フランス・パリ:シテ・ユニヴェルシテ―ル学生寮 に滞在して分かった良いところ、悪いところ

フランス生活の知恵

フランス・パリ:シテ・ユニヴェルシテ―ル学生寮 に滞在して分かった良いところ、悪いところ

2018年10月28日


フランス・パリには、シテ・ユニヴェルシテ―ルという学生寮群があり、その中には日本館という寮もあります。多くの留学生が入居を希望するシテなのですが、実際に住んでみると様々なことが分かります。この記事では、実際に約1年間シテの学生寮に住んでみてわかった良い面と悪い面の両方を共有し、留学の際の住居選びの参考にしてもらえればと思います。

フランス・パリ:シテ・ユニヴェルシテ―ル(日本館)について

フランス・パリ14区の南端に位置するシテ・ユニヴェルシテ―ル(cité universitaire)は学生・研究者用の寮が集まる場所です。緑豊かで広い敷地内に、日本館をはじめ、アメリカ、ドイツ、スイス、など世界各国の名前を冠した建物があります。それぞれの建物は特徴的な外観をしており(日本館はお城のような屋根です)、敷地内を散策するだけでも目に楽しい場所です。各寮の居住者がかならずしもその国の出身者というわけではないのですが、特に日本館は日本人の学生・研究者が多く滞在しており、日本に興味のある外国人留学生も滞在しています。またシテ・ユニヴェルシテ―ル敷地内にある食堂やカフェテリアは一般の人でも利用が可能です。最寄り駅はインターナショナル館のRERのB線とトラムのシテ・ユニヴェルシテ―ル駅です。

住環境について

学生寮としてパリの中では非常に広い敷地が確保されており、多くのフランスの地方やフランス国外から留学生が入居を希望するシテなのですが、実際にその中の一つの学生寮に住んでみると様々なことが分かりました。便利な点も多いのも確かなのですが、それだけではなく日常生活で多少の我慢も必要な部分もありました。

住環境で良かったこと

部屋はどちらかというとこじんまりとしている印象ですが、清潔でした。定期的に清掃の方が掃除をしてくれます。 また各寮に受付があり、私が滞在していた寮では家賃の支払いなども受付でできました。受付に人がいない夜中には警備員が常駐しており、建物内の巡回も行っていますので、安心です。 シテ・ユニヴェルシテの敷地内には寮以外にも各種施設があります。インターナショナル館という中央の建物には、図書館、ジム、食堂、カフェがあります。学校の授業がない日でも、住居の近くで勉強やスポーツができるので有意義に過ごせるでしょう。また他にも、郵便局や、移民局の出張所などもあります。フランスに到着後の手続きにも便利です。 さらに各館ごとに委員会があり、一緒にブランチを食べる会など様々なイベントを開催してくれるので、寮の中で友達になりやすいです。また各館がパーティを主宰することもあり、居住館以外の寮のパーティにも行くことができます。

住環境で注意すること

しかし、この寮主催のパーティは楽しい一方で住人にとっては悩みの種にもなりかねません。自分の部屋がパーティスペースの近くだったら、週末の夜は騒音に悩まされることになるでしょう。私は以前、パーティスペースの近くの部屋に少しだけ滞在したことがあるのですあ、夜中まで大音量の音楽と話声でとても眠れる状態ではありませんでした。また騒がしさの問題は他にもあります。シテの敷地内は先に述べたように公園のように芝生が整った気持ちの良い場所です。おのずと週末は親子連れが多く騒がしくなります。

そして、留学中に友人や家族をフランス、パリに呼びたい、といった場合には、事前に準備が必要です。私が滞在した寮では、来客時に滞在者と同じ部屋に一時的に宿泊することが可能ですが、1学生あたり1人しか宿泊できませんでした。そうすると、例えば家族単位でパリに遊びに来る場合はシテの部屋に滞在できないことになります。加えて友人や家族の滞在は、1日あたりいくらか費用が必要だったはずです。事前に宿泊できる人数を調べておき、また宿泊者の申請と料金の前払いが必要になります。

また上述したように、掃除のおばさんが定期的に掃除をしに来てくれるのですが、私が滞在していた所は掃除は1週間に1回、またシーツ交換も定期的に行われますが、自分で好きな時に変更することはできません。 ちなみに各部屋には冷房設備がなく、窓に網戸もありません。夏場はまず扇風機が不可欠ですし、蚊の侵入をあきらめて窓をあけることになります(フランスにも蚊はいます)。また暖房はあるのですが、非常に弱いので、私は部屋の中は寒く、コートを着込んでいました。

立地・お部屋の設備・価格について

留学としてフランス・パリに滞在するのなら住居と大学との距離は大切ですし、寮や部屋の設備と家賃も気になる点ですよね。シテはどうなのかというと、パリ14区の南端にあります。マンションではなくあくまでも寮なので、慣れる&我慢することが多いというのも正直なところです。

便利とは言えない場所にある

シテ・ユニヴェルシテ―ルの立地はその名称にもかかわらず、主な大学からは離れています。毎日通う大学に遠いのは不便なところでです。 また、良い雰囲気のレストランやバー、週末にショッピングを楽しめる場所や映画館など、遊興施設が周りにとても少ないです。週末など、勉強から離れて遊びたいと思ったときには、パリの中心部に出る必要があります。しかし夜遅くに帰宅するのもためらわれるので、電車の時間を気にする必要があります。 このようにシテ・ユニヴェルシテ―ルに居住する際は何かと中心部に移動することになるのですが、最寄りの駅(シテ・ユニヴェルシテ―ル駅)から中央に行く路線はRERのB線のみです。つまり、この路線が故障や事故で止まってしまったら、迂回路を探す必要があります。何かと週末のアクティビティには不便な印象です。 また上述したように、シテの敷地内には郵便局があります。しかし閉まっている事が多いので、結局はPorte d’Oreansの郵便局まで足を運んで用事を済ませたほうが早いということがありました。

設備は共同のものになる

私が滞在した部屋には、シャワー&トイレ、ベッド、机、洋服棚、冷蔵庫(冷凍庫なし)が備え付けてありました。 しかし、キッチンと洗濯は共同のもので、各寮に共同キッチンとコインランドリーがあります。また部屋の冷蔵庫に冷凍庫がついていないにも関わらず、共同キッチンにも冷凍庫がないのは困りました。 パリのマルシェで食材を買って本格的なお料理をしたりして楽しみたい方には向かないかと思います。 また、コインランドリーには洗濯機と乾燥機がありますが、入居者が多いわりに数が少ないです。また近くに両替機がなかったので、買い物のたびに小銭を確保し、週末の選択に備えていました。

価格はお手頃だが、極端に安いという訳ではない

私が滞在した部屋は、清掃代、インターネット、水道と光熱費込みで約900€弱でした。パリの家賃を考えると手ごろな価格ではありますが、少し古い印象もありますし、立地も考慮すると格安というわけでもありません。またインターネットはセキュリティのために有線しか認められていなかったので、その点も不便でした。勝手にルーターを設定すると怒られてしまいます。 またキッチンが部屋についているタイプはもう少し価格が上がるようで、部屋の価格は各寮や部屋タイプごとに変わるようです。 パリでは600-650ユーロ前後からアパートもありますので、この価格でしたら、プライバシーや生活の気軽さも考えると、人によっては普通にアパートに滞在すれば良いのではという印象です。(パリの低価格のアパートも決まるのが早いですが)

申込が複雑で大変

交換留学の場合はパリの留学先がシテに学生寮の部屋をいくつか確保している可能性があり、その場合はまずは留学先の担当者経由で申し込みを行います。この場合はシテが管理している学生寮で、どの学生寮になるのかは事前にわかりません。またこの場合、日本館のように独自に運営している寮は留学先が関与していないので入居できません。 もし日本館に滞在を希望する場合は、希望者自身で申込方法の手続きが必要で、自己アピール文などの書類を提出する必要があります(郵送する必要があります)。日本館は倍率も高く、審査も厳しいので、落選する可能性も十分にあります。 またシテ全体にも部屋には数の限りがありますので、必ず審査を通過する保証はありません。 書類の提出や、色々な労力の割にそもそも、そこまで魅力があるのかは個人によるという印象です。 なお、応募要件に、高等教育で最低3年は勉強していることがあります。例えば学部生1年目では入居資格が満たされていないので入居できないようです。 加えてフランスとは時差があり、返信や手続きの進行に時間がかかるのが一般的です。シテはどの寮に入居するとしても事前準備が必要なので、簡単に住まいを決めたい人にはハードルが高いかもしれません。

 

まとめ

パリ留学の時に気になるものの一つが現地での住居でしょう。シテは良い滞在先だとは思うので選択肢の一つですが、実際に住んでみると注意が必要な点もありました。この記事で、これから留学に行く皆様のパリでの住まいを見つける比較材料になれば幸いです。

フランスの賃貸アパート・シェア物件はこちら

フランスのアパート・ルームシェア・賃貸物件
パリのアパート・ルームシェア・賃貸物件
リヨンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ボルドーのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ニースのアパート・ルームシェア・賃貸物件
カンヌのアパート・ルームシェア・賃貸物件
エクサンプロヴァンスのアパート・ルームシェア・賃貸物件
マルセイユのアパート・ルームシェア・賃貸物件
モンペリエのアパート・ルームシェア・賃貸物件
トゥールーズのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アンジェのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ナントのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ディジョンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ストラスブールのアパート・ルームシェア・賃貸物件
グルノーブルのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アヴィニョンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
アンティーブのアパート・ルームシェア・賃貸物件
トゥールのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ブザンソンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
オルレアンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
リールのアパート・ルームシェア・賃貸物件
レンヌのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ミュールーズのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談 E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談  

 

CATEGORIES & TAGS

フランス生活の知恵, ,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事



FACEBOOK




TWITTER