スペイン(バレンシア)語学学校, 留学

スペイン語学学校

スペイン(バレンシア) 語学学校:エンフォレックス、バレンシア校/ Enforex, Valencia

2018年2月9日


語学留学された方の体験談をご紹介しています!

留学先の語学学校と時期

留学先の都市はスペインのバレンシアとセビージャです。通った語学学校は、Enforexです。バレンシアは、2016年10月~2017年4月、2017年8月~2017年9月、セビージャは、2017年5月~2017年7月です。コースのレベルは、留学当初はA1、卒業時はC1でした。頻度は週5日で1日4時間です。

 

そのスペイン語学学校を選んだ理由は?

この学校を学習の場として選んだ最大の理由はスペイン国内の複数の都市に校舎を持ち、申請を行えば自由に行き来できる制度があったからです。はじめての長期留学で、その都市には行ったことがなかったので、もし、その土地に馴染めなかったときに、それでも1年間通い続けるのはきついと思っていたので、すごく魅力的な制度だと思いました。そのため、他に検討した学校は特にありません。エージェントは、はじめての留学で不安もあったので利用しました。

 

授業の様子、授業方法、クラスメートは?

授業は1日2コマで、基本的に違う先生が担当されます。B1ぐらいまでは、文法の解説に多くの時間が割かれていました。授業の方法は、初級のクラスは、先生が説明し、わからないところがあれば、都度、生徒が質問するスタイルが覆多かったです。中上級ぐらいになってくると、文法に関しては一通り習った状態なので、何か一つをテーマにしてディスカッションしたり、ディベートをするなど、聞いて話すスキルの向上がメインの授業スタイルに変わっていきました。授業の中で、読み・書き・話しなど時間で区切って習うわけではありませんでした。日本人は1クラスに1人か2人ぐらいでした。

 

語学レベルはどのように変わりましたか?

入校当初は、自己紹介と挨拶ができるレベルだったので、一番したのA1のクラスに入りました。1年後に終了したときはC1にいました。1年前の自分を思えば、随分と話せるようになったかなという印象です。授業外は、ストレスにならない程度に数時間は自習していました。学習方法ですが、もちろん、テキストの復習や問題集を解くことは大切ですが、ネイティブと話すことが一番大事だと思いました。宿題は、想像以上に少なくてびっくりしました。

 

学校はおすすめできますか?もしまた留学するとしたら次はどのような学校に行きたいですか。

学校のよかった点は、やはりスペイン国内に複数の校舎があり、行き来できるということです。その制度のおかげで、同じ授業料で、セビージャにも3ヶ月生活をしながら学校に通うことができました。授業の室は正直、先生によってかなり差があります。同じレベルで複数の授業が開講されている場合は、クラス変更のお願いを聞いてくれることもあります。同じ語学学校でも授業の室は、正直、セビージャのほうが圧倒的によかったです。総じて不満はなかったので、他の人におすすめできます。

 

 

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談 E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

スペインの賃貸アパート・シェア物件はこちら

スペインのアパート・ルームシェア・賃貸物件
バルセロナのアパート・ルームシェア・賃貸物件
セビリア・セビージャのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アリカンテのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

スペイン語学学校, ,



FACEBOOK




TWITTER