ユーロエステートのブログ

ヨーロッパで活躍する人・羽ばたく人を応援します!

ドイツ・ミュンヘン:ミュンヘン補習校の様子をご紹介!(小学校)

ドイツ生活の知恵 暮らし

ドイツ・ミュンヘン:ミュンヘン補習校の様子をご紹介!(小学校)


滞在先の国・都市、通われていた補習校について

ドイツのミュンヘンにある「ミュンヘン日本語補習授業校」という補習校に通いました。住所はKlenzestraße 18, 80469 Münchenにあるドイツの学校をお借りして毎週土曜日、朝9時から14時まで学習します。(幼稚部は30分ほど短い) 校舎は古いですが、とてもきれいで使いやすいです。ただトイレが便座がないタイプなので、使い方がわからないと困ってしまいます。 ミュンヘンの中心部に位置してにぎやかな場所にありますが、比較的治安が良いと思います。玄関当番がセキュリティチェックのために門に立ち、学生と保護者しか入れないように警備しているので、安心です。

補習校ではどのようなご家族のお子様が通われていますか?

学年の人数は入学年度により異なりますが、平均的なところで見ますと、幼稚園は1クラス20名程度、小学1~3年生まではその年にもよりますが、1クラスあたり15名が2~3クラスくらいあります。4年生以上になるとぐっと人数が減り、1クラスに減り、学年人数が少なすぎると5人くらいになる年度もあるようです。 ほとんどがハーフ家庭で、全体の8~9割程度、日本人家庭は1割いるかいないかくらいです。 ミュンヘンでも、必ずしもドイツと日本のハーフのご家庭ばかりでなく、フランスやイタリアのハーフのお子さんもごくまれに通われています。

補習校ではどのようなご家族のお子様が通われていますか?

学年の人数は入学年度により異なりますが、平均的なところで見ますと、幼稚園は1クラス20名程度、小学1~3年生まではその年にもよりますが、1クラスあたり15名が2~3クラスくらいあります。4年生以上になるとぐっと人数が減り、1クラスに減り、学年人数が少なすぎると5人くらいになる年度もあるようです。 ほとんどがハーフ家庭で、全体の8~9割程度、日本人家庭は1割いるかいないかくらいです。 ミュンヘンでも、必ずしもドイツと日本のハーフのご家庭ばかりでなく、フランスやイタリアのハーフのお子さんもごくまれに通われています。

補習校で教えている教科は?

小学校では国語、算数をメインで勉強しますが、高学年になってくると社会科の授業も入れながら日本語を学ぶことをすそうです。学年の教科書はその年にやり切るように授業計画が立てられているため、宿題の量がとても多いです。 週に1日5時間程度の学習なので、日本の学校と比べると、最低限の学習をしているように見えます。特に漢字と計算力に力をいれているようです。補習校では座学で文章を読み取ったり、文章問題に取り組んだりしていますが、家庭環境により日本語のレベルも様々なので、ついていける少数の子は先生の授業を受けられますが、取り残された子はついていけてません。 学習進度が早いので、家庭での復習が重要ですし、旅行なのでお休みするとついていくのが本当に大変になります。

日本の行事などは何かございましたか?

日本の行事をとても多く取り入れている学校だと思います。年始にはお餅つきがあります。時間の関係上ほとんど保護者が餅つきを行いますが、低学年は餅つきを体験できたり、お餅の調理をしている現場をクラスごと見学できます。クラスにつきたての餅が配られるので、その日はみんな楽しみにしているようです。 運動会もありますが、保護者は見学することはできません。卒業する学年の保護者だけは見学できるようです。体育館での簡単な運動会のようです。 文化祭は小学校の低、中学年の演劇発表会と、高学年からの学習発表会で二つに分かれています。授業の合間に先生方、保護者の方が一生懸命準備、練習をして演劇を発表する姿はとても微笑ましいです。この文化祭については保護者は見学することが可能です。

学校の雰囲気や何か特徴的があれば教えてください。

補習校はどこも保護者の協力のもと運営されているとは思いますが、ミュンヘンの補習校は保護者の方の参加がとても多い学校だと思います。 玄関当番、図書当番、教室当番等、たくさんの係りが振り分けられるので、子供だけでなく保護者も一緒に頑張らないと続けて通うことは難しいと思います。 係りが毎週のようにあって面倒に感じますが、保護者がたくさん関わることで図書館はとても多い蔵書数が管理されていますし、メンテナンスもしっかりされています。 また、授業開始から生徒が下校するまで玄関当番が玄関に待機することで、外部からの不審者の侵入を防ぎ、安全に学習できる環境が整っています。

補習校の皆さんはどの地区にお住まいの方が多いでしょうか? お勧めの地区や雰囲気を教えてください!

補習校はハーフのお子さんが非常に多いので、ミュンヘン近郊から通われている方も多いです。 日本人家庭のご家族の場合はBogenhausen地区に住む方が多いです。最寄り駅だとArabellapark周辺にたくさんの日本人が居住していますが、ほとんどの方はミュンヘンにある日本人学校に通われているので、ミュンヘン補習校に通う日本人家庭の方は、ミュンヘンに移住して帰国の予定がない方がほとんどです。 日本人の方と交流したいという方はArabellaPark周辺に住まわれると小学校や幼稚園のスクールバスも必ず来ますので非常に便利だと思います。 ミュンヘンはドイツの中では比較的治安はよいといわれてはいますが、それでも夏休みなど一時帰国中を狙って泥棒が入ったという話を聞いたりします。Truderingから郊外に向かうエリアは比較的犯罪が多めだと聞いたことがあります。 私は街を歩いているとそこに住む人たちの身なりや様子、落書きの多さ、ポイ捨てしてあるごみの数をみると安全だな、ちょっと怖いなと感じたりして、その地区の安全度を判断しています。

特集コンテンツ:ドイツ都市の選び方!

ユーロエステート

【ユーロキャリア】ヨーロッパの就職・転職案件をご紹介!

ユーロキャリアではヨーロッパでキャリアを積むための、就職・転職をサポートしております。 お客様へのサービスは基本的に無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。 是非新しい挑戦にチャレンジをしてみてください。



ユーロキャリア

ドイツの賃貸アパート・シェアををご紹介可能です!



プルダウンで入居月と家賃の上限をお選びください。
ドイツのアパート・ルームシェア・賃貸物件



ラインでおすすめ物件を1秒で自動チェック可能!



こちらからライン登録いただけます。
Friends Added

ラインの使い方はこちら! ラインは問い合わせではありません。 

今どんな物件がおすすめなのか、お手軽にお知りになりたい、という方におすすめです。


ユーロエステートが選ばれる理由!!

ユーロエステート

CATEGORIES & TAGS

ドイツ生活の知恵, 暮らし, ,

Author:

【ユーロキャリア】ヨーロッパの就職・転職案件をご紹介!

ユーロキャリア

【今登録しておくと後で7万円まで無料で海外送金が可能です!どうぞお使いください!】

トランスファーワイズ


ユーロエステートが選ばれる理由 ユーロエステートが選ばれる理由


【ユーロエステート】ヨーロッパ各都市のアパート・シェアをご紹介!
ユーロエステート

ヨーロッパ体験談 ヨーロッパ体験談


アパートを見つける8つの方法(メルマガ)
ヨーロッパでアパートを見つける方法

物件アラート alert



FACEBOOK