ドイツ(メクレンブルク=フォアポンメルン) ロストック大学留学

ドイツ大学留学

ドイツ大学留学(メクレンブルク=フォアポンメルン)Universität Rostock/ ロストック大学

2018年6月1日


大学留学された方の体験談をご紹介しています!

ロストック大学の留学在学期間、プログラムについて

ドイツ連邦共和国、北東にあるメクレンブルク・フォアポンメルン州にあるロストック大学へ留学していました。在学時期は2006年から2007年の一年間です。学部生3年生のときに交換留学プログラムの一環で留学に参加しました。留学先では留学生を対象とするコースに在籍していました。もともと西洋史を専攻としていましたので、ドイツ語習得とあわせて、旧東ドイツの歴史も勉強したいと思っていました。

ロストック大学の特徴とメクレンブルク=フォアポンメルンを留学先として選んだ理由

メクレンブルク・フォアポンメルンの中で有名な大学です。日本人が少ないということもあり、ドイツ語を勉強するにはうってつけの環境でした。旧東ドイツということもあり、冷戦時代のドイツの歴史を学べることが特徴です。ロストックは中世のハンザ都市の一つだったので、自治都市の歴史やバルト海沿岸都市の独特の雰囲気を感じることができるのもメリットです。世界大学学術大学ランキングではあまり注目されていない大学ですが、1419年に設立されたドイツ国内でも3番目に古い大学でもあり、歴史のある大学です。音楽学校のほうが有名かもしれません。学費は学生在学登録費(半期ずつ)と語学コースの授業料がかかりましたが、数万程度で安かったです。学生在学登録をしてしまえば、語学コース以外の授業は講義でもゼミでも無料で受けることができました。語学コース自体の授業料は、週2で40ユーロ、週4で80、週6で120ユーロの3つのコースがあります。

授業の様子や、クラスメートのプロフィール

クラスメートは15人~20人ぐらいいました。すべて留学生から構成されていて、日本人は5人、中国人は10人、そのほか東欧やフランス、イタリアからの留学生がいました。もっとも多かったのは中国や東南アジアからの留学生です。講師はドイツ語学を専門とする人たちでした。ドイツ語の発音を勉強する授業や、文化比較やディベートを中心に行う授業などがありました。クラスメートはさまざまな大学からの留学生で、18歳~25歳と比較的若い生徒ばかりでした。クラスは基本的にディベートを中心に行われます。ドイツ語をどんどん発言していかないと評価も付けてもらえないので、大変でした。

必要な語学力、宿題の量、成績の評価方法

授業ははじめはまったくついていけませんでした。もともとドイツ語学を専攻していなかったので、留学前からできるとしたら、ドイツ語を読む程度ぐらいでした。先生方のしゃべるドイツ語が早くて何を言っているか聞き取れず最初は苦労しました。ドイツ語が聞き取れなくても、せめて日常会話ぐらいは自分からしゃべれるようになっておけばと思っています。語学力は、私は歴史を勉強したいと思っていましたので、留学プログラムにあった授業以外にも、講義形式の歴史の講義に参加しました。留学生向けのドイツ語の授業の評価方法は、宿題と出席、発言への参加態度でした。

学校・プログラムの良かった点、良くなかった点を教えてください。

もともとドイツ語学科に在籍していませんでしたので、交換留学プログラムの授業の単位が日本の大学の単位と交換されませんでした。そのため、一年留年して日本の大学を卒業しました。しかし、ロストック大学は日本人が少なく、留学するにはちょうどいい環境でしたので、効率的にドイツ語の発音や文法を学ぶことができてよかったと思います。交換留学の授業の枠を越えて、自分ひとりで歴史の講義やゼミに参加するなど、今思えば当時よくそんな度胸があったなと思うことばかりです。自分で辞書を読みながらドイツ語のレポートを出したことで、ドイツ語の読解力と作文レベルが格段に上がりました。自分の行動しだいで留学先の勉強を充実させることができるという点では、学校には満足しています。しかし、日本人が少なく、語学学校の数自体も少ないので、大学同士の交換留学プログラムを利用しない場合、何かあったときに対処できるのかが分かりません。語学学校の市場が未開拓の地という印象も受けます。地域の人も外国人にオープンかというと、そうでもないので、初めてドイツ語を勉強したいという人には、レベルが高いかもしれません。

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談 E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

ドイツの賃貸アパート・シェア物件はこちら

ドイツのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ベルリンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ミュンヘンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
デュッセルドルフのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ドレスデンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ハンブルクのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ブレーメンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ハノーファーのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ライプツィヒのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ボンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ケルンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
フランクフルトのアパート・ルームシェア・賃貸物件
マインツのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ダルムシュタットのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ハイデルベルグのアパート・ルームシェア・賃貸物件
シュトゥットガルトのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ニュルンベルグのアパート・ルームシェア・賃貸物件
フライブルクのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

 

CATEGORIES & TAGS

ドイツ大学留学,



FACEBOOK




TWITTER