イタリア(ナポリ)の地区治安

イタリア都市の地区・治安

イタリア都市:ナポリはこんなところ(地区・治安)

2018年3月20日


ナポリの街とアクセス、季節

イタリアと言えばファッションですが、ナポリで仕立てている有名ブランドがあったりと仕立て屋が多く存在する地域でもあります。街の中を歩いていても、スーツやシャツなどオシャレなお店をみることができます。昔からものづくりは盛んでしたので、洋服の作りなどに興味がある方にはオススメです。あと、料理と言えばマルゲリータ。ナポリ発祥と言われ老舗のお店がたくさんあるのでピザめぐりも楽しい街です。

ナポリの地区

ナポリはエリアによって凄く雰囲気が変わる町のひとつです。中心部のなかでも一歩裏道を入ると怪しく危ない雰囲気になるので、ひとりで行かないようにしないといけません。
そのなかでも、スペイン地区は最も危ない地区で有名です。ナポリ自体マフィアが多く存在していると言われています。スペイン地区にいているかどうかはわかりませんが、マフィアの下部がスペイン地区にいることは間違いありません。しかし、そんなナポリにも美味しい料理や見るべきスポットなどたくさんありとても趣がある町です。

ナポリの治安

よくインターネットなどパンフレットなどみると治安は悪いと書かれていることがほとんどです。確かに首都のローマなどと比べると治安は良くないと思います。しかし、全ての地域が危ないというわけではなく危ない地域が多いというだけの話です。また、日本人はよくお金を持っていると思われがちなので余計に注意が必要です。また、イタリア人は日本人のことが大好きです。積極的に話しかけてきたり、日本語も達者な人が多いことも注意をしなければいけません。

上記にも、記載しましたがスペイン地区は特に危ない地域です。スペイン地区に入るところには警察官が常駐しているということもあり、その危なさを感じることができます。

おすすめスポット

日本食はあまり流行しておらず、レストランも少ないです。ただ、海に違い分海鮮料理店が多くならんでいますが寿司など目にすることはほとんどありません。

なので、ナポリでもイタリアの味を楽しみましょう。ピザや海鮮料理が美味しいです。
また、日本食材もスーパーでは見かけません。

日本食材店・アジア食材店

ナポリは、海に面していてアフリカなどとも近いことで移民の方が多くいます。移民の方が全て悪いという訳ではないかですが、移民の人に話しかけられたら要注意ということを忘れてはいけません。単独で行動している人はいませんから、捕まれば集団で寄ってたかってきます。

渡航前に知っておいたほうが良いこと

パスタのナポリタンはナポリとは関係ないとされていますので要注意。また、イタリアでも北と南でピザの生地の薄さにも違いがありますのでそこも比べてみるとイタリアの歴史の深さがわかります。

 

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談
E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

イタリアの賃貸アパート・ルームシェア物件はこちら

イタリアのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ミラノのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ローマのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ボローニャのアパート・ルームシェア・賃貸物件
フィレンツェのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヴェネチアのアパート・ルームシェア・賃貸物件
トリノのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ピサのアパート・ルームシェア・賃貸物件

ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

イタリア都市の地区・治安, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事



FACEBOOK




TWITTER