ドイツ(ハイデルベルク)の地区治安

ドイツ都市の地区・治安

ドイツ都市:ハイデルベルクはこんなところ(地区・治安)

2018年4月2日


ハイデルベルクの街とアクセス、季節

ドイツのハイデルベルク
南ドイツに位置する小さな街、ですが人気の観光地のひとつです。
廃墟的な雰囲気も持ちつつ美しいハイデルベルク城、オレンジ屋根のかわいらしい街並みが有名です。
ドイツ最古の大学・ハイデルベルク大学があることでも知られる、学生街でもあります。

ドイツで最も暖かい地方に位置するそうで、私が滞在した2月-3月の間もほとんど雪が降りませんでした。「なんだ、ドイツって大して寒くないんだなあ」と思っていたのですが、ベルリンやハンブルクに行ったときは、あまりの寒さにびっくりした覚えがあります。とはいえ、3月でもまだコートを着ているくらいなので、日本と比べるとやっぱり寒いです。寒がりの人は注意!
夏は過ごしやすく、ネッカー川付近の眺めがそれはそれは美しいそうです。

フランクフルトから電車を使って1時間半、バスであれば1時間程度で行けます。

特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!

ユーロエステート

 

ハイデルベルクの地区

観光すべき場所は、ほとんどすべてが旧市街に集まっています。なので、その気になれば徒歩でも回り切れます。

ただ、歴史的地区である旧市街は、ハイデルベルク中央駅から少し離れたところにあり、20分ほど歩いていかなければなりません (もしくはトラムで15分くらい。) 旧市街が栄えていることもあり、駅の周りはなんだかちょっと寂しく見える気はするかもしれません。学生街であり観光地である、ということもあって、どの地区だろうと、夜も比較的安全に出歩けるという印象を受けます。私自身も、身の危険を感じたことは一度もありません。ただもちろん、どこにでも変な人はいるので、必要最低限の注意はした方がいいと思います。

とにかく学生が多いので、道を歩いているといろんな国籍の人間を見かけます。英語、韓国語、中国語、そしてもちろん日本語も…。いろんな言葉が聞こえてきます。
大学や語学学校の寮が、旧市街の外にも中にもあるはずなので、そこに住んでいる日本人を見かけることもあるかもしれません。

ドイツ・ベルリンのおすすめ賃貸物件

ドイツ・ベルリンの賃貸物件一覧はこちら

ユーロエステート

 

ハイデルベルクの治安

ドイツ全体が比較的治安がいい国なのですが、その中でもかなり安全な地域だなと思います。もちろん、裏道や暗い場所などの危険そうなエリアには近寄らないようにしていましたが。でもそうした場所自体が少なかった、というかほとんどなかったです。知り合いの人が「ハイデルベルクに慣れてから別の地域に行った人は、警戒心がゆるんでいてスリとかの被害にあうことが多い」と言っていたことからも、ハイデルベルクの治安の良さがわかると思います。どの地区だろうと、全体的にのんびりとした空気のある、のどかで平和な街なのです。

特に危ない地区というのもなかったと思います。旧市街以外にも行きましたが、私が行った限りでは、どの地区も治安の悪さを感じたことはないです。変な人に声をかけられたり、お金を求められたりということもありません。
ただ、しつこいようですが、不審者がどこにでもいるのは当然なので、最低限の自衛はしましょう!あとは、たまに広場で宗教関係の集会がおこなわれているので、そういうときは念のためあまり近づかないようにした方がいいかもしれません。

ヨーロッパ体験談   ヨーロッパでアパートを見つける方法

おすすめスポット

かわいらしいカフェがたくさんあるので、疲れたときはコーヒーを飲みに行くのがわたしのお気に入りの過ごし方でした。時間があれば、「哲学の道」という旧市街全体を見渡せるスポットに登ったり、ハイデルベルク城にケーブルカーではなく徒歩で行ってみたり、というのもいいですね。
もしタンデムパートナーなどを探してるのであれば、ハイデルベルク大学日本学科に遊びに行ってみるといいかもしれません。日本語を勉強したい学生もいるので、掲示板に連絡先と名前を書いて貼っておけば連絡が来る可能性あり
あとは、ハイデルベルク歌劇場では定期的にコンサート・オペラが観られるので、興味がある方は行ってみると素敵な余暇を過ごせるかも。日本のクラシックコンサートより気軽に行けます。(地域にもよるんですが、ハイデルベルクではオペラ鑑賞のときもジーンズの人が多かったです)

日本食材店・アジア食材店

REWEというスーパーの入った建物の中に、アジアンレストランとアジア食材店がありました。そのアジア食材店の中に、日本食材のコーナーがあります。あとは、普通のスーパーにも、数は少ないですがお米やカップヌードルくらいの日本食材は売っています。

渡航前に知っておいたほうが良いこと

街に関するというか、ドイツ全般に関することなんですが、飲み終わった飲み物のペットボトルやビンは、ほとんどがお店に返して入れもの代を返金してもらえます。有名なのでご存知の方も多いかもしれませんが。あと、ドイツでは日曜はほとんどの店がやっていない、とはよく聞きますが、観光地だからか、ハイデルベルクではカフェや飲食店は開いているところもけっこうあります。でもやはりスーパーやデパートは閉まっています。

ドイツのおすすめ賃貸物件

ドイツ各都市の賃貸物件一覧はこちら

ユーロエステート

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談 E-bookをどうぞ!

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

他でなかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。


↓↓こちらからダウンロードいただけます↓↓

ヨーロッパ体験談 Paris-district-guide

パリ20地区・治安ガイドはこちら!

パリ治安ガイド  地区ごとの治安についてまとめました。
・ ガイドは2ページでコンパクト。印刷でき便利です。
・ 一目で分かる!パリ20地区を5段階で評価。
・ 生活環境についてもまとめました。




CATEGORIES & TAGS

ドイツ都市の地区・治安, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ユーロエステートが選ばれる理由 ユーロエステートが選ばれる理由


ヨーロッパ体験談 ヨーロッパ体験談


アパートを見つける8つの方法(メルマガ)
ヨーロッパでアパートを見つける方法

物件アラート alert

ユーロエステート
ユーロエステート



FACEBOOK




TWITTER