれば、旧市街エリア近くのノイエンハイム(neuenheim)、ヴェストシュタット(weststadt)、 キルヒハイム(kirchheim)あたりがアクセスしやすく、静かで治安もよいです。 また、ハイデルベルグ郊外からに滞在する学生も多くいます。ハイデルベルグは大きな街ではないので、郊外からでも十分通学圏内です。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら   ハイデルベルクの公共交通機関情報 ハイデルベルクに限らず、ドイツでは電車以外のバス、トラム(路面電車)が発達しています。自転車を買うにも本格的な自転車が多く値段も張ります。私は自転車・自動車を所持していませんでしたが、公共交通が発展しているため生活は成り立っていました。市内であればトラム網が発展しており、1.7ユーロ(約200円)ほどで乗れます。その他の少し離れた街に行くのであれば、電車の使用となります。ハイデルベルクのメイン駅はハイデルベルク中央駅(heidelberg hauptbahnhof)になり、近郊の大きい街となるとマンハイム(manheim、電車で所要時間約15分)になります。 ドイツ・ハイデルベルクの市内・周辺の雰囲気 旧市街(altstadt/アルトシュタット) アルトシュタット(altstadt/旧市街)はいわゆる観光地です。中央駅からトラム・バスで15分ほどで旧市街の入り口に到着できます。観光地のため、旧市街区への車・自転車の乗り入れは禁止されているため、外周に駐車し 内部は徒歩で移動することになります。学生街だけあって治安は良く、パン屋やカフェ、ファストファッションのショップ等ショッピングも一通り楽しめるようになっていますが基本的に小規模店舗となります。スーパーも小規模のものが3件ほどあるだけなので、住むにはおすすめしません。周辺にはハイデルベルク城、ハイデルベルク大学、哲学の道などがあり、休日などに散歩やのんびり過ごすのに向いています。 新市街(neuenheimer,kirchheim/ノイエンハイム、キルヒハイム) 旧市街周辺にある新市街です。アパートメントやスーパーなどもそろっており、治安もよく住むのに向いています。旧市街にある語学学校へ通うのであれば、新市街周辺に住むと徒歩で通うこともできるためおすすめです。 マンハイム(manheim) ハイデルベルクから電車で15分ほどの地方都市です。ハイデルベルクよりも大きな都市になるため、ショッピングをしたい場合はマンハイムまで足を延ばすことをおすすめします。少し大きい街のため、ハイデルベルクと比べると治安が悪くなります。日中は問題なく過ごせますが、夜間のマンハイム駅周辺など繁華街・ショッピング街での女性の一人歩きは避けましょう。また、移民が多く住んでいる街です。裏路地に移民街があり、危ないのでそこは日中でも通っては行けません。 ドイツ・ハイデルベルクで日用品を買うなら スーパー・食材を買うのに便利な商店街の場所と様子 中央駅からトラムが止まる広場であるビスマルクプラッツ周辺にスーパーやマクドナルド、飲食店が面しています。スーパーであればRewe(レヴェ)というドイツ国内で多数あるチェーン店のスーパーマーケットです。駅前周辺ですが店舗規模も中程度なので、語学学校帰りにさっと立ち寄ることができます。 日本食材が買える場所は? 上記のRewe(レヴェ)と同じ建物内にアジアンショップがあり、日本食材が手に入ります。個人マーケットとなるので管理が甘い印象があります。購入の際には賞味期限に気を付けましょう。あきたこまちなど日本のお米、のり、みそ、調味料が手に入りますが、かなり高価です。醤油であれば現地のアジア系調味料メーカーが出している安価なものがあります。 日用品・電化製品を買うのに便利な場所と様子 ビスマルクプラッツに面して、1階にdm(ディーエム)というドラッグショップ、Satum(ザターン)という家電ショップが入った建物があります。看板が外に出ているため、すぐに見つかるでしょう。両方ともドイツ国内で多数あるチェーン店になりますので、ほかの街に行っても頻繁に見かけます。Dmは日本のドラッグストアと同じようなつくりのため、薬から日用品、食料品も手に入ります。 ドイツのテイクアウトコーヒー ヨーロッパといえばコーヒー、紅茶といったカフェのイメージがあると思います。ドイツ国内のテイクアウトコーヒーのお店で”Tibo(チボ)”というチェーン店があります。もちろんスタバもありますが、こちらの方が安価でおいしいとドイツ人はこちらの方を好んで購入することが多いです。店舗はテイクアウトがメインなので席はありませんが、街歩きのおともにおすすめです。 まとめ ハイデルベルクは地方の小さい観光都市になります。特に観光地となる旧市街は、景観の問題もあり小規模店舗がほとんどです。日用品、食材をそろえるのであれば、旧市街の入り口にあるビスマルクプラッツという広場に面しているスーパー、ドラッグストア、家電用品店で事は足りるでしょう。ハイデルベルク城や哲学の道など観光地も近くにあり、のんびりとした地方都市生活を送るのであればおすすめの街です。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓  

ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう

ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう

ワーキングホリデービザはドイツ・ベルリンで就労しながら3か月~1年間の滞在が可能としています。申請できる人は、日本国籍を有し、申請時に18歳以上31歳に達していなければ誰でも申請ができます。ここではドイツワーキングホリデービザを取得するための申請方法について、必要な書類や要件なども含めて紹介していきます。 ドイツ・ベルリンでのワーキングホリデービザ申請の大まかな流れを知ろう ドイツのワーキングホリデービザは必要な書類を準備して、ドイツの大使館・領事館で申請すれば入手することができます。特に1年間でのビザ発行の人数制限などはありません。申請は直接大使館・領事館を訪問して行います。受け取りに関して遠方にお住まいの場合は、ドイツ大使館で申請の場合はレターパックの持参、ドイツ領事館申請時は着払いで受け取りが可能です。また、日本人の場合はビザなしでドイツに入国してから、管轄当局(外国人局)で申請も可能です。 出発日三か月前から申請が可能 申請方法と必要書類は? ドイツワーキングホリデービザで必要な書類 1記入済みのWeb版申請書1部、長期ビザ申請書1部 2パスポート用写真(35mm×45mm) 3日本国パスポート(ビザの有効期限が切れた後3か月以上の有効期限が残っているもの)とそのコピー 4往復航空券予約の証明書 5滞在期間中有効な旅行者用保険及び旅行賠償責任保険 6生活費支払い能力の証明(1年滞在する場合は2000ユーロ以上の資金が入っている預金通帳及び通帳のコピー、または金融機関発行の残高証明書) ※ドイツのワーキングホリデービザの申請方法に変更などが生じる場合があります。申請前には必ず、ドイツ大使館のHPで最新の情報を確認してください。 ビザ申請時の注意点 日本でワーキングホリデービザを申請する場合、お住いの住所によって申請先が異なります。東日本(新潟、長野、静岡以東)はドイツ大使館へ、西日本(富山、岐阜、愛知以西)はドイツ総領事館になります。 遠方の場合はビザが下り次第宅急便で返送されます 私の場合は、大阪にあるドイツ領事館管轄の県に住んでいるため、ビザが下りた後の入手は宅急便としました。特に事前に発送した連絡もありませんので、待っていれば到着します。 ドイツのワーホリビザはベルリン渡航前の申請がおすすめ 先にも述べましたが、日本人の場合はドイツに渡航してからの申請も可能です。しかし慣れない環境の上日本語も通じない場所での申請になります。さらにドイツでのビザ申請は外国人局というドイツの役所で行いますが、対応が日本の役所のように親切ではありません。対応も担当した役所の人にかなり左右されるため、何が正解かが人によって異なることがままあります。安心して手続きをしたい方は、日本でビザを入手してからドイツへ渡ることをおすすめします。 ベルリンの住居本当に早くなくなってしまいます。日本からも契約できますので、渡航の3ヶ月前から探し手配をした方が良いです。 どうしても現地でビザを申請したい時は・・・ 現地でビザを申請する場合は、ドイツ語が流ちょうに話せる人または現地の友人など、申請先の人と円滑にコミュニケーションが取れる人を同行者にしていきましょう。申請時のトラブルを避けることができます。もし知り合いがいなくても日本人スタッフがいる語学学校の場合、同行してくれるサービスも提供していることがあります。必ずしも提供されるサービスではないため、語学学校に申し込みをする場合は問い合わせをしてみてもよいでしょう。 ドイツ・ワーキングホリデービザの期限 ドイツのワーキングホリデービザの期限は1年です。ビザ終了日には現地を出国しましょう。また、ワーキングホリデービザは1度しか申請できないビザです。更新はありません。 ドイツのビザの種類 ドイツに旅行以外で長期滞在するためにはほかに、就労ビザまたは学生ビザがあります。取得するためには就労ビザであれば就労先が必要になります。学生ビザの場合は通っている学校が必要になります。語学学校に通う場合でも、学生ビザを申請することができますがアルバイトは禁止されているので注意が必要です。なお語学学校の学生ビザの期間も厳格ではありませんがだいたい半年~1年ほどの滞在許可になります。 ベルリンに長く滞在するための方法 ワーキングホリデービザは1年間が滞在許可の最大日数です。それよりも滞在したい場合は、ほかのビザへの切り替えが必要となってきます。まずは学生ビザを取得する場合です。初めに語学学校に通って、現地で語学学校の学生ビザを取得し、その後ワーキングホリデービザに切り替える方法です。これであれば1年半~2年ほど滞在ができるでしょう。またはドイツの大学に進学する前の大学準備ビザに切り替えるとこちらも1年ぐらいの許可が下ります。その後大学に進学すれば大学生の学生ビザを手に入れることができます。 次に就労ビザへの切り替えです。難易度が低い方法としては、ワーキングホリデービザで滞在中にアルバイトをはじめ、その後就労ビザに切り替えていきます。アルバイト先によって就労ビザが下りるように支援してくれるところか注意しましょう。難易度が高いのはドイツの就職先を見つける方法です。こちらは内定が取れ次第、就労ビザの申請を行っていくことになります。就労ビザは就職先にいる限り申請ができるので、期間の上限はありません。5年以上企業に勤め、納税をしていれば永住権を手に入れることができるため、一つの区切りとして永住権を目指してはどうでしょうか。 まとめ ドイツのワーキングホリデービザは事前に日本で取ることも、ベルリン渡航後現地で取ること両方可能です。日本で申請する場合は、特に難しいポイントもないため、必要書類を集めて申請してください。現地で取る場合は、対応が日本のように甘くないドイツの役所窓口で行うことになるので、精神的にもなかなか厳しいものになります。しかしビザを切り替えさらに滞在を望む場合、いつかは現地で窓口に行かなくてはいけません。練習と思い挑戦するのもいいでしょう。また、ビザ取得に必要な書類や要件はよく変わるため、申請前には必ずドイツ大使館のホームページを確認してください。 ドイツ・ベルリンのおすすめ賃貸物件 ベルリン Mitte / 月730 EUR DE-BERLIN-0326 ベルリン 7. Schöneberg/月990 EURDE-BERLIN-0349 ドイツ・ベルリンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓    

ドイツのケルンで語学留学を成功させる方法

ドイツで語学留学を成功させる方法

私は、2年と半年の間、ドイツのケルンに語学留学の為に滞在しました。 語学学校の選び方、探し方のコツ、留学までの効率の良いステップ、費用面など、語学留学を成功させるために大切なことをお伝えいたします。 私はケルンに留学しましたが、他の都市でも語学留学の考え方は同じだと思いますので、参考にして頂ければと思います。 語学学校の選び方 はじめに、留学する都市としてはベルリンやミュンヘンが人気ですが、なぜ私があえて小都市のケルンを選んだのかを、お伝えいたします。 ケルンは、ドイツの西に位置し、国内では4番目の大きさの都市です。都市の大きさの割に、比較的落ち着いた静かな街です。この都市に選んだ最大の決め手になったのは、日本人の少なさでした。大都市ベルリンなどには日本人留学生も多く、日本人との交流は少なからずあると思います。その際にドイツ語を用いずとも英語や日本語だけで生活できてしまいのではないかと思いました。ケルンは近くに日本人が多く住むデュッセルドルフなどがあり、ケルン自体には日本人は多くいません。実際、ドイツ人との交流がメインで、1か月ほどで日常会話が喋れるようになりました。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   ケルンの語学学校・大学の実際の体験談 ドイツ語学学校 ドイツ(ケルン) 語学学校:カール デュイスベルク センター/Carl Duisburg Centern ドイツ大学留学 ドイツ留学体験談:ケルン大学 / Universität zu Köln ドイツ大学留学 ドイツ留学体験談:ケルン音楽大学/ Hochschule für Musik Köln   どれくらいの期間で語学力の向上を実感できるか 私は、ドイツ語を全く喋ることも書くこともできないスタートでしたので、効果はすぐ感じました。真面目に勉強していれば日常会話レベルであれば1か月ほどで喋ることができると思います。しかし、それ以上に行くためには壁のようなものがあり、それを乗り越えるのに1年ほど要したと思います。 皆さんインターネットで検索されると思いますが、その際に例えば「ケルン 語学学校」と日本語で検索してしまうと、どうしても日本人が多い語学学校が表示されます。そうではなく、できれば英語やドイツ語で「köln language school」などと検索すると、比較的日本人が少ない語学学校を調べることができると思います。ケルンでは、どの学校も日本人は少ないので、やはりおすすめです。 語学学習のコツはこちら ドイツ語学学校 ドイツ語学留学:日本食レストランでの仕事は語学の向上におすすめ! 語学留学までのステップ 日本国内にいるときは、ビザ申請に向けた準備を基本的にしていました。私の時は、「経費負担誓約書」というものを用意しなければいけませんでしたが、今では廃止になっているようです。しかし、ビザ申請の準備はドイツに渡航後ぬに焦らないように、渡航3か月前までに情報をしっかり把握しておくとよいです。そのほかには、金銭面で困らぬよう、アルバイトや向こうで使えるカードなどを準備していました。 6か月前:ドイツ留学を決心する。都市選びと語学学校の種類を確認する。 3か月前:留学先を決定する。滞在先を探し始める。ビザに必要なものをそろえ始める。 1か月前:渡航の準備をする。滞在先への連絡と留学に関わる金銭面の確認。 渡航前に行っておいた方が良かったこと ビザ(長期滞在許可書)申請に必要な書類をそろえておくことです。必要な書類に関しては、ドイツ大使館のHPに記載してありますので、確認しておきましょう。一つでも書類が不足していると、申請は通りません。また、渡航後の話ですが、申請する場所は、滞在する地区によって異なります。私は、市のやや南に住んでいたため、Bezirksrathaus Rodenkirchenと言う区役所で行いました。時間は基本的に午前中に短い時間しか開いておらず、また、混むことがあるので、朝一番を狙いましょう。特に問題がなければ30分程度で、許可証がもらえます。 これとは別に、住民登録もしなければいけません。住民登録の場所は、中央の区役所でできます。これには予約が必須なので、インターネット上から予約して行います。 ドイツのビザの記事 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンで語学留学のビザ・滞在許可証を一発でとる方法 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう ドイツでの滞在先の確保 なお、アパートやシェアを希望の方は3ヶ月前には探し始めましょう。ケルンも最近は人気が出てきているのか、決まっている物件が多く本当に大変と聞きます。 関連リンク ドイツ:ケルンの賃貸アパート・ルームシェア物件・お部屋 渡航後に行うことになること 向こうでの銀行口座の開設をみなさんほとんど行うことになると思います。deutsche post bankは審査が厳しいです。大学留学などしっかりとした書類があれば問題はないと思います。しかし、語学留学だった私は、審査が通りませんでした。そこで、Sparkasseという銀行で口座を開設しました。Sparkasseは審査があまり厳しくありません。しかし、ドイツ内にどこでも存在する大手銀行の一つです。そのためATMなども比較的町中に多く存在するので、生活するうえでは非常に便利でした。 ドイツ生活の知恵 ドイツのケルンでの生活のコツ:生活費・携帯電話・インターネット・保険・銀行について 語学留学に掛かった主な費用 ケルンでは、家賃を含めて月々1000€ぐらいで生活することを想定していました。その当時では日本円で13万円ぐらいだったと思います。実際には、家賃は、ルームシェアやホストファミリーにお世話になっていたときは、300€、その他食費などは、300€で、合計が600€で不自由なく生活できたと思います。貯金は150万円程度あれば、1年間滞在する分には問題ないと思います、 語学留学をするにあたり注意すべきこと ケルンでもそうですが、他の都市でも、留学において大切なことは、電車の乗り方や、バスの乗り方などしっかり把握することです。ケルンでは打刻機にチケットを通さないといけいないのですが、それを忘れてしまうと、schwarzfahrenといって、無賃乗車扱いになることがあるので注意が必要です。バスでは、わからない場合は運転手にしっかり聞きましょう。 渡航前に想定していたことと異なっていた点 特にありませんでした。郷に入っては郷に従えという精神が大切だと思います。 住居を探すタイミング、業者を通して探すメリット 渡航前に必ず押さえておく方が良いと思います。しばらくホテルに滞在して探す方法もありますが、見つからなかった場合費用がかさんでしまうので、おすすめできません。物件は決まるのが本当に早いので業者さんに自分の予算と条件を早めに伝えておいた方がよいです。 ユーロエステートが選ばれる理由!! アパートを見つける8つの方法 他にこちらもご活用ください。 ヨーロッパでのアパート探しに役立つ情報をメルマガにまとめました。 知らないと損をしてしまうので、渡航予定のある方は、必ず読んでいただきたいと思います。 現地で収入なし+現地の保証人なし..それでも外国人大家さんから選ばれる方法とは? アパートを見つける8つの方法(メルマガ) 新着物件アラート 物件をお探しの方は、物件アラートをぜひご活用ください。多くの好条件の物件がございます。 6か月先の物件もお送りしていますので、是非ご登録ください。 ヨーロッパの物件探しは、いかに早く、好条件の物件を知ることができるかにかかっています! 新着物件アラート ドイツのビザの記事 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンで語学留学のビザ・滞在許可証を一発でとる方法 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   …

ドイツ語学留学:日本食レストランでの仕事は語学の向上におすすめ!

ドイツ語学留学:日本食レストランでの仕事は語学の向上におすすめ!

留学に行く前から、現地の人々と関わる手段を考えていて、スポーツなどをしない私が行き着いた答えがアルバイトの挑戦でした。日本でも少し飲食店でのアルバイト経験があったので生かせるのではないかと思い、ドイツ語がある程度できるようになってから挑戦しました。 ミュンヘン語学留学中の仕事について 語学学校の授業が終わった後、夕方からのディナータイムに約4ヶ月程働いていました。授業はいつも遅い日でも夕方には終わっており、夜は空いていることが多かったので、その空いた時間をアルバイトに当てていました。語学留学のビザを取っていたため就労の時間には限りがあり、週に数回という頻度でした。 日本食レストランでの経験は語学学習に活かせる 普段、語学学校ではドイツ語を学びにくるドイツ以外の海外の友達たちと話すことばかりで、現地のドイツ人はホストファミリーや店員さんぐらいでした。しかしアルバイトを通じて、多くのドイツ人の方と関わることができたのがとても楽しかったです。最初は注文を取るのに必死で、世間話をする余裕はありませんでしたが、だんだんと色々な話ができるようになり、スピーキング力の向上に繋がりました。特に、自分の国のことや文化、日本食について話す機会が多かったため、そのテーマに関してはかなり話せるようになりました。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   リスニング力の向上にも繋がる 前述のスピーキング力に加えて、リスニング力の向上にも繋がります。癖のある発音や電話での会話などは、クラスの授業で扱われるリスニング教材にはなかなかないものなので貴重だったと言えます。また、会計時のお金の計算や注文時の個数などを通じて、ドイツ語の数に強くなりました。検定試験などで必ずと言ってもいいほど出題される「数」は語学学習者にとって難しいですが、何度も聞き、話すことでしっかり聞き取れるようになりました。 ミュンヘン語学留学で日本食レストランの仕事を応募するにあたり必要なこと なんと言ってもドイツ語力です。私は当時、B1クラスが半ば過ぎた頃に応募しましたが、最低でもB2は必要だということで渋られました。そのレストランに来られる客層のほとんどがドイツ人であったので、メニュー説明や電話対応など幅広くドイツ語を使うためだからだと思われます。私は日本においてレストランでの仕事経験があったことから、裏方の雑用始まりで受け入れてもらえました。 今までに飲食店での経験は必要か?語学はどの程度必要か? 日本において飲食業を経験しておくべきだと思います。ドイツ語で仕事をすることは大変難しく、そんな中一から接客を学ぶ暇はないと思うからです。語学は違っても仕事はほとんど同じなので、日本で経験しておけば語学のみに集中できると思います。面接の際も、経験の有無は聞かれました。語学力は、特にスピーキング力とリスニング力が必要です。相手の注文や要望をきちんと理解し、メニューなどもしっかり説明できなければならないからです。メニューの単語や接客する際の言い回しは、B2程度のレベルならばすぐに覚えられると思います。 ミュンヘンでの仕事 ミュンヘンの人々は優しく気前がいい人が多い印象でした。こちらがミスをしても、嫌な顔をせず「問題ない」と言ってくれたり、行き届いたサービスができればチップをたくさんくれるので、個人的に日本よりも働きやすいと感じました。しかし方言がきついので、言葉が難しいのは難点です。 ミュンヘン語学留学 日本食レストランでの仕事の様子、仕事の日常の説明 日本でのアルバイトと仕事内容はほとんど同じです。初めは語学力不足から皿洗いなどの雑用をしていましたが、だんだんとホールでの仕事が増え、1ヶ月も経たないうちに食事配膳などお客さんの対応が中心の仕事をしていました。日本食を知らない方々が来られる時もあったので、メニューの説明をすることが多かったです。また、お持ち帰りの注文や席の予約を電話で伺うこともありました。慣れてきた頃には、配膳の合間にお客さんと世間話など話すこともありました。 想定していたことと異なっていた点 日本食レストランなので、日本人のお客さんが多いと思っていましたが、私が働いていたお店は客層のほとんどがドイツ人だったことです。その方が、私にとっては都合が良かったですが、とても意外でした。また、日本食に限ったことではないかもしれませんが、かなりの人手不足だった点です。私が働いていたお店以外の日本食レストランも人手が足りていなかったようで、私はよく予定していなかった日に働くことがありました。 語学留学での仕事探しの注意点 語学留学の中での仕事経験のため、語学力が乏しく期間が短いことから、簡単には見つからないかもしれません。私の場合は、店長がとても良い方だったこととお店の人手不足が重なり、運よく受け入れてもらえました。しかし日本食レストランはミュンヘンにはたくさんあるので、1件目が駄目でもチャンスはたくさんあると思います。また、ディナータイムに働くと拘束時間が夜遅くまでになることがあります。あくまで留学目的は語学学習なので、次の日の授業や宿題などに支障をきたすことがないようにしないといけません。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツで語学留学のビザ・滞在許可証を一発でとる方法

ドイツ・ベルリンで語学留学のビザ・滞在許可証を一発でとる方法

ドイツ・ベルリンの語学留学ビザの取得 語学留学を目的にビザを取得することは、それほど難しいものではありません。ただ、私は、はじめどこで申請したらいいのかわかりませんでした。とりあえず、中心の外人局で申請しようと思ったのですが、3時間待った挙句、場所が違うと一蹴されました。自分の住んでいる地区に対応する区役所で申請しなければいけないのですが、ベルリン市の公式ホームページにそれが記載されているので、確認しましょう。 ビザの取得に関する問題点はその程度で、正しい手順で行えば30分程度で終わります。 ドイツ・ベルリンの語学留学ビザの取得までのステップと予約方法 ビザを取得するには、まず日本国内で必要書類をそろえます。必要な書類は、ドイツ大使館のホームページに記載されているので確認しましょう。書類に関しては、できるだけ早くそろえることができればいいと思います。最低でも渡航1か月前までには、完璧にしておきましょう。そして、渡航後、まず生活に慣れたら、1週間をめどに必要な書類をもって自分が滞在している区の区役所に行きます。外人局は基本的に午前中しか開いていいない為、朝一番を狙うのが一番早く終えるコツだと思います。 基本的には予約サービスはありません。なので、上記にすでに記載しましたが、一番乗りを狙いましょう。というのも、様々な国の留学生などが申請に訪れます。その人らの審査基準は国によって異なるため、審査時間が変動します。つまり、基本的には待ち時間が長くなります。 ワーキングホリデービザの記事はこちら ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう ドイツ・ベルリン語学留学ビザの取得に必要な書類について 必要な書類は、ドイツ大使館に記載されています。その中でも大切なのは、口座の残高証明書と語学学校の入学許可証が一番大切です。 口座残高証明書は日本国の自分の銀行に英文で申請します。 語学学校の入学証明書は、渡航後、予定の語学学校に申請します。語学学校は慣れているので、すぐに受理できます。あらかじめメールで頼んでおくと尚スムーズです。 ビザの申請にあたり、注意した方が良い書類・こと 基本的には、必要書類以外を請求されることはありません。私自身、追加書類の提出は求められませんでした。しかし、大切なのは、すべての書類を英文もしくはドイツ語で記載されているかきちんと確認することだと思います。 ビザ取得の連絡 語学学校を目的にした長期滞在許可証は即日受理できます。パースポートに貼り付けてもらえます。 渡航後にすぐにした方が良いこと 繰り返しになりますが、ドイツでは、渡航後に滞在許可書を申請します。それには、自分が滞在するベルリンの地区の区役所に出向かなければいけません。自分の滞在場所に対応する地区は決まっています。市のホームページで確認します。 すごく難しいように聞こえるかもしれませんが、実はシンプルで簡単なので、ドイツ語ができなくても心配しなくて大丈夫です。 その時の様子や行ったこと、注意した方が良いこと 申請は個室の部屋で行います。ある程度の待ち時間は想定しておくとよいでしょう。順番の並び方は、自分のパスポートを担当者に出すことで受け付け完了となります。場所によってはアルファベット順で申請する部屋が異なります。担当者は自分の部屋で常にだれかを相手に申請作業を行っていますが、パスポートを出さないと、順番を抜かれていくので、勇気をもって部屋のドアを開けてパスポートを提出してください。 ベルリンの家賃相場も調べておきましょう なお、ベルリンの物件探しについては色んな方から聞いているかもしれませんが、想像を超えるスピードで物件がなくなります。 ビザ以上に困難なので、もうこれは他の人よりも早めに探すしかありません。3-6ヶ月前から探したほうが良いです。 ドイツ:ベルリンの賃貸アパート・ルームシェア物件・お部屋 ベルリンの都市情報はこちら ドイツ都市の地区・治安 ドイツ都市:ベルリンはこんなところ (地区・治安) 語学留学のビザの期限 基本的には90日を期限としています。更新する場合は、申請した時と同じようにします。ビザの期限が切れるまでに行っておきましょう ドイツの他のビザで知っておいたほうが良いビザの種類 ビザではないですが、住民登録ということをしなければいけません。住民登録(Anmeldung)は住む場所が決まったら早めに行いましょう。住む場所が変わるたびに行わないといけません。また、留学終了後に登録解除(Abmeldung)をすることを忘れないようにしましょう。 まとめ 今回はビザ(滞在許可証)の申請について書きました。難しいようですが、きちんと書類をそろえて、正しい手順で行えば、早く簡単に終わります。 あとは、少しの勇気をもって申請に挑んでみてください。 ベルリンの学校の体験談 ドイツ語学学校 ドイツ(ベルリン) 語学学校:市民学校/Volkshochschule ドイツ語学学校 ドイツ (ベルリン) 語学学校:ハートナックシューレ/Hartnackschule ドイツ語学学校 ドイツ (ベルリン) 語学学校:カール・デュイスベルク・センター / Carl Duisberg Centrum ドイツ・ベルリンのおすすめ賃貸物件 ベルリン Mitte / 月730 EUR DE-BERLIN-0326 ベルリン 7. Schöneberg/月990 EURDE-BERLIN-0349 ドイツ・ベルリンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓      

ドイツ・ミュンヘン:商店街と地区紹介、治安も悪くなく住みやすい都市

ドイツ・ミュンヘン:商店街と地区紹介、治安も良く住みやすい都市

私が留学先をミュンヘンに選んだのは、ミュンヘンは日本でいうところの大阪のような街だ、とどこかで聞いたことがあったからです。実際、現地の人々は優しく、陽気な人が多い印象で、住みやすい都市だと個人的に思っています。具体的にどのような街なのかを紹介していきます。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   ドイツ:ミュンヘンの地区概要 ドイツ南部のバイエルン州に位置している、ヨーロッパの中でも有名な観光都市で、オクトーバーフェストが開催される都市としても有名です。昔ながらの建物や宮殿が街中にあり、ドイツの中でも上位にあるミュンヘン大学もあります。寛容な地域であることから、移民が比較的多く住んでおり、現地ドイツ人、学生、そして移民と様々な人々が住んでいます。 日本人は多く住んでいる地区はどこか?それぞれの地区はどのような方におすすめか? ミュンヘンにおいて日本人が多く住む地区はあまり聞いたことがありません。現地に住む日本人の方を見かけることも少なかったので、点在していると思います。 便利な場所・不便な場所はどの地域か?ミュンヘンの 交通機関、所要時間について 便利なのは後述の中央駅やマリエン広場など、中心地です。交通の便もよく、様々な店があるので何でも買うことができます。不便なのは、それぞれの線路の終着地だと思います。ドイツには各駅停車の列車しかないため、中心地から離れた場所に住むと大変な所要時間がかかります。私が利用していた線の終着駅から中央駅は大体50分ほどかかったと思います。 また、ミュンヘンのどのあたりに住居が多いか、家賃相場などは、早めに把握しておきましょう。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら     ミュンヘンの各地区の治安と主な駅について 私が留学中よく利用していた駅とその周辺について紹介します。 ハウプトバーンホーフ(Hauptbahnhof)の治安と周りの様子 ミュンヘンの中央駅で、電車・地下鉄の乗り換え場所であり、ICEの停車駅でもあるので、乗り換えの現地の人々に加え常に多くの旅行客が駅にいます。ミュンヘンの陸路の玄関口と言え、私が留学した時はちょうど難民が押し寄せた年なので、多くの難民の行列をこの駅で見てきました。危ない目に遭ったことはありませんが、1日を通して大勢の人が行き来するので、荷物には常に注意すべきだと思います。後述のマリエン広場やオクトーバーフェストが開催されるテレージエンヴィーゼ(Theresienwiese)駅にとても近いので、便利な駅です。 フュルステンフェルトブルック(Fürstenfeldbruck)の治安と周りの様子 私が留学中に住んでいた地区です。ハウプトバーンホーフから電車で30〜40分かかるところにあり、この地域に住むほとんどの人が現地の人です。スーパーの他にも、レストランや図書館があるので、休みの日など空いた時間がある日に中心地へ行かずとも、近所で楽しむことができます。私が留学した年はちょうど難民が多く押し寄せた年だったので、当時この地域には多くの難民が住んでいたようですが現在はわかりません。 ミュンヘンの主な商店街・買い物スポットは? すでに記載した、カールスプラッツからマリエン広場の通りはもちろんですが、私が個人的に好きだったのはセンドリンガートア(Sendlinger Tor)駅周辺の通りです。可愛い雑貨屋さんや服屋、カフェが立ち並んでいました。マリエン広場からも歩ける距離なので、時間がある日はセンドリンガートアで降りて、マリエン広場の方へ向かって買い物をしていました。 スーパー・食材を買うのに便利な場所と様子 スーパーは至る所にあるので困らないと思います。値段もどこも同じくらいです。ソーセージやチーズ、蜂蜜などの専門店はマリエン広場の近くで立ち並んでいます。お土産にもぴったりです。 日本食材が買える場所は? 私が時々買いに行っていたのは「美門(Mikado)」という大きな日本食材店です。ここはマリエン広場からも歩けますが、私はハウプトバーンホーフから3〜4分のイザトア(Isator)駅で降りて通っていました。食材だけでなく、調味料やお菓子、飲み物など、とてもたくさん種類が豊富で、最初に行った時はあまりの充実さに感動しました。習字道具など雑貨もあるほどです。もちろん値段は安くはありませんが、日本食は恋しくなった時はオススメです。サーモンのお寿司は現地のスーパーによく売られています。 日用品・電化製品を買うのに便利な場所と様子 大きなショッピングモールには大きな家電量販店が入っているので、近所のショッピングモールを探せば良いと思います。マリエン広場にも大きな家電量販店やその他薬局、雑貨屋さんがたくさんあります。私はよく家電量販店でドイツ語のDVDを買っていました。 その他に行くと良いところ・おすすめ オデオンスプラッツ(Odeonsplatz)駅周辺には古くからあるカフェや一番古い公園として知られるホーフガルテン(Hofgareten)、その側にはレジデンツがあり休日の散歩にぴったりです。オデオンスプラッツからもマリエン広場まで歩けるので、買い物もできます。オクトバーフェストの時期にはテレージエンヴィーゼに行ってください。ビールだけでなく、アトラクションや伝統衣装を来た人々も楽しむことができます。 まとめ ミュンヘンには多くの歴史的建造物だけでなく、買い物にも困らない程お店がたくさんあります。上記で挙げた以外にも訪れるべき場所はたくさんあるので、ミュンヘンに住む際はぜひ色々なところへ出かけてほしいです。治安に関しては、私が留学した頃は比較的良かったですが、現在と情勢は異なるので安心しすぎず、海外であることを忘れずに過ごしてください。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツの音楽留学:海外の先生を見つける方法!

ドイツ・ベルリンの音楽留学:海外の先生を見つける方法!

ドイツ・ベルリンに大学や個人レッスンなどで音楽留学をしようといざ心に決めても、師事できる先生がいなければ、勉強することはできません。住処を決めるのと同じくらい、またはそれ以上に大切なことです。ここでは、講習会参加など、具体的にどのように先生探しをしたら良いかと言うことを明らかにしていきます。 ドイツ・ベルリンの音楽留学で、先生探しが重要な理由は? ドイツや海外で音楽留学をすると、クラッシック音楽と言うものが生まれ、育ち、発展した国の空気や習慣に触れるという大切な体験をすることができます。しかし、それだけでは自分のテクニックを向上させることができません。自分たちを引き上げ てくれる先生が必要です。しかし、おそらくその国の言語も自由に話せなく、知り合 いもほとんどいない状態で、とりあえずドイツに行くだけ行ってみても、そこで運良く先生に出会えると言う事はあまりないといえます。ですから、ベルリンに音楽留学をする前に、日本で先生探しをしていくことが重要です。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方! 関連記事 ドイツ:音楽留学の種類は4つある!学校を決める際に検討すべきポイント   先生探しで多くの人が困るポイント 先生探しで最も困ること。それは、師事したい先生方が外国の方である場合、日本語が通じないということでしょう。ですから、習いたいと言う気持ちや情熱があっても、なかなかそれを先生に正確に伝えることが難しいといえます。また自分の近くにドイツとつながりのある音楽の先生がいらっしゃれば別です が、そうでない場合は自分でドイツへの道を切り開く必要があります。 関連記事 ドイツ・ベルリンで音楽留学!入学基準・試験内容・先生選びについて。 ドイツ・ベルリンで音楽の先生を探す方法 日本でドイツの音楽の先生探しをすることを強くお勧めしていますが、それにはいくつかの方法があります。その前に先生探しをするにあたって、1つ、気をつけていただきたいことがあります。それは、今現在師事している日本の先生のお気持ちを考えなければいけないということです。もちろん先生方は、自分の教えている生徒さんが、「より多くの勉強をするために留学したい」と思うことを嬉しく思うでしょう。しかしその反面、「そのような実力もないのに生意気だ」とか、少し残念な寂しい気持ちももたれるかもしれません。先生方に相談するときは、細心の注意を払いましょう。 日本の先生からの紹介を受ける まずは、今師事している日本の先生に相談するのが一番最初です。その先生が、ドイツの先生をご存知だったり、または良い講習会をご存知だったりするかもしれません。その場合は、先生のアドバイスに従いましょう。留学するには、いろいろな準備も必要ですから、行きたいと思う遅くとも半年前、できれば 1年前ぐらいに相談するのが良いと思います。そして、先生にそれを伝えるときは、情熱を持ってお話ししましょう。 日本、海外の講習会などへの参加する 講習会に参加する場合は、課題曲や、提出しなければいけない自由曲がある場合があります。また、講習会によっては最初にオーディションがあり、受講生と聴講生に分けられることもあります。提出ギリギリに先生と相談しても、オーディションの曲が出来上がりませんから、なるべく早く相談しましょう。日本 で開講している講習会を選ぶときは、少なくともドイツの先生が講師として招かれているものを選びましょう。しかし、あまり有名な先生が講師として招かれている講習会はあまりオススメできません。その先生には、世界中から教わりたい人たちが集まっているはずですから。日本でも、海外でも講習会に参加し、これ、と思う先生がいたら、直接アプローチをしたら良いと思います。 ドイツのおすすめ賃貸物件 デュッセルドルフ   月690 EUR   2019/08/01から   賃貸アパートDE-REGION-0397 ケルン   月750 EUR   2019/10/01から   賃貸アパートDE-REGION-0223 ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら   海外と日本の違いについて 海外、特にドイツでは曖昧さと言うものはあまり好まれません。日常生活でも、 Ja oder nein(はいかい いえか)と選択を迫られます。師事したい先生がいて、その先生にアプローチをするときは、恥ずかしがらずに先生の目を見てお話ししましょう。「私はあなたのレッスンにとても深い感動を覚えました。私は、あなたの下で勉強するためにドイツに行きたいと思っています。あなたのもとで私が勉強することを許してもらえますか?」などと、はっきり伝えた方が先生たちには良い印象与えます。日本的に曖昧な顔して笑ったりしていると、やる気がないと思われることがあります。 まとめ ベルリンに留学することで、ハクをつけたい、などと思っている場合は、なるべく良い大学に入学するのが良いでしょう。しかし、どこの大学に入ったかではなく、結果的には自分が上手になることが一番大事なのです。それを助けてくれる先生を探し、成長していくことが最も大切なことです。 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツ・ベルリン:ワーキングホリデーに必要な語学力と事前準備、現地での過ごし方をイメージしよう

ドイツ・ベルリン:ワーキングホリデーに必要な語学力と事前準備、現地での過ごし方をイメージしよう

せっかくワーキングホリデーに行くのだから、満足のいく滞在がしたいと考える方が多いと思います。しかし滞在の期間は準備をしていなければあっという間に過ぎてしまいます。ワーキングホリデーで限られた時間を有効に過ごすためにも、渡航前に滞在スタイルのイメージをつかみましょう。今回は渡航前に必要な語学力のレベルや用意すべき費用、仕事・日本食レストラン以外のアルバイトの見つけ方等、ドイツでの生活のイメージをつかむために必要な情報をご紹介します。 ドイツ・ベルリンでワーキングホリデーを楽しむための前準備 渡航前に必要な語学力は?英語は話せるべき?語学学校には通うべき? ドイツは英語を話せる人が多いため、英会話に自信があれば日常生活を送るにあたり特に支障はありません。滞在する街の役所・銀行なども英語の表記が併記されていたり、手続きの際英語で話してくれる人は数多くいます。ただし現地でアルバイトをしたり、将来的に仕事を見つけたいと考えるのであればやはりドイツ語の読み書きは必要です。英語が話せるのであれば渡航前にドイツ語の語学力がなくても問題はありません。 語学学校に3か月ほど通えば初級(A2)レベルは終了できるため、簡単な日常会話がこなせるようになるでしょう。英語に自信がない人は、渡航前に英語またはドイツ語を学習しておくことが望ましいです。なぜなら一番初級のクラスでは、英語を使って文法を説明される場合もあるため、英語または超初級(A1)程度のドイツ語を渡航前に勉強しておくと安心できます。 実際現地の語学学校に行くとわかるのですが、英語もドイツ語もできない状態で来ている日本人も数多くいます。しかし滞在1~2か月ほどは授業の内容もわかりにくく、クラスメイトともコミュニケーションが難しいためかなり苦労することとなります。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   ドイツの語学学校の実際の体験談 ドイツ語学学校 ドイツ(ベルリン) 語学学校:市民学校/Volkshochschule ドイツ語学学校 ドイツ (ベルリン) 語学学校:ハートナックシューレ/Hartnackschule 現地での仕事・アルバイトをするために必要な能力と探し方、働く以外の過ごし方 ワーキングホリデーでの過ごし方はそれぞれです。一度社会人を経験してからリフレッシュの意味を兼ねて渡独している人は、普通の海外旅行では訪問しにくい街や国を訪ねるなどバカンスとして過ごしている人も多くいます。現地で働きたい場合は、アルバイトでよいのかまたは正社員としての仕事を探すのかで必要な能力が大きく変わってきます。アルバイトの場合は特に英語・ドイツ語共に求められない仕事もあり、多くは日本食レストランです。ほかには日系ホテルのアルバイト従業員、お土産ショップの定員等も見受けられます。求人情報は日本語の情報サイトで探すと良いでしょう。 多少ドイツ語・英語ができるようであれば、いわゆる日本の学生アルバイトと同じように仕事が探せます。 大学にアルバイト募集の求人用紙が学食の壁に貼られていたりするので、 見に行くのもいいでしょう。仕事を探す場合には、海外向け転職エージェントを頼るのもいいですが、在ドイツ商工会議所の求人に目を通すのもおすすめです。きちんとした会社員としての求人が寄せられており、私の友人もここで応募し就職していった人が数名います。 必ずしも日本での社会人経験を要求されるものばかりではありませんが、転職者として応募している人が多い印象を受けました。また、仕事で英語・ドイツ語を使用する機会があると考えていた方がよいため、語学レベルとして中上級(B2)ほどの理解力が必要となります。在ドイツ商工会議所:https://www.jihk.de/ja/joboffers なお仕事・アルバイト共に求人が多い地域は、大都市であるミュンヘン・フランクフルト、そのほかに日系企業が多く進出しているデュッセルドルフとなります。 ベルリン:国際的な町ならでは!現地学生と交流をして学生気分で語学力を伸ばす滞在 私の場合は、リフレッシュ目的での滞在がメインとなっていました。アルバイトをしなくても1年は滞在できるだけの金額を貯蓄して渡独しました。主にやっていたことは語学学校に通いつつ、現地のコンバセーションパートナーを探して会話の練習をしていました。特にベルリンは国際的な大都市なので、日本に興味のある学生も多くいます。探し方は、日本語学科のある大学や語学学校などの掲示板に、メモ用紙にコンバセーションパートナーを探している旨と自己紹介、携帯番号を書いておきます。一度会ってみて自分と合いそうな相手と勉強を続けていけばいいでしょう。ただし、勉強相手になりますのでお礼として日本語を教えてあげることが必須となります。その他には週末は近郊都市へ教会やお城を見るために電車で観光に行ったり、スーパー巡りなどをしていました。 ドイツ・ベルリンでのワーキングホリデーの期間はどのように過ごしたらいい?主な滞在タイプの紹介 タイプ1:語学力にイマイチ自信がない…語学学校に通いつつアルバイト 英語・ドイツ語共に語学力に自信はないけれどワーキングホリデーがしたい!そのような滞在者は多くいます。語学学校に通うだけだと確かに3か月ほどすれば飽きてきてしまいます。そこでおすすめなのが語学学校に通いつつアルバイトをこなす方法。これなら滞在中の費用も稼げて、アルバイト先にもよりますがワーキングホリデー終了後もお店が雇ってくれることになれば、労働ビザに切り替えて滞在を延長することもできます。ワーキングホリデービザの利点である就労できる点をフルに生かした滞在方法です。 語学学習のコツはこちら ドイツ語学学校 ドイツ語学留学:日本食レストランでの仕事は語学の向上におすすめ! ドイツ語学学校 ドイツで語学留学を成功させる方法   タイプ2: 日本での生活に疲れちゃって…思いっきりバカンスを楽しみたい!旅行メイン滞在 ワーキングホリデービザですが、働かなくてももちろん大丈夫です。住む家だけ確保できれば、家を拠点にめったに訪れられないヨーロッパの町々を訪問できるのが良いところ。今は旅行サイトも便利で使いやすくなっています。ホテルさえ押さえてしまえば、長距離バスや電車でふらっと近郊旅行を思いっきり味わうこともできます。また遠出をしなくてものんびり近くのカフェにお出かけをした後、お散歩するのもドイツ流な休日の過ごし方です。ドイツ人はお金がかからない過ごし方が大好きなので、近くにある遊歩道や公園、お城を訪れるだけでも バタバタとせわしないパッケージツアーとはまた違ったドイツを味わうことができます。 タイプ3: 本気でドイツで就職したい!…仕事を探しの足掛かりとして滞在 社会人を経験してから来る人で多いのが仕事を探しにやってくるという目的です。美容師・料理人などの手に職系のお仕事の人は語学力に自信がなくても滞在2~3か月ほどで就職先を見つけています。求人も、美容師や料理人の募集は多めといえます。サラリーマンだった人たちにとっては、中上級以上の語学力+社会人経験が必要となってきます。募集もあまり多くないため、長期戦になる覚悟も必要です。よく見かけた例として、渡独当初は語学学校に通い、語学の肩慣らしをしつつ並行して求人募集を探し応募をしていきます。日本の転職活動と同じように転職エージェントを利用するのもおすすめです。会社員としての務め先がなかなか見つからない場合は、まずアルバイトから始めワーキングホリデービザから労働ビザに切り替えを狙います。滞在資格を確保しつつ、就職活動をさらに長期で続けていく人もいます。 ワーキングホリデーを終えたその後は?帰国後の進路について ワーキングホリデー帰国後、滞在の経験を生かし語学を生かした求人を探す人もいますが、全員ではありません。バカンスとして滞在していた場合には、通常の就職と同様に就職活動をしていきます。ほかにも、資格系の仕事に就くために専門学校に入学したり、滞在中の隙間時間を利用して勉強をし、帰国後公務員試験を受験する等も考えられる進路です。ワーキングホリデーをしたからといって、必ずしも生かした進路につかなければいけないわけではありません。そのためには色んな準備が渡航前から必要です。 語学留学・ワーキングホリデーの記事を参考にしてください! ドイツ語学学校 大学を休学してドイツ・ミュンヘンへ語学留学。語学レベルはA2からC1に向上! ドイツ語学学校 ドイツ・ベルリン:ワーキングホリデーに必要な語学力と事前準備、現地での過ごし方をイメージしよう   ドイツ・ベルリン ワーキングホリデー開始までに必要な準備と費用 ドイツ・ベルリンでワーキングホリデーをするためにいくらくらいかかるのか、いくら貯めておくべきか 私の場合は約200万ほど使いました。バカンスもかねて滞在しているため、あまり節制した生活は送っていませんでした。月にかかった必要経費が語学学校…400ユーロ、語学学校学生寮(電気ガス水道wifi込み)…600ユーロほどです。寮ではなく、シェア物件を探すことができればその方が500ユーロほどで可能ですが、競争率がとても高いです。 滞在前にかかる費用は、往復航空チケット…15万円、ワーキングホリデー用海外旅行保険…9万円/年です。個人的には、トラブルや帰国後または滞在を伸ばそうなど柔軟な行動を可能にするために、余裕をもって350万円ほど貯めました。人によっては100万円ほどの貯蓄できており、あとはアルバイトで費用を足していくという方もいました。 一番お金がかかるのが、住居です。ここを何とかすれば、かなり節約できますが、手ごろな条件の良い物件は本当に争奪戦で一瞬で決まってしまいます。日本では信じられないと思うのですが、現地では本当に物件がないのです。3ヶ月前には物件を押さえに行くぐらいの気持ちでないと乗り遅れてしまいます。他の人よりも先に抑えるしか方法はありません。 ドイツ・ベルリンでワーキングホリデーをするにあたり注意すべきこと 注意がお金に行きがちですが、実際滞在するために一番初めに必要なものは住む場所の確保です。ベルリンなど大きな大学がある街では特に、住む場所の確保が難しくなっています。学校が始まる9月ごろには、現地の大学生ですら家を確保するのが難しくしばらく友達の家に身を寄せながら部屋を探すのも珍しくありません。 住居を探すタイミング、業者を通して探すメリット 腰を据えて住む部屋は渡航してから探しましょう。ドイツでのワーキングホリデーなら、シェアハウスの形態であるヴェーゲー(WG)で借りるのをおすすめします。ヴェーゲー(WG)とは、アパートを数名でシェアする形です。日本語ではルームシェア・シェアハウスと言うことが多いです。しかし、家賃の費用は抑えられますが、数が少なく、とても人気があるため、3-6ヶ月前から探すなど、早めに探し始める必要があります。現地の競争率は想像を超えるもので、100件に応募してやっとたどり着いた内覧に行くと、10名の大内覧会だった・・という話は良くあります。その点、業者を通すと優先して手配してもらえるので、楽ですし、確実です。ベルリンではシェアは月500ユーロぐらいになります。 ドイツ・ベルリンのおすすめ賃貸物件 ベルリン Mitte / 月730 EUR DE-BERLIN-0326 ベルリン 7. Schöneberg/月990 EURDE-BERLIN-0349 ドイツ・ベルリンの賃貸物件一覧はこちら   ドイツのビザの記事 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンで語学留学のビザ・滞在許可証を一発でとる方法 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう ベルリンの学校の体験談 ドイツ語学学校 ドイツ(ベルリン) 語学学校:市民学校/Volkshochschule =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツ・ワーキングホリデービザ取得の必要書類・ポイント・注意すること

ドイツ・ワーキングホリデービザ取得の必要書類・ポイント・注意すること

ドイツのワーホリビザは、最長365日ドイツに滞在することができ、働くこともできる万能なビザです。日本で申請する場合、きちんと書類さえ揃えれば、比較的簡単にビザを取得することができます。今回は、日本での申請方法について詳しく書いたので、これからワーホリする方はぜひ参考にしてみてください。 ドイツのワーキングホリデービザ取得は大変?申請してから何日後に取得できる? 日本で申請する場合、ドイツのワーキングホリデービザは比較的簡単に取得することができます。ビザの条件を満たし、必要書類さえきちんと提出すれば、すぐにビザが発給されます。申請してからビザが発給されるまでは、およそ2週間かかるとよく言われています。申請時期にもよると思いますが、私は8月末に申請したところ、3日後にはビザが発給されました。思っていた以上に早かったのを覚えています。イギリスやフランスなど他の国は、ワーキングホリデービザの発給数が決まっていますが、ドイツは制限が無いので、ドイツのワーキングホリデービザはかなりラクに取れるビザだと思います。 ワーキングホリデービザ申請をするタイミングとビザ取得までのステップ ワーキングホリデービザを取得しようとした時には、ほとんどの方がこの時期にドイツに渡航しようと自分の中で決めている人が多いと思います。ビザの申請から発給までに2週間かかるということを見越して、そこから逆算して考えていきます。ワーキングホリデービザは発給されたその日から1年間有効です。そのため、発給してから少し日にちが経ってからの出発だと、ドイツに滞在できる日数が減ることになるので、なるべくギリギリにビザを取得するように行動すると良いと思います。遅くとも出発の2週間前までには、申請しておきましょう。出発間近に焦って申請をすると、ミスがあった場合に渡航する日までに間に合わないなんてことにならないように、余裕を持って準備することが大切です。私は申請する1ヶ月前くらいからビザの準備を始めました。ちなみに、出発の3か月以上前だと申請は受け付けてもらえないので注意が必要です。 次に、ビザ取得までの流れと方法を簡単にご紹介します。ビザを申請するにあたり、まず申請書類を集めます。申請書や写真などはすぐに用意できますが、保険の加入や航空券など時間のかかるものがあるので注意が必要です。また、保険は必ず加入しないといけないので、あらかじめ保険会社を決めておいて加入手続きを完了させておく必要があります。 全ての提出書類が揃ったら、ドイツ大使館かドイツ総領事館にビザの申請をします。ビザ申請にあたっては、大使館サイトのホームページから予約が必要になります。ビザ申請の予約は混み合っていることが多いので、日にちに余裕を持って予約をしてください。なお、ビザを取りに行く際は予約は必要ありません。申請は窓口で行う必要がありますが、受け取り方法は郵送でも行なっています。その場合は、さらに受け取りに時間がかかってしまうので、遠方でない方はなるべく窓口受け取りの方法が良いと思います。 ワーキングホリデービザの取得に必要な申請書類は全部で6つ! ドイツのワーキングホリデービザに必要な書類は、全部で6つあります。 ①記入済みのビザ申請用紙。 これはドイツ大使館webサイトからダウンロードできます。 ②パスポート用写真1枚。35mm×45mmの正面撮影のもの。 ③日本国パスポート(ビザの有効期限が切れた後、なお3ヵ月以上有効期限の残っているパスポートが必要)及びそのコピー1部。 ④往復航空券予約の証明書。 ⑤ドイツでの全滞在期間有効な旅行者用医療保険(歯科の治療にも適用され、女性の場合は妊娠時にも適用される保険に加入していることを証明するものを提示)および旅行賠償責任保険の証明書。 ⑥生活費支払い能力の証明(預金通帳および通帳のコピー、または金融機関発行の残高証明書)。 1年間滞在する場合には最低2,000ユーロの資金があることを証明しなくてはなりません。片道航空券しかない場合は、この2倍の金額を証明する必要があります。以上の6つの提出書類を揃える必要があります。 提出に必要な医療保険の書類は注意すべき! 〜おすすめのドイツ保険会社「Stepin」と「Care Concept」について〜 注意するべき書類はやはり、ドイツでの全滞在期間有効な旅行者用医療保険と旅行賠償責任保険の証明書です。歯科の治療にも適用され、女性の場合は妊娠時にも適用される保険に加入しなければなりません。ドイツの保険会社に加入しなくてはならないので、これが結構大変です。 「Stepin(ステップイン)」という保険会社は、日本語で対応しているので、ドイツ語や英語での手続きが困難な方はステップインが良いと思います。ただ、日本語対応なだけあって保険料は高いです。保険料はできるだけ安く抑えたい方は「Care Concept(ケア コンセプト)」という保険会社がおすすめです。なんと言っても保険料が破格の安さです。保険内容にもよりますが、ステップインの半分くらいの保険料で抑えることができます。ただ、ケアコンセプトは日本語対応をしていないので、ドイツ語か英語を理解できる方でないと難しいです。私は当時学生でお金がなかったので、ケアコンセプトから加入手続きをしました。ただ、ドイツ語初級レベルだと申し込みは大変かと思います。 書類申請以外に必要なことはあるの? ドイツのワーキングホリデービザ取得にあたっては、書類申請以外に必要なことはありません。面接などもありません。きちんと書類を提出するのみです。 日本でワーキングホリデービザを取得した人向け〜渡航後14日以内にすべき住民登録について〜 ドイツに渡航後にまずすべきことは、住民登録です。ドイツは引っ越してから原則14日以内に住民登録をする必要があります。ただ、全員に該当するわけではく、ドイツの同じ都市に3ヶ月以上滞在する場合のみ申請する必要があります。旅行などで14日以上滞在するという場合は、そこに住むわけではないので、住民登録の申請は必要ありません。 原則14日以内と決まりはあるのですが、14日を過ぎてしまうと絶対に受け付けてもらえないということではありません。人によっては14日以内に住民登録の申請書類を集めることが出来なかったりする人もいると思います。役所にもよりますが、1ヶ月くらいは大目に見てくれる場合もあります。私は当時渡独後2週間くらい経ってから住民登録をしたのですが、最初行った時に書類が足りなくて、結局は次の週にもう一度役所へ行くことになりました。ドイツに渡航してすぐに語学学校に通い始めたので、2週間の間に書類を集めるのさえ大変でした。私は3週間ほど経ってから住民登録を申請したので、役所から拒否されるのではないかとヒヤヒヤした経験があるあります。ですので、長期間の滞在先が決まっている場合はなるべく早めに住民登録を行なってください。 ドイツの役所は常に混雑!必要書類を揃え、万全の態勢で役所へ行こう。 住民登録の申請は役所で行うことになります。ドイツの役所は日本の役所とは雰囲気もまるで違います。特に都市の役所はとにかく混んでいます。2時間待ちのときもあります。特に都市は、移民・難民の申請者が多いのに加えて、ワーキングホリデーの人や留学生などの申請者も多いので、朝からいつも混雑しています。役所にもよりますが、平日毎日やっていない役所もありますし、午前中だけの役所も多いです。なので、事前に開館時間を調べておいてから住民登録するときは朝一で行くのがいいと思います。 ドイツのワーキングホリデービザの期限はいつまで?ビザの更新はできるの? ドイツのワーキングホリデービザの滞在可能な期間は3ヵ月以上1年以内で、最長365日です。実際には、ビザの期限はワーキングホリデービザが発給されてから一年間になります。 ワーキングホリデービザの更新・延長はありません。一年間という決まりは絶対です。ただ、他のビザに切り替えることは可能ですので、下記の記事を参照にしてください。 ドイツのビザで他に知っておいたほうが良いビザの種類は? 他の種類への切り替えは簡単にできるの? ドイツでは、ワーキングホリデー以外にもいくつかのビザの種類があります。ワーキングホリデーの方が知っておくべき他の種類のビザは「就労ビザ」、「語学学生ビザ」だと思います。これらのビザの発給は、ワーキングホリデービザの期限が切れる前に現地で申請する必要があります。他の種類のビザの切り替えは可能ですが、かなり大変だと思います。まず、現地での申請なのでドイツ語に堪能でなくてはならないし、就労ビザの場合は仕事先からの書類がたくさんあったりと、申請するのも一苦労です。日本の役所の手続きのように簡単には行かないのが、ドイツの役所です。ワーキングホリデービザから他の種類のビザへの切り替えは、かなり難しいと思っていた方が良いです。 少しでもドイツに長く滞在したい方必見!観光ビザを使う方法〜現地ドイツでワーキングホリデービザを申請しよう〜 ワーキングホリデービザでできるだけドイツに長く滞在したい方は、ドイツでワーキングホリデービザを申請する方法が良いと思います。日本でももちろんビザを発給できますが、2010年6月15日から、世界各国のドイツの大使館・総領事館でビザを申請することができるようになりました。そのため、日本人の場合はビザなしでドイツに入国してから、管轄当局(外国人局)で申請することができます。ビザなしで滞在できるのは90日以内なので、90日手前でワーキングホリデービザの申請をドイツで行えば、合計で1年3ヶ月ドイツに滞在することが可能になります。これがドイツに少しでも長く滞在するオーソドックスな方法です。実際私の周りにもこの方法でドイツに滞在している方がいました。 ただしこの方法には一つ注意が必要で、世界各国のドイツの大使館・総領事館、あるいはドイツ国内の外人局では受け付けていない場合もあります。申請する際には事前に直接各大使館及び外人局に問い合わせることをおすすめします。   ドイツの賃貸アパート・シェア物件はこちら ⇒ドイツのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ベルリンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ミュンヘンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒デュッセルドルフのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ドレスデンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ハンブルクのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ブレーメンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ハノーファーのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ライプツィヒのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ボンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ケルンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒フランクフルトのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒マインツのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ダルムシュタットのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ハイデルベルグのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒シュトゥットガルトのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ニュルンベルグのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒フライブルクのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツでワーキングホリデーを成功させるための基礎知識

ドイツ・ワーキングホリデー:仕事の見つけ方、タイプ別の滞在、帰国後の進路について

今回は、ドイツでワーキングホリデーを成功させるために知っておきたい情報をご紹介します。渡独前に必要な語学力、現地で仕事をする場合の求人内容、日本食レストランの実態、ワーホリの費用、帰国後のアルバイト等についてです。事前に下調べして準備することはとても重要なので、ドイツにワーホリされる方は必見です! ドイツでワーキングホリデーを充実させるために必要な心構えとは ワーキングホリデーは、1年間ドイツに滞在することができ、且つ働くこともできるというとても自由なビザです。1年間ドイツで有意義な生活を送るためにも、事前に下調べして準備することはとても重要です。渡独前もワーホリ中も、常に情報収集のアンテナを張っていつでも動けるようにしておくことで、ワーホリがより充実したものになるはずです。 渡航前はどのくらい語学力が必要?語学学校には通うべき? 渡航前の語学力はドイツ語で挨拶と自己紹介が言える程度でした。私は当時大学でドイツ語を勉強しており、ドイツ語初級レベルの知識は一応知っていたので、ドイツ語で名前・出身・年齢など最低限の自分の事は言えました。数字や季節などの単語は覚えていたので、すごく簡単な文章であれば聞き取りも理解できるレベルでした。私の経験からすると、ドイツ語の初級レベルはひととおり日本で勉強してからこちらに来るべきだと思います。ドイツ語は英語とは違うので、初級レベルのドイツ語の仕組みはある程度理解しておくべきだと思います。簡単な挨拶、自己紹介、曜日や数字は言えるようにしておくと、無知で行くよりもその先の語学力の向上を考えるとある程度は知っておいた方が良いです。 ドイツ語を勉強するためにドイツに来たのなら、絶対に語学学校に通うべきです。目的にもよりますが、ワーキングホリデーで来たからいずれはドイツで働きたいと思ってる人も、最低でも3ヶ月は語学学校に通うべきだと思います。個人差はあると思いますが、語学学校で3ヶ月勉強すれば、初級レベルのドイツ語は話せるようになるはずなので、ドイツで買い物したり旅行したりするのも少しはラクになります。 日本食レストラン以外で働きたい方必見!現地での仕事の探し方 ドイツで仕事を探すには日本語の情報サイトなどで探せます。ドイツではやはり日本食レストランの求人が多いですが、それ以外にも見つける事は出来ます。例えば、ホテルでの有給インターンシップ、ベビーシッター、ワイナリー、経理、事務、日本人学校の教諭、雑貨屋、イベントの手伝いなど様々な職が見つかります。ワーキングホリデーの方でも応募できるものがかなりありました。ただ、日本語サイトでの求人はほとんどがその職場に日本人がいるケースが多いので、ドイツまできて日系が運営してる所で働きたくないという方にはあまりお勧めは出来ません。ドイツ語はそこそこ話せるのでドイツのお店で働きたいと思っている方は、自分がいる街のスーパーやアイス屋さん、パン屋さんなど自分で求人を見つける必要があります。その場合は、直接そのお店が貼り紙を出しているケースが多いので、普段から求人の貼り紙をチェックしておくことが必要です。 ドイツのワーキングホリデーで仕事を見つけた方法 私が当時ワーキングホリデービザでドイツに来ていた時は、日本語の情報サイトの求人から見つけました。日本食レストランの求人が多いですが、私はたまたま、ライン川沿いの観光地にあるワイナリーで、ワーキングホリデーの方を募集する求人広告があったので、すかさずそのワイナリーへ連絡しました。日本食レストラン以外の仕事は、数が少なく人気なので、自分がやりたいと思ったらすぐに連絡をするなど行動することが必要不可欠です。 ワーホリ期間はどのように過ごしたらいい?様々な過ごし方をご紹介します 語学と仕事を両立する場合 ワーキングホリデービザは、ドイツに1年間滞在することが出来るし、働くこともできるというとても万能なビザです。私はワーキングホリデーでドイツに来たからには、何かしらドイツで働きたいと思っていたのですが、そのためには語学力がある程度必要と思っていたので、およそ半年間語学学校に通い、そのあと仕事をしました。語学学校は半年間続けてではなく、まずレーゲンスブルクで5ヶ月間勉強し、一旦休憩しました。その間は旅行しつつ仕事をずっと探していました。仕事が見つかり慣れた所で、語学学校に1ヶ月間通いました。そのあとはビザが切れるまでワイナリーで仕事をしました。1年間をどう過ごすかを自分で自由に決めることが出来るのは、ワーキングホリデーの良いところです。 旅行メインの場合 ワーキングホリデーでドイツに来ているけど、働かずにずっと旅行をしている方もいました。その方は20代後半の女性でした。ドイツでワーキングホリデーがしたくて、でもドイツでワーキングホリデーは30歳までなので、それまで日本で働いてお金を貯めておいて、30代手前で仕事を辞めてドイツに来たと言っていました。その方は、日本でずっと働いていたので、ドイツでは悠々自適にドイツや近隣諸国を旅しているようで、好きな街に巡り合ったらそこに数ヶ月滞在して語学学校に通ったりしていたそうです。ワーキングホリデー期間、働くということに縛られず、旅行をし続けるというのも贅沢な過ごし方だなと思いました。 仕事メインの場合 その方は30歳になるギリギリでワーキングホリデービザを取得し渡独しました。英語が堪能に話せる方だったのですぐに仕事が見つかり、ずっとその職場でワーキングホリデーとして働いていたそうです。その方は30代の女性の方だったのですが、ドイツでワーキングホリデーする前にもアメリカやオーストリアなどでもワーキングホリデーをしており、かなり海外に慣れた方でした。そしてその方は、ワーキングホリデービザが切れる頃に、その職場で正社員になり、ビザを切り替えて現在もドイツで働いています。この方のように、ドイツでたくさん働くのもとても充実していて素敵だなと思いました。 ワーホリを終えたその後は?帰国後の進路について ワーキングホリデーを終えた後、当時私は大学生だったので、復学をしてもとの学生生活に戻りました。日常会話レベルまでドイツ語が話せるようになったので、帰国後はドイツ語を教えるという講師のアルバイトを1年間行いました。英語に比べてドイツ語は勉強する人の割合が少ないので、ドイツ語のレベルが上に到達していなくても、ある程度話せればドイツ語のアルバイトができるので、帰国後もとても貴重なアルバイトをすることができました。帰国後でも語学力を維持することができれば、ドイツ語関連の仕事やアルバイトが出来るので、帰国後もしっかりと勉強をしておく必要があります。帰国後にドイツ語を勉強しないと、どんどん語学力が落ちていってしまうので、意味のあるワーキングホリデーだったと言えるように継続は大切です。 私のように、学生の間にワーキングホリデーをした方は、うまく自分をアプローチすることができれば就職活動でかなり有利になると思います。実際に、ドイツにワーキングホリデーをした友人は日本にあるドイツ企業に就職する人が多かったです。 ドイツへのワーキングホリデーまでのステップと道のり 私の場合、大学1年生の時にドイツ語の授業をし、そこからドイツに興味を持ち始めました。 大学2年生になって留学したいという気持ちが芽生え始め、本格的に動き出したのは2年生の後半からです。1年後に留学をしようと思い、ドイツ留学について調べ始めました。最初はどこかの大学のサマーコースで語学留学しようと思ったのですが、あまりにも期間が短いため、長期でドイツに滞在できる方法を探した結果、ワーキングホリデーで行くのが良いと考え、ワーキングホリデービザ取得の準備に入りました。ワーキングホリデーで行くと決めたのは、渡独する半年前ほどでした。ワーキングホリデービザですが、最初に滞在する都市は渡独する1ヶ月前ほどまで悩みましたが、ミュンヘンのような大都市ではなく、中規模都市のレーゲンスブルクにしました。やはり留学もワーキングホリデーも、余裕を持って1年前から動き始めるのが良いと思います。 ドイツでのワーキングホリデーにかかった費用・渡航前にいくら貯めるべき? 私が渡独する前に貯めたお金は100万円です。日本でアルバイトをいくつも掛け持ちして、約10ヶ月ほどで貯めました。しかし、実際は全然足りませんでした。そのため、ワーキングホリデー中盤からドイツで仕事を探し、働き始めました。ワーキングホリデーに掛かる費用は主にドイツに行く航空券代、語学学校の費用、寮の宿泊費用、保険代、生活費、娯楽費などあっとゆうまに100万円使ってしまいました。せっかくドイツにいるから、色々な観光地で美味しいものを食べたいと思って旅行をたくさんしていたら、あっとゆうまに出費がかさみました。私の場合100万円で足りなくて、途中から働き出してなんとか生活していたので、最低100万円は貯めた方が良いと思います。日本食レストランでもどこでもいいからドイツで働ければ良いという方はすぐに給料が入るので別ですが、日本食レストラン以外で働きたいと思っている方は、職を手に入れるまでなかなか難しいと思うので、貯金はあるに越したことないです。 食費は削れても、宿泊費用は削れません。なんとか安い家やアパート、ルームシェアを探して費用を抑えることが重要になってきます。また、旅行ばかりして外食が増えるとあっとゆうまにお金が消えてしまうので、お金の管理はしっかりしないと最悪帰国になってしまいます。 ドイツでワーキングホリデーをするにあたり注意すべきこと ワーキングホリデーをするにあたって注意すべきことは、現地の日本食レストランです。全てとは言いませんが、ドイツにある日本食レストランで働くのはあまりお勧めできません。と言うのも、日本でいうブラック企業であることが多いからです。例えば、時給がドイツの最低賃金以下であったり、交通費はでないケースだったり、マニュアルが厳しいなどが多いです。きちんと自分で働く先を見極めることが重要です。 ちなみにワーキングホリデーの方が働くのは、ほとんどの方が日本でいうアルバイトという形態になりますが、アルバイトはドイツ語で正社員として「働く」という意味です。そのためドイツでワーキングホリデーとして働く場合、アルバイトという表現は使わないので、求人広告ではワーキングホリデーの方募集と書かれているということを知っておく必要があります。 ドイツで物件探しは困難?!住まい探しは渡航前からしよう! ワーキングホリデーをするにあたってかなり苦労するのが家探しだと思います。ドイツの家はとにかく空きがありません。自分で探すのはかなり困難です。そのため、家探しは常に前倒しで探しておくことが重要です。ラクなのは、語学学校の寮に宿泊することですが、実際に寮は定員があったり、騒がしかったり住み心地が今ひとつだったりします。また、語学学校に通っていないと寮には住むことはできません。業者を通すことも検討するべきだと思います。予め条件の良い物件を紹介していただけますし、探す手間がかかりません。条件の良い物件が多いので、実際は料金を払っても割安になることも多いです。 ドイツの賃貸アパート・シェア物件はこちら ⇒ドイツのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ベルリンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ミュンヘンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒デュッセルドルフのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ドレスデンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ハンブルクのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ブレーメンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ハノーファーのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ライプツィヒのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ボンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ケルンのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒フランクフルトのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒マインツのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ダルムシュタットのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ハイデルベルグのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒シュトゥットガルトのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ニュルンベルグのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒フライブルクのアパート・ルームシェア・賃貸物件 ⇒ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件 =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツ:ミュンヘンでワーキングホリデービザを申請した体験談・方法をお伝えします!

ドイツのビザの種類と申請方法:体験談・方法をお伝えします!

ヨーロッパで最も経済的に安定したドイツ。医療研究が盛んで音楽などの文化にも恵まれているドイツは、毎年多くの外国人就労者や研究者、留学生を迎えています。ドイツのビザを取得して長くドイツに住みたい方は多いと思います。それでは、ドイツでのビザ申請はどのように行えば良いのでしょうか? ドイツのビザの種類について ドイツでの滞在ビザには、就労ビザ、学生ビザの他、大学準備ビザ、語学研修ビザ、ワーキングホリデービザ、配偶者ビザなどがあります。私が日本で申請したものは、ワーキングホリデービザ。必要書類など揃えるのは手間でしたが、ビザ申請自体はそこまで大変ではありませんでした。申請から1ヶ月以内に取得できます。ただし、過去に就労ビザ以外で渡独しており、学生ビザやワーキングホリデービザを申請するには時間がかかるようです。 ドイツのビザの取得までのステップと予約方法 ビザの取得までのステップをご紹介しましょう。ドイツ入国前に日本の大使館・領事館で申請します。 以下は私がビザを申請したときの例です。 渡独6ヶ月前:申請に必要となる保険の申し込み 渡独3ヶ月前:パスポート更新、申請書類等の準備 渡独2ヶ月前:ビザ申請の予約(働いている人の場合、これを取るのが非常に大変です。余裕を持って予約しましょう。) 渡独1ヶ月半前:ビザ申請 渡独1ヶ月前:ビザ受け取り 私が申請したワーキングホリデービザは日本国内で申請できますが、その他のビザは渡独前に日本国内でビザを取得できず、ドイツ入国後から3ヶ月以内に現地の外国人局(Ausländerbehörde)で滞在許可を申請しなければなりません。その際の大まかな流れは以下の通りです。 日本で必要書類を準備 ドイツ入国後、1週間以内に居住地に住民登録(パスポートと賃貸契約書が必要) 入国から90日以内に、滞在地の外国人局で滞在許可の申請 ドイツのビザの取得に必要な書類について ビザの種類に限らず、以下のものは共通して必ず必要です。早めに用意しておきましょう。 パスポート(残存期限が3ヶ月以上あるもの)・パスポート用写真・発行手数料 (50ユーロ~100ユーロ)・ドイツでの全滞在期間有効な健康保険と賠償責任保険(健康保険は歯科の治療含む。女性は妊娠時の通院等も含む。) さらに、それぞれプラスして必要な書類があります。 〇学生ビザ 申請書と誓約書(ドイツ大使館のホームページで印刷)・大学、大学院の入学許可通知・(大学準備ビザの場合)日本の大学卒業証明書・滞在費を自弁できる経済的能力の証明または経費負担誓約書 〇語学研修ビザ 申請書と誓約書・語学学校の入学許可通知・滞在費を自弁できる経済的能力の証明または経費負担誓約書 〇就労ビザ ドイツでの雇用主による労働契約書または採用通知・(研究滞在の場合)受け入れ研究機関からの招聘状および滞在費の保証書・ドイツ労働局(Bundesagentur für Arbeit,ZAV)からの許可書・大学の卒業証明書 〇ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザ申請書・往復航空券予約の証明書・経済能力の証明(預金通帳のコピーまたは残高証明書。1年間の滞在に最低2,000ユーロの資金証明が必要。) ビザの申請にあたり、注意した方が良い書類・こと ワーキングホリデービザは日本で取得できるため、申請に難しいことは特にありません。しかし、私の場合うっかり昔のパスポートを申請時に渡してしまったので、(皆さんはないとは思いますが)お気をつけください。また、ドイツの就労ビザ以外のビザ申請では、担当者によって言ってることが違ったり、適当な対応されたりということもあるようなので、ドイツ語ができる人を連れて行くのがおすすめです。事前に電話で確認してその電話に出た人の名前をメモしておいて、「〇〇さんにはこう言われました。」と言えば場合によっては申請がスムーズになることもあります。 ビザ取得の連絡はどのようにあるか 日本でのワーキングホリデービザの申請の場合、申請時に「また〇日にお越しください。」と言われて翌来訪日にビザを受け取ることになります。私の場合、ビザ申請から2週間ほどで受け取れました。 渡航後にすぐにした方が良いこと ワーキングホリデービザの場合は申請は渡航前に行い、その後手続きですることといえば、住民登録のみです。住民登録ができれば、ドイツの銀行口座の開設なども可能です。ちなみに、ミュンヘンで住民登録を行なうなら、地下鉄U3または6のポッチシュトラーセ(Poccistrasse)駅の市役所(Kreisverwaltungsreferat (KVR)の住民登録局(Einwohnermeldamt: Ruppertstr. 19, 80466 München)へ行くか、近くの地区管轄の登録所(Bürgerbüro)へ行きましょう。 その時の様子や行ったこと、注意した方が良いこと ドイツの住民登録は日本の役所以上にかなり待たされます。朝早くのが良いようです。ちなみに、私は最初の住民登録はしっかりできていたのですが、引越し後の住所変更がなぜかされていませんでした。しかもそれが分かったのは、帰国前に住民登録を抜こうと住民登録局を訪れたときでした…。 ドイツ語学留学のビザの期限 ワーキングホリデービザの場合、ドイツでは滞在期間は1年と決まっています。滞在を延長したいなら、現地で就労ビザか学生ビザを取得する必要があります。 ドイツの他のビザで知っておいたほうが良いビザの種類 学生ビザ取得のためには、ドイツ語レベルがC-1レベル(ビジネスレベルかつ大学に入れるレベル)あり、大学の入学許可を得るための試験を受け、大学に入学する必要があるため、非常に難しいです。一方、就労ビザの場合、日本料理店のアルバイトなどでもビザ申請してくれるお店もあるので、大学入学よりは簡単でしょう。 長くドイツ・ミュンヘンにいたいという方は より長くドイツにいたい!でもビザがない!という方は、就労・学生・配偶者ビザなどのビザを取得するか、一度シェンゲン協定圏外に出る必要があります。シェンゲン協定とは、多くのユーロ圏でパスポートなしで自由に行き来できる協定で、ドイツも加入しています。ドイツからスイスやイギリスなどのシェンゲン協定圏外に出国またはその他ユーロ圏以外に出国し、しばらくしてからドイツに戻る…といった形。しかし、ビザなしでのドイツの滞在は90日で、過去180日間トータルで90日です。つまり、ビザなしでもドイツに戻れるのは、半年後ということになります。どこかで長期の留学やバケーションを取れる余裕があれば良いですが、場所をドイツで絞るなら、ドイツでビザを取得する方法を考えた方が良いかもしれません。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

語学力向上に力を注いだドイツ・ミュンヘンでの語学留学

大学を休学してドイツ・ミュンヘンへ語学留学。語学レベルはA2からC1に向上!

中学生の頃、ドイツの歴史をきっかけに興味を持ったドイツ。いつか現地に行ってみたい、そのためにドイツ語を勉強したいと思い続け、大学在学中にそのドイツ語留学という長年の夢を実現することができました。A2レベルからC1へ登りつめた私の語学留学経験を紹介します。 語学留学をするベストタイミングはいつか?大学の休学についての考え方 ドイツ語専攻のため毎日のようにドイツ語を勉強していた私は、2年間みっちり勉強した後に留学しました。ある程度文法などを習得している方が現地の授業にも入りやすく望ましいと思うので、1〜2年勉強した後に行くのがベストではないかと考えます。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   大学を休学していく場合 ドイツへは大学を休学して留学しました。大学による決まりがないため、期間や住居など全て自分で決められ、授業の内容にも大学による決まりがないため自分の思い通りの留学ができるのがメリットです。私はこの方法をとりました。デメリットとしては、費用が全て私費である上に、大学によっては休学するのにお金がかかるところもあるため、出費がかさむ点です。 大学を休学していかない場合 大学を休学せずに留学ができれば、費用も全額私費ではないため出費を抑えることができ、1年のブランクを空けることなく卒業できます。しかし留学できる人数枠には限りがあり、留学先は大学の提携校に限られるため、行きたい都市に必ずしも行けるとは限りません。また、授業や受講すべき単位数も決められている点は少し窮屈かもしれません。 ドイツのビザの記事もチェック! ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンで語学留学のビザ・滞在許可証を一発でとる方法 ドイツ生活の知恵 ドイツ・ベルリンのワーキングホリデービザを取得するための申請方法を知ろう   語学留学をするにあたり、ドイツ語のレベルアップに必要なこと モチベーションや目標を立てることが必要です。私の場合は、留学前からアルバイトをしてみたいと思っていたので、働けるぐらいのレベルにすることを最初の目標にしました。アルバイトをすることで、現地の人と関わることができ、たくさん話すことができるのではないかと思ったからです。最終的にはTestDafを受け4の評価を出すことを目標にしました。目標達成のためにしていた勉強方法としては、毎日欠かさず授業の復習とドイツ語で日記を書き、自分専用の単語帳を作成して通学時間にそれを繰り返し暗記し、ボキャブラリーとライティング力をつけました。また、ホストファミリーや友達とたくさん話すことでスピーキング・リスニング力を向上させました。ただ遊びに行くのではなく、何としてでも語学を習得しようという固い意思が必要です。 文法やある程度の単語を頭に入れておくこと。スタートのレベルにより、留学で得る最終的な語学力が変わってくると思うからです。そして、留学での目標ややりたいことを決めておくことです。先ほどの私の体験談のように、目標が留学のモチベーションになり、常に頑張ろうと思わせてくれます。 ドイツ・ワーキングホリデー・語学留学・音楽留学の記事 ドイツ語学学校 ドイツ・ベルリン:ワーキングホリデーに必要な語学力と事前準備、現地での過ごし方をイメージしよう ドイツ語学学校 大学を休学してドイツ・ミュンヘンへ語学留学。語学レベルはA2からC1に向上! ドイツ専門留学 ドイツ・ベルリンで音楽留学!入学基準・試験内容・先生選びについて。 渡航後に行うこと 勉強の継続と、検定を受けること。留学で習得しても、継続して勉強しなければ忘れてしまいます。しかし日本語に囲まれた環境で外国語を勉強し続けることは簡単ではないので、私はGoethe Institutの授業を週1回受講し、自分のレベルに合った勉強を続けました。ここでは、語学学校のように授業中はドイツ語のみを使用し、読み書きに加え、リスニングとスピーキングの4技能をしっかり勉強することができます。そして勉強を続けるモチベーションとして、また留学での成果を確かめるためにGoethe Zertifikat C1を受けました(留学中に受けたTestDafは日本では受験しにくかったため)。家では、DW(Deutsche Welle)のビデオテーマ(Video Thema)やゆっくりスピードのニュース(Langsam gesprochene Nachrichten)が良い勉強教材で、お勧めです。時間がないときでも、ラジオなどを聴いてとにかくドイツ語に触れた方がいいと思います。私は「バイエルン3(Bayern3)」を聴いていました。日本のラジオほど話は多くなく音楽が中心ですが、ドイツ語の曲も流れるので楽しいですし、ニュースや天気、交通情報はリスニングの練習になります。 語学学習のコツはこちら ドイツ語学学校 ドイツ語学留学:日本食レストランでの仕事は語学の向上におすすめ! ドイツ語学学校 ドイツで語学留学を成功させる方法 ミュンヘン語学留学に掛かった主な費用 ホームステイは1年の費用で120-200万円前後が一般的です。食費なども入っているので、自炊するよりも割高にはなります。 私は9ヶ月分の語学学校とホームステイの費用で約300万円かかりましたが、もっと価格を抑えて留学することは可能です。 一人用のアパートなどを借りる場合でしたら、住居費は年間120万円~から可能ですし、その場合は自分で自炊し生活できますので、食費も抑えられます。 私は生活費としては75万ほど貯めました。外食をしたり、ヨーロッパをたくさん旅行したいと考えるならもっと多くの費用を用意しておいた方がいいです。ビザを取るための預金証明には100万円程度を準備する必要があります。ミュンヘンの物価は日本より少し高いぐらいです。 ドイツ生活の知恵 ミュンヘンの生活費・銀行開設・病院、住むために必要な情報をお届け! ミュンヘン語学留学をするにあたり注意すべきこと ミュンヘンはヨーロッパの有名な観光地なので、毎日のように多くの観光客がいます。また特にミュンヘンでは最近、難民も多く住んでいます。ヨーロッパの中では比較的治安は良い方ですが、アジア人は海外では狙われやすいので、常に置き引きなど荷物には注意しておいた方がいいと思います。現地の人のように、ラフな格好で堂々としていれば大丈夫だと思います。 渡航前に想定していたことと異なっていた点 前述の通り、ミュンヘンは有名な観光地で、私は日常的にスリなどの犯罪に巻き込まれるのではないかと思っていました。しかし、観光客ではなく現地人と馴染むことができれば、アジア人であろうと危ない目に合うことはありませんでした。また、ミュンヘンはドイツの中でも方言がきつく、思った以上に聞き取りが難しかったです。何十年も住んでいる外国人でも全てを理解するのは困難みたいなので、留学される方は現地の人のドイツ語が聞き取れなくても悩みすぎないでください。私は実際、ミュンヘンでの電車の中で現地の人が話す内容がほとんど分からなかったですが、ベルリンへ旅行した際は聞き取りやすく理解できました。 住居を探すタイミング、業者を通して探すメリット ドイツにおいて住居を探すのはかなり難しいとされており、ミュンヘンに関しては有名な大学もあるので、学生たちが多く在住しています。ご自身で探すなら6ヶ月前には探しはじめ、3ヶ月前にはいつでも申し込める状態でいると良いと思います。 ユーロエステートが選ばれる理由!! アパートを見つける8つの方法 他にこちらもご活用ください。 ヨーロッパでのアパート探しに役立つ情報をメルマガにまとめました。 知らないと損をしてしまうので、渡航予定のある方は、必ず読んでいただきたいと思います。 現地で収入なし+現地の保証人なし..それでも外国人大家さんから選ばれる方法とは? アパートを見つける8つの方法(メルマガ) 新着物件アラート 物件をお探しの方は、物件アラートをぜひご活用ください。多くの好条件の物件がございます。 6か月先の物件もお送りしていますので、是非ご登録ください。 ヨーロッパの物件探しは、いかに早く、好条件の物件を知ることができるかにかかっています! 新着物件アラート ミュンヘンの語学学校・大学の体験談 ドイツ大学留学 ドイツ留学体験談:ミュンヘン音楽大学/ Hochschule für Musik und Theater München ドイツ語学学校 ドイツ(ミュンヘン)語学学校:フォルクスホーホシューレ/Münchner Volkshochschule ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ドイツの都市ミュンヘンにある「シュヴァービング・ウエスト地区」の知っておくべき生活情報

ドイツ都市:ミュンヘンの人気地区「シュヴァービング・ヴェスト」で知っておくべき生活情報

世界的に治安が良いと言われるミュンヘン。その旧市街に近い「シュヴァービング・ヴェスト地区」は、おしゃれなカフェやレストランが立ち並ぶ活気のある地区です。そこで暮らすにあたって必要な情報を、わかりやすく紹介します。   ドイツのバイエルン州の州都であるミュンヘンの「シュヴァービング・ヴェスト地区(Schwabing-West)」について ドイツにあるミュンヘンのシュヴァービング・ヴェスト地区(Schwabing-West)は、ミュンヘンでも有名な広場として知られるホーエンツォレルン広場(Hohenzollernplatz)やエリザベート広場(Elisabethplatz)があり、レストランやバーなどがある活気のある地区です。また、人々の憩いの場でもあるルイトポルトパーク(Luitpoldpark)という緑あふれる広大な公園もあります。旧市街から徒歩でおよそ10分ほどで着くので、観光客も多く訪れるような賑やかな地区です。 特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!   日本人は多く住んでいるの?どんな人におすすめの地区? シュヴァービング・ヴェスト地区は先ほど述べたように、観光客も多く訪れる場所なので日本人も多く見かけました。 旧市街にも近く、レストランやバーなどお店もたくさんあり、とにかく便利なシュヴァービング・ヴェスト地区なので、ドイツのミュンヘン中心地に住みたいという方におすすめの場所です。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら シュヴァービング・ヴェスト地区は便利な場所?公共交通機関はどんなものがある? シュヴァービング・ヴェスト地区はとても便利な場所に位置しています。有名なルイトポルトパーク(Luitpoldpark)から、ミュンヘンの旧市庁舎まで徒歩でおよそ15分、地下鉄だと乗り換えを含め20分で着きます。旧市街まで歩いて行ける距離なので、私はいつも歩いて旧市街へ行きました。 シュヴァービング・ヴェスト地区には地下鉄の駅がたくさんあります。例えば、ボンナー広場駅(Bonner Platz)、 ホーエンツォレルン広場駅(Hohenzollernplatz) 、シェイド広場駅(Scheidplatz) 、ペトゥエルリング駅(Petuelring)、ヨーゼフ広場駅(Josephsplatz)など多くの地下鉄の駅があるのでとても便利です。地下鉄以外にもトラムも運行しているので、ラクに旧市街へ行くことができるのでかなりの好立地です。 シュヴァービング・ヴェスト地区の治安について シュヴァービング・ヴェスト地区は比較的治安は良いです。しスリに気をつけるだとか、夜中はなるべく一人で歩かないなど最低限のことを気をつければ、特に問題はありません。ミュンヘンは世界でも治安が良い方なので、普通に過ごしていて大丈夫です。私はこの地区に住んでいましたが、何も怖い経験はなく、治安のいい街だなと言うイメージです。 今回は、シュヴァービング・ヴェスト地区でも利用することの多かった、ボンナー広場駅(Bonner Platz)、 ホーエンツォレルン広場駅(Hohenzollernplatz) 、シェイド広場駅(Scheidplatz) の3つの駅周辺について詳しくお話しします。 ボンナー広場駅(Bonner Platz) この駅の周りには、スーパーが2つあり、パン屋さん、ピザ屋さん、薬局、銀行、クリーニング店など様々なお店があります。また、住宅街なのでマンションも多く立ち並びます。 ホーエンツォレルン広場駅(Hohenzollernplatz) この駅の周りには、噴水と花壇や緑があり、治安も良く少し落ち着いた雰囲気です。パン屋さんやコーヒーショップ、バー、ベトナム料理やトルコ料理やタイ料理など、レストランやバーが多いです。駅前に語学学校もあるので、様々な国の人が多く集まるイメージがあります。また、歩いて徒歩5分の所にアジア食材店があるので、ここで日本食を買うことも出来ます。私は日本食をここで買うことが多かったので、この駅をよく利用していました。 シェイド広場駅(Scheidplatz) この駅は、地下鉄、トラム、バスの停留所が集まる主要な駅です。駅前にはカフェとレストランがあります。ルイトポルトパーク(Luitpoldpark)の反対側には、とても大きなシュヴァービング病院(München Klinik Schwabing )があるので、病院に行く人が多く利用する駅です。 シュヴァービング・ヴェスト地区の主な商店街と買い物スポットについて この地区ではクアフュルステン通り(Kurfürsten Straße)という商店街があり、おしゃれなレストランやカフェ、ショップなどが広がります。クアフュルステン通りに行くには、地下鉄だとホーエンツォレルン広場駅(Hohenzollernplatz) が便利です。クアフュルステン通りには、ジュエリー、服屋、メガネ屋、本屋、パソコンショップ、自転車屋などまさに買い物ストリートです。このおしゃれな商店街には、カフェやレストランも実にたくさんあり、毎日行っても飽きないほどです。ここに来ればだいたい欲しいものは手に入るので、すごく便利です。おしゃれな商店街もあり、食事をするところもあるので、ここには観光客がたくさん来ます。 クアフュルステン通りの商店街以外にも、もう一つ大きなショッピング街があります。地下鉄ホーエンツォレルン広場駅(Hohenzollernplatz)に繋がる通り、ホーエンツォレルン通り(Hohenzollern Straße )は、クアフュルステン通りのような活気のある雰囲気です。ブティックやカフェなどおしゃれな雰囲気の商店街は、とても楽しいですよ。クアフュルステン通り商店街よりは、少し落ち着いた感じです。 シュヴァービング・ヴェスト地区の中でも、便利なスーパーマーケットはどこにある? シュヴァービング・ヴェスト地区にはおよそ20店舗のスーパーがあります。レーヴェ(REWE)、エデカ(EDEKA)、ネット(Netto)が多い傾向にあります。シュヴァービング・ウエスト地区は街中なので、全体的にスーパーは狭いです。その中でもヨーゼフ広場から歩いて徒歩10分ほどのところにリーデル(Lidl)というスーパーがあります。そこは街中でもわりと広いスーパーなので、多くの商品を安く扱っているので便利だと思います。ここのリーデル(Lidl)は確かに街中のスーパーよりは安いのですが、私の家からは少し遠かったので、少し値段が高くても、やはり自分の家の近くのスーパーに行くことが多かったです。 日本食材が買えるお店はあるの? ドイツに住むとなると、日本食が恋しくなりますよね。ミュンヘンにはいくつかの日本食スーパーやアジアショップがあります。もちろん、シュヴァービング・ウエスト地区にもアジア食材店があります。ホーエンツォレルン広場駅(Hohenzollernplatz) から歩いて徒歩5分ほどの所に、アジア食材店ファン・ホア市場(Van Hoa Markt)があります。日本人経営のお店ではなく、おそらくベトナム系の方が経営しているので、アジア各国の食材が揃っています。季節によりますが、もやしやチンゲンサイなどの野菜や、しょうゆやわさびや羊羹など様々なものが売っています。 日用品や電化製品を買うのに便利な場所は? 日用品を買うのにおすすめの場所は、ホーエンツォレルン通りにあるロスマン(Rossmann)かデーエム(dm)です。どちらもドラックストアのような感じなので、日用品はここに来れば揃いますよ。 また電化製品を買うのにおすすめの場所も、ホーエンツォレルン通りかクアフュルステン通りに携帯ショップがあるのでそこが良いと思います。洗濯機や冷蔵庫など大型家電などになってしまうとシュヴァービング・ヴェスト地区にはないのですが、シェイド広場駅(Scheidplatz) から地下鉄で15分ほどのところに家電量販店メディアマルクト(Media Markt)があるのでそこが一番近くておすすめです。 シュヴァービング・ヴェスト地区のおすすめのカフェ シュヴァービング・ヴェスト地区には本当にたくさんのカフェやレストランがあります。おしゃれなカフェが多いので、どのお店に入るかいつも迷ってしまいます。たくさんあるその中で、私がよく行っていたオススメのカフェをご紹介します。エリザベート広場(Elisabethplatz)にある「スタンドル20(Standl 20 – Da wo’s an Kaffee gibt)」というカフェです。店内はシンプルでスタイリッシュな雰囲気で、ラテアートのカフェラテがとても美味しいです。ラテアートが毎回違うので、行くたびに楽しめます。ドイツのケーキは重たくて私は苦手なのですが、ここのケーキは甘さ控えめでとても美味しいです。店内も広々としており、ゆったりとした時間が過ごせますよ。 ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ミュンヘンの生活費・銀行開設・病院、住むために必要な情報をお届け!

ミュンヘンの生活費・銀行開設・病院、住むために必要な情報をお届け!

ドイツ第3の都市であり、国内で最も家賃が高いとされるミュンヘン。このミュンヘンに住むなら、月々どれぐらい生活費がかかるのでしょうか。ここでは、ミュンヘンに実際住んでいた筆者の1ヶ月の生活費と生活のポイントをご紹介。ミュンヘンで住む月々の生活費、保険や銀行口座についてなど、ミュンヘンでの生活を見ていきましょう。 1ヵ月に必要な主な生活費について ミュンヘンで必要な生活費は、主に住居の家賃、交通費、食費です。家賃はワンルームのアパートで750€前後から、シェアでしたらもう少し安くありますが、低価格のシェアはとても少ないです。 交通費:定期代68€ 食費:80€ で生活していました。 ミュンヘンで特筆すべきなのは、住居の家賃です。ミュンヘンは特にお金持ちが住む町なので、家賃は高め。首都ベルリンよりも失業率は低く、家賃は高いといわれています。 関連リンク ドイツ:ミュンヘンの賃貸アパート・ルームシェア物件・お部屋 インターネットの費用(携帯・ネット回線) インターネット回線が家賃に含まれていることがほとんどです。長期滞在なら家探しのときに確認するのが良いでしょう。1ヶ月ほどの滞在であれば、日本からドイツで使用可能なポケットWi-Fiを契約しておくのが便利。フォートラベルのグローバルプランなら1日あたり120円~利用できます。携帯電話を外で使いたい場合は、プリペード式のSIMカードがおすすめ。使いたい分ショップでチャージすることで使用できます。私の場合、家のWi-Fi以外で使用するのに、3ヶ月20€使わないくらいでした。 食費 食費は1人ならそこまでかかりません。ドイツは野菜や果物、乳製品が安く、食費の節約はいくらでもできます。肉類はある程度のお値段ですが、ドイツ人が好まない鳥のハツなどはワンパック200円ほどで購入できます。無農薬のBIO商品も日本よりリーズナブルに手に入ります。ビールは特に安く、500mlで0.5€の商品があるなど、水より安く手に入ります。ジャガイモも非常に安いですが、大抵2kg~の袋売りでバラ売りされてないので、1人暮らしには向かないかもしれません。 保険関係の費用 学生ビザ、ワーキングホリデービザでの滞在の場合、住宅などでの損害賠償保険と病院で使用する健康保険に加入する必要があります。健康保険は歯科でも対応できるもの、女性の場合妊娠時にも対応しているものに入らなければ、ビザがおりません。月59€~加入できます。私の場合は日本語対応もしてくれる保険会社・ステップインで渡独前に1年分支払ってから留学しました。 医療機関について 病気になった場合、働いている人は病院にいくことをおすすめします。なぜなら、ドイツでは医師の診断書があれば、有給休暇とは別に有給の病気休暇が取れるためです。学生の場合、重篤でない風邪などで病院に行くよりは、日本から薬を持って行くことをおすすめします。ドイツでは「風邪は薬で治すのではなく自然治癒に任せるべき」という考え方が浸透しているため、ビタミン剤しか出してくれない場合もあります。また、薬を処方されたとしても、日本人の体に合わない場合もあるので注意。もちろん、緊急を要する状態や、どうしても辛い場合は病院に行ってください。 病院の予約方法は? 病院の予約は電話よりインターネットがおすすめ。病気のときに英語やドイツ語を聞くのは辛いので、できれば現地の人についてきてもらうと良いでしょう。受診の方法は日本と同じです。受付に行き、名前を呼ばれたら診察室に入って診察してもらい、帰りに受付で支払いを済ませます。海外保険の場合、後から保険金額を支払われるものが多いため、ここで満額を負担することが多いでしょう。 健康保険の登録 学生ビザで渡独する人は、渡独前または渡独後に海外保険に加入しましょう。インターネットで手続きが可能です。就労ビザの人は、会社が発行するドイツで使用可能な健康保険を使用します。 金融機関について ドイツに住むなら、金融機関で銀行口座を作っておきましょう。学生なら月々無料、ドイツで働いている人なら2~4€の維持費が必要です。 主な銀行は? ミュンヘンなら、ドイツ銀行(Deutsche Bank)か、シュタット貯蓄銀行(StadtSparkasse)どちらかで口座開設するのがおすすめ。私は後者のStadtSparkasseで口座開設しました。まず、口座開設には住民票が必要なので、住民登録をしておきましょう。銀行窓口で口座開設の予約をします。ドイツ語が不安な人は英語ができる係員をお願いしましょう。予約は電話でもできるようです。そして、住民票とビザを確認できるもの(ビザがなくても開設できるようですが、持っていれば確実です)を持って、予約日時に再来店し、説明を聞いて必要書類にサインしたら完了。日本のように印鑑はいりません。インターネットバンキングを使用する場合、帰宅後に登録が必要です。 日本からドイツへお金をもっていく必要性 日本からお金を持って行き、最低限の現金としてユーロに変えておきましょう。最もお得なのは、日本の銀行でユーロに換金しておくことですが、空港や観光地でも(レートは良くありませんが)換金可能です。また、クレジットカードのキャッシングや国際キャッシュカードを利用することもできます。円高の今なら、日本からできるだけお金を持ってくるのが良いですね。   ドイツ・ミュンヘンのおすすめ賃貸物件 ミュンヘン Schwabing West 月715 EUR DE-MUNCHEN-0108 ミュンヘン Au / Haidhausen 月1600 EURDE-MUNCHEN-0304 ドイツ・ミュンヘンの賃貸物件一覧はこちら =★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★= ヨーロッパの留学体験談 E-bookをどうぞ! 留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、 後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。 なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。 あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください! ↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ユーロエステートが選ばれる理由 ユーロエステートが選ばれる理由


ヨーロッパ体験談 ヨーロッパ体験談


アパートを見つける8つの方法(メルマガ)
ヨーロッパでアパートを見つける方法

物件アラート alert

ユーロエステート
ユーロエステート



FACEBOOK