マルタ(マルタ)語学学校, 留学

マルタの語学学校

マルタ(マルタ) 語学学校: イー・エフ/EF

2018年2月9日


語学留学された方の体験談をご紹介しています!

留学先の語学学校と時期

地中海のほぼ中央にあるマルタ島のEFという語学学校に2003年に6ヶ月コースで語学留学しました。インテンシブコースで入学時はインターミディエイトでしたが、終了時にはアドバンスドに昇格していました。週5日、一日4時間程でした。6ヶ月コースでは前期、後期とあり、午前授業か午後授業かで選択する事ができ、双方午前授業を選択していました。

そのマルタ語学学校を選んだ理由は?

大学在学中にお世話になった事務の方がマルタ同好会に所属しており、語学留学を考えている旨を話した所勧められたのでマルタ島に決め、一番規模の大きい語学学校ということでEFを選びました。マルタ英語は癖が強いということを聞いていましたので悩みましたがEFのエージェントが日本にあり、そこで説明を受けたところマルタ訛りが気になるようであればコース半ばでもイギリス校に変更可能だということを教えてもらい、東京で契約しました。

授業の様子、授業方法、クラスメートは?

小さな書き取り用ボードが着いた椅子に円陣を組むように座り、ホワイトボードに必要事項を注釈しながら、コミュニケーション重視の授業が多かったですが、文法、リスニングもしっかりやる無い様でした。ほとんどのクラスで日本人は私一人でしたが、他のクラスには短期で来る人がたまにいました。先生はマルタ人は少なく、むしろ第二外国語として英語教師資格を持った先生が多く、説明が分かりやすかったです。だいたい15、6人が人クラスでしたが夏期になると生徒が増えました。私のクラスには高校、大学を終えてとりあえず語学留学するという人が多かったですが、時々会社の研修で、と社会人も混じったりする事がありました。

語学レベルはどのように変わりましたか?

入学試験ではインターミディエイトから始めましたが、終了時にはアドバンスドになりました。授業が終わるのが昼食時でしたので、だいたいクラスメイトとお昼を食べに行きそのまま宿題を一緒にしていたので、授業外学習は3時間くらいでしたが、クラスメイトの国籍がバラバラだったのでそのまま英語で話し続けてたというのはラッキーだったと思います。課外活動が豊富な学校だったので、なるべく色んな活動に参加し、沢山の新しい学習できる機会を増やす様にしました。語学レベルがあがる為にというか、さまざまな言語にさらされたので英語ー難しいという意識より語学を受け入れる体勢が柔軟になったと思います。

学校はおすすめできますか?もしまた留学するとしたら次はどのような学校に行きたいですか。

施設が綺麗な事と先生がユーモア溢れる先生が多かったこと、学校の近辺に色んな施設や自然(海岸)が多かったのはとても恵まれていたと思います。出欠は完全に自己管理で休講してもとくに連絡もなにもないので自己管理に厳しくなれる様になりました。遅刻は授業を中断されるために欠席よりも嫌がられていたので、少しおくれても入りにくかったのが残念でした。マルタ島には沢山の語学学校があり、他校にも通ったことがありますが、EFは値段は張りますが、英語をまじめにやりたいのではおすすめできます。ビジネス英語のコースをとらなかったので、もし機会があれば短期集中でビジネス英語をやってみたいです。

 

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談
E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

賃貸アパート・シェア物件はこちら

ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

マルタの語学学校,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事



FACEBOOK




TWITTER