フランス(ルーアン)語学学校, 留学

フランス語学学校

フランス(ルーアン)語学学校:アリアンセフランセーズ/ALLIANCE FRANÇAISE DE ROUEN-NORMANDIE

2018年1月31日


語学留学された方の体験談をご紹介しています!

留学先の語学学校と時期

フランス・ルーアンの語学学校に通っていました.

アリアンセフランセーズという語学学校です.

在学期間は2017年8月から10月まで,A1のクラスに在籍していました.

週5日必修の授業が午前中に3時間,希望に応じて午後に1時間×2コマの授業を取るといった形式でした.

私は語学留学ではありませんでしたが,日本から大学生の方がたくさん語学留学で来られていました.

そのフランス語学学校を選んだ理由は?

ルーアンには語学学校が2校あり,どちらも交通の便の良いところでしたので,どちらにしようか迷っていました.

結局アリアンセフランセーズにお世話になることに決めたのですが,もう1校のほう(以下B校とします)は日本語が話せるスタッフの方がいらっしゃるそうで,その点に関しては捨てがたいポイントでした.

しかしアリアンセフランセーズのスタッフの方は英語でも対応してくださるので,入学手続き等で困ることはありませんでした.

2校とも日本にいた時から検討はしていました.どちらも日本語サイトがありました.

語学留学ではなかったので,エージェントは通していません.

日本人留学生の友人に話を聞いたところ,大学と提携している場合も,エージェントを通しての紹介の場合も,ステイ先の紹介等のサポートをしっかり行ってくれるそうです.

ステイ先も留学生の受け入れを何度もされている方が多いらしく,友人は皆,ステイ先にとても満足していました.

コースはインターネット上でテストを行い,点数によってコース分けがなされます.

ただ,そのコースの学生と能力の差がある場合,講師の方がしっかりサポートしてくださいましたし,コースを変更することも提案してくださいました.

授業の様子、授業方法、クラスメートは?

必修の授業では話す,聞くを重点的に学びました.

前半の1時間半では前日の復習や先生が提示したテーマに沿って話をし,コーヒーブレイクを挟んで後半は文法を学びました.

B校ではとにかく話す練習をして,文法のカバーはほとんどないということでした.

現地で生活していると,話すことが大切だと身をもって感じますが,やはり多少の文法がカバーできていなければなかなか話せないと思います.

B校の日本人留学生の友人はほぼ自力で文法を学んでいます.

その点,アリアンセフランセーズでは文法をしっかりカバーしてくださります.

担任の先生はとても明るい方でした.

なかなか授業についていけない私にも細かくフォローを入れてくださって,前向きに通うことができました.

選択の授業の先生は授業ごとに先生が異なるのですが,どの先生も楽しく,しばしばゲームを取り入れて授業をしてくださいます.

フランスの文化を同時に学べる授業もありましたし,講義後にはダンスや料理教室,地元の散策ツアー等のアクティビティも催されていました.

どれも楽しく参加できるように工夫されています.

クラスメートは多くても15人以下になるように設定されているようです.

そのためとてもアットホームでした.手作りのお菓子や,出身国の料理をふるまってくれたりと,クラスメートとはすぐに仲良くなれました.

学生さんだけではなく,年配の方も来られていたりします.

人種に特に偏りはなく,世界中の方がアリアンセフランセーズに通われています.

日本人は10人ほど在籍していました.

語学レベルはどのように変わりましたか?

語学学校に通う前は全く理解できない状態でした.

英語が少し話せるので,困ったら英語でやり過ごし,わからない単語はその場でスマートフォンで調べる,といった生活をしていました.

語学学校に通うようになると,クラスメートでの会話もフランス語になりますので,フランス語で意思を伝える,ということに抵抗がなくなりました.

あいさつや決まり文句などは口からすらすら出てくるようになります.

また,ネイティブのフランス語であっても,会話のだいたいの内容はわかるようになります.

話す,聞くといった能力が格段に伸びたと思います.

授業外学習は一日に2時間ほどです.

ただしこの時間は最低ラインだと思います.

宿題はありますが,ほぼ負担にならない量しか出ません.復習がてらに宿題はすぐ終わります.

むしろ,その日授業で出てきた単語を調べたり,文法でわからなかったことを調べたりしていると2時間はあっという間です.

授業で勉強する文法は入学者に合わせられる訳ではありません.

語学学校のスケジュール通りにすすんでいきますので,他の生徒さんなら当然知っていることが授業中に出てきたりします.

もちろん授業中に先生に「Qu’est-ce que c’est?」と質問することもできますが,疑問に思ったことをノートに書き留めておいて自分で学習するのも良い学習法だと思います.

そのため,不安な方は日本で文法書を購入して持ってこられたほうがよいかと思います.

フランスでもフランス語で書かれた文法書を手に入れることはできますが,日本語で書いてあると,わからない時にさっと調べることができます.

ちなみにわたしはフランス語の文法書はCLE internationalのものを使用していました.

レベル別に出版されていますので一から文法を学びたい方にはぴったりだと思います.

学校はおすすめできますか?もしまた留学するとしたら次はどのような学校に行きたいですか。

学校には大変満足しています.

特に良かったのは先生方のサポートです.

わからない単語が出てきても,辞書ではなく,積極的に質問するように,と言われます.

先生がフランス語でその単語を説明してくださいますので,理解するには辞書よりも時間がかかるかもしれませんが,関連のある単語が耳に入ってきますし,

口語ではこのように使うよ,といった知識も得ることができます.

あえて良くなかった点をあげるとすれば,宿題の少なさです.

とは言え,本気でレベルアップを目指されている方であれば,そのようなことは気にならないと思います.

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談
E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

フランスの賃貸アパート・シェア物件はこちら

フランスのアパート・ルームシェア・賃貸物件
パリのアパート・ルームシェア・賃貸物件
リヨンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ボルドーのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ニースのアパート・ルームシェア・賃貸物件
カンヌのアパート・ルームシェア・賃貸物件
エクサンプロヴァンスのアパート・ルームシェア・賃貸物件
マルセイユのアパート・ルームシェア・賃貸物件
モンペリエのアパート・ルームシェア・賃貸物件
トゥールーズのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アンジェのアパート・ルームシェア・賃貸物件

ナントのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ディジョンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ストラスブールのアパート・ルームシェア・賃貸物件
グルノーブルのアパート・ルームシェア・賃貸物件

アヴィニョンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アンティーブのアパート・ルームシェア・賃貸物件
トゥールのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ブザンソンのアパート・ルームシェア・賃貸物件

オルレアンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
リールのアパート・ルームシェア・賃貸物件
レンヌのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ミュールーズのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

フランス語学学校, ,



FACEBOOK




TWITTER