ベルギー都市:アントワープはこんなところ(地区・治安)

ベルギー都市の地区・治安

ベルギー都市:アントワープはこんなところ(地区・治安)


アントワープの街とアクセス、季節

アントワープもしくはアントウェルペンと呼ばれる都市に滞在していました。ベルギーという国の場所の一つでして昔はダイヤモンドなどの貿易がさかんだったことから発展して裕福になっていったところのようで場所的にはベルギー国の北の方で緯度的にも北海道よりも更に北だと思いますので夏でも結構寒かったりもしますから上着がいつも必要です。電車で3時間くらいでパリにも行けます。

 

アントワープの地区

このアントワープには日本人はそんなにいませんから街で出会うことはありません。でも頑張って探せばすぐに出会えると思います。なぜならフランダースの犬の舞台だからです。アントワープの教会はトヨタ自動車から援護を受けたことがありますからそこで見かけたことがあります。あとはジャパンセンターというところもありまして、そこには着物とかカブトとか日本の古いものが置いてありますからその辺りの地区ですと日本人を見ることもあります。私たちが住んでいたのはアントワープ動物園の南くらいです。ちょっと休めですが悪くない地区といった感じでした。夜もちょっとした買い物くらいなら一人でも出ます。鉄道の方に行くと店なども増えてきますがそれ以外はアパートメントが多い地域のように思います。道なども結構きれいな方です。Antwerpen Van Den Nestleiのバス停をよく使って出かけたりもしましたが安全だと思っていますがしっかりと行動することが大切です。この地区の人々は服装もそれなりにきれいな方がほとんどでしたしスーパーではアジア人も見かけます。

アントワープの治安

治安ですが英語圏の国々の治安と比べると少し安全だと思います。とりあえず人が多く集まるところはそんなに気をはっていなくても大丈夫かと思っていますが、辺りが暗くなってから人が少ない地域ですと人の気配が感じられなくて特に今までは何もなかったですがあまりうろうろする必要がなければ明るいところに真っ先に行くべきです。でもアントワーペンセントラルのホテルの近くの地区あたりなんかは休めますし夜遅くても警戒して歩いたりしなくても大丈夫なんではないかと思っています。とにかく観光名所が多くあったりで楽しいエリアです。危ない地区で治安が不安定かもしれないと思ったところはLeguitという通りでただ雰囲気が薄暗い感じがしたんですが5段階評価でいきますと3か2くらいかもしれません。特に人と話などしないでさっさと通るのが無難かもしれませんが怯えて震えるまでにはいたらないかと。

おすすめスポット

余暇の過ごし方ですが、アントワープセントラルの駅は建物が豪華なんで何回も行きたくなります。ヨーロッパで一番きれいな駅とも言われているそうです。
長期滞在者の方々は地元の人に人気のあるパブやレストランを探されるといいと思います。Paters Vaetjeなども人気です。

 

日本食材店・アジア食材店

日本食材が手に入るお店なんですがアントワープの中心から少々遠いですが、JING’S WORLDというところがアントワープの東の方にあります。車でしたら30分ほどで着けるかと思います。日本食材も手に入りますが日本専門ではなくアジア食材といった感じです。

 

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談
E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

ベルギー・アントワープの賃貸アパート・ルームシェア物件はこちら

ブリュッセルのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アントワープのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ベルギーのアパート・ルームシェア・賃貸物件

ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

ベルギー都市の地区・治安, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事



FACEBOOK




TWITTER