スペイン(マドリード)語学学校

スペイン語学学校

スペイン(マドリード) 語学学校:アルカラ大学/Universidad de Alcalá

2018年2月14日


語学留学された方の体験談をご紹介しています!

留学先の語学学校と時期

大学在学時、外国語学部でスペイン語を専攻していました。3回のときに派遣留学のプログラムがあり、面接を受け合格しました。留学先はスペイン、マドリードの近郊の街、アルカラ・デ・エナーレスという大学都市でした。アルカラ大学では外国人がスペイン語を習うアルカリングアという学校で10ヵ月滞在していました。滞在時期は2005年です。

そのスペイン語学学校を選んだ理由は?

アルカラ大学は、法学、経済、エンジニアなど様々な学部が存在しますが、殆どの日本人はスペイン語を勉強しにくるので外国人専用のスペイン語学習のみのコースに参加されます。大学の特徴はとにかくスペイン全土からたくさんの学生がかるため、若者でにぎわっている、また中世の町並みをそのまま残した旧市街地区は世界遺産に登録されていてとてもきれいなたま、ランキングはわかりませんが、マドリードの語学学校の中では人気高ランキングに入ることまちがいないでしょう。学費については、私の場合は大学の援助でほぼ無料でしたが、通常120時間のコースで約270ユーロです。

授業の様子、授業方法、クラスメートは?

授業は、文法の授業た会話の授業がありました。まず驚いたのが日本のようにテーブルと椅子があるのではなく、椅子に小さな本を置くためのテーブルがひっついた椅子があるだけでした。クラスでは先生を椅子で囲みそれぞれ発言するというグループディスカッションの多い形式でした。会話の授業では毎回あるテーマがあり、半分のグループが賛成派、もう半分のグループが反対派となり意見を交わすものが多くありました。クラスは大体10~20人ほどで構成されており、年齢の多くが20代でした。国籍の多くが中国人、韓国人、日本人、アメリカ人、台湾人でした。

語学レベルはどのように変わりましたか?

授業は全てスペイン語です。入学した一日目にレベル分けのテストがあったので自分の語学力のレベルにあったクラスに入れるので問題ありません。この学校にくる多くの留学生がスペイン語0から始める子達もたくさんいるので、最初語学力がなくても、先生たちはみな慣れているので安心です。宿題は多くはなかったものの毎日ありました。成績の評価方法はコースの最後のテストの結果で評価され、合格すると合格証明diplomaが貰えます。

 

学校はおすすめできますか?もしまた留学するとしたら次はどのような学校に行きたいですか。

学校のよかった点は、アルカラ・デ・エナーレスの中心部にあるため、アルカラ内を移動するのが便利。マドリード市内までは近郊線で40分で行けます。授業も楽しく学べました。先生たちはみな若い人たちが多くフレンドリーで楽しいし、一生懸命教えてくれますし、授業以外でも一緒に飲みにいったり、クラスのみんなでご飯を食べに行ったり何度もしまさた。当初想定しなかった点は、ホームステイする予定を途中で学生とルームシェアに切り替えたことです。ルームシェアでは、さまざまな国籍の学生たちと共同生活するこたによった新たな文化や習慣を知るとてもいい経験になりました。

 

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談 E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

スペインの賃貸アパート・シェア物件はこちら

スペインのアパート・ルームシェア・賃貸物件
バルセロナのアパート・ルームシェア・賃貸物件
セビリア・セビージャのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アリカンテのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

スペイン語学学校, ,



FACEBOOK




TWITTER