ユーロエステートのブログ

ヨーロッパで活躍する人・羽ばたく人を応援します!

【トランスワーワイズ】 マイナンバーなしでフランス・ドイツ・イタリアに海外送金!【今なら7万円まで無料送金可!】


トランスファーワイズで海外送金・マイナンバー不要

ヨーロッパへの留学・駐在・ワーホリ等で海外生活を始める方の心配事Top3に必ず入るのが「お金」。

海外送金に、是非お勧めしたいのがトランスファーワイズです!
これで日本国内の円口座 ⇒ 海外の現地通貨口座 がネットで簡単に格安送金ができるようになります。

なお、現在は↓のリンクをお使いいただくと紹介キャンペーンで、今でしたらはじめの500ポンド(7万円ほど)分を無料で送金できますので登録はどうぞこちらから行ってください!

すぐに使用されない場合でも、海外で日本から送金をするのに複数手段があった方が良いので、今のうちに登録をされておいた方が良いです。また、キャンペーンが終わる可能性があります。

トランスファーワイズに登録(今登録すると7万円まで無料送金可!):https://transferwise.com/u/7d7a38

 

日本の銀行送金とは何が違うの?

ご存じの方も多いと思いますが、日本の銀行口座からフランス、ドイツ、イタリアなど現地口座への海外送金が必要になる場面は多々ありますが、マイナンバーが必須になっています。

⇒この問題点として、そもそもマイナンバーは国内に住民票が無いと発行されないため、日本に住民票がない、海外在住の方には非常に厳しい状況となっています。
また、マイナンバーがない方、受け取っていない方も多いでしょう。

そもそもトランスファーワイズでは、日本非居住者・海外在住者はマイナンバーが不要!

トランスファーワイズでは、海外在住者(非居住者)の場合にはマイナンバーの登録が不要となっています!

マイナンバーのせいで海外送金が出来なくて困っている方には大変助かる便利なサービスです。

通常の銀行では、マイナンバーが必要となり、また、手続きがとても大変です。

2015年の制度導入以降、金融機関はマイナンバーの提出が必須となっており、海外送金の際、特に海外在住の方にとっては悩みの種となっています。

制度開始前から海外在住の方の場合にはそもそもマイナンバーが付番されていませんし、付番されている場合でもカード交付を受けずに、海外に渡ってしまった場合は必要となる手続きが多くとても大変です。

マイナンバーなしで登録する際には、登録をする際に非居住者を選択

マイナンバーなしでトランスファーワイズを使用したい場合、会員登録時に非居住者を選択すればOKです。煩雑な手続きも不要なので非常に助かりますね。

一つだけ注意点として、本人確認として国内住所に手紙が届き、その内容を会員登録画面で登録する必要があるのですが、実家の家族などに手伝ってもらえば問題ありません。

通常の銀行よりもトランスファーワイズを使った方が良い理由は?

マイナンバー以外にも、トランスファーワイズをお勧めする理由はたくさんあります。

登録はネットで手続きが完結!銀行の窓口に行く必要がない。

最近はネットバンクも多くなってきましたが、銀行の口座開設手続きは窓口に行く必要があったり書類の提出が必要だったり大変です。
それに比べてトランスファーワイズでは基本的に全ての登録手続きをネットで完結できるため、海外からでも非常に簡単です。

送金手数料が格安!そして、何度でも小分けにして送金することができる。為替レートを見ながら有利に送金!

そして、送金手数料も格安となっています。銀行での海外送金では事務手数料のみで一回数千円かかってしまうこともありますが、
トランスファーワイズでは金額に応じて変動するものの、銀行送金に比べると手数料は圧倒的に低いことが多いです。

また、事務手数料の他に見逃せないのが為替レートです。 トランスファーワイズでは市場の実勢レートそのままで両替してくれるのに対し、
銀行送金の場合は両替レートも実勢値から1円程度離れたレートとなってしまうことが多く、 この場合は事務手数料+為替レートの両面で損をしてしまいます。
特に金額が大きい時にはこの1円の差も痛いものです。 トランスファーワイズであればその時その時の為替レートを見ながら送金レートを確定でき、事務手数料のみでいいので、銀行送金に比べて有利ですよね。

送金が格段に速い! 入金から数日で相手に着金!

トランスファーワイズのもう一つの強みが、送金完了までのスピードが格段に速いことです。
通常の銀行、特に地方銀行では海外送金の指図から着金までに時間がかかります。 特にゆうちょ銀行の場合には7-10営業日かかり、着金まで実質的に2週間待たなければなりません。
海外送金が必要な場面を考えるとこの2週間は非常に長く感じられるのではないでしょうか。

トランスファーワイズであれば、金額や通貨ペア、曜日等にもよりますが大体数日以内に着金完了しますので、速さの面でもトランスファーワイズに圧倒的に良いです。

トランスファーワイズは安全?

ここまでトランスファーワイズのメリットをご紹介してきましたが、読者の皆様が気になるのが「安全性」ですよね。日本国内での認知度はいまいちかもしれませんが、海外では普及が非常に進んでいるサービスの一つとなっています。

2011年に創業以来、世界中で400万人が利用!

トランスファーワイズは2011年に英国ロンドンで創業し、現在では400万人以上のユーザーが毎月4000億円以上の送金を行っている世界最大級の巨大な海外送金プラットフォームです。

対応している通貨ペアも750以上と幅広く世界のどこに行っても利用できる便利なサービスとなっています。

トランスファーワイズは、英国金融行動監視機構(FCA)から認可された金融機関

トランスファーワイズは創業10年程度の比較的若い会社ではありますが、イギリスの金融当局FCA(日本でいう金融庁です)から認可を受けているれっきとした金融機関です。

また、海外在住の日本人の間でも多くの方が使っているサービスですので、安全性は銀行並みと考えて良いです。

もし心配なら、小分けで送金をすれば良い!

それでも、どうしても不安な方は、トランスファーワイズでは上述の通り事務手数料が安いので初めは小分けにして送金するのが良いです。

というのは、 通常の銀行ですと毎回数千円取られるため小分けで何度も送るのは躊躇してしまいますが、トランスファーワイズであれば数分の一ですみますので、まずは小額で小分けにして送金を何回もすれば良いのです。

自分の安心できる範囲で送金を何回もすればOKです。(50万円も10万円を5回で送金できます。50万円ほどなら私は1回で送金しますが)

通常の銀行からのフランス・ドイツ・イタリアなど海外送金で良くある問題

最後に、銀行送金でよく発生する問題点・デメリットについても触れておきます。

場合によっては送金理由の証明が必要になる

窓口によって対応が異なりますが、送金の際に送金理由の証明が必要になるところが増えているようです。 証明といっても生活費などは簡単に証明することも難しいですし、こうなると即日に送金依頼できない可能性が高くなります。これはかなり不便ですよね。 トランスファーワイズでは送金理由を選択する必要はありますが証明書類は必要ありません。

経由銀行がある場合は、費用が引かれてしまう!

また、こちらも銀行によりますが、銀行送金をすると中継銀行と呼ばれるいわゆる仲介人を中継することが多いです。 この場合はその中継銀行を使用する費用が更に引かれてしまうことがあるため、費用が嵩む原因となります。 トランスファーワイズでは送金手数料の他にこのような手数料が発生することはありませんので、安心して送金することができます。

トランスファーワイズの登録はネットですぐに完結

登録は簡単です。情報を入力すると、1週間ほどで住所確認のはがきが送られてきます。コードが書いてあるので、それを入力すると送金できるようになります。

なお、現在は↓のリンクをお使いいただくと紹介キャンペーンで、今でしたらはじめの500ポンド(7万円ほど)分を無料で送金できますので登録はどうぞこちらから行ってください!

すぐに使用されない場合でも、海外で日本から送金をするのに複数手段があった方が良いので、今のうちに登録をされておいた方が良いです。また、キャンペーンが終わる可能性があります。

トランスファーワイズに登録(7万円まで無料送金): https://transferwise.com/u/7d7a38

 

投稿日:2020年3月20日 更新日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

【ユーロキャリア】ヨーロッパの就職・転職案件をご紹介!

ユーロキャリア

【今登録しておくと後で7万円まで無料で海外送金が可能です!どうぞお使いください!】

トランスファーワイズ


ユーロエステートが選ばれる理由 ユーロエステートが選ばれる理由


【ユーロエステート】ヨーロッパ各都市のアパート・シェアをご紹介!
ユーロエステート

ヨーロッパ体験談 ヨーロッパ体験談


アパートを見つける8つの方法(メルマガ)
ヨーロッパでアパートを見つける方法

物件アラート alert



FACEBOOK